小雪と薪と東山 [ホテル]

小雪の舞う朝、京都東山にある三十三間堂の隣、
ハイアットリージェンシー京都で朝食。

ロビーの奥に、薪のオーブンを中心に配置したオープンキッチンスタイルで、
日本庭園を見下ろす、ザ・グリル。

ピンクグレープフルーツのジュースは、苦味がなく飲みやすいジュース。

外には小雪が舞っているが、焼けた薪のほのかな香りと、
暖かさが広がって、ゆったりと朝食がいただける。

サクサクの軽いクロワッサンとトースト。
朝はトーストの歯ざわりとバターが合う。

サーモンとルッコラで前菜のサラダ。
ハムを2種類と新鮮なトマトは前菜の2皿目。

窓際のブッフェ台にきれいに盛り付けられて、
他のハイアットのスタイルと同じ。
盛り付けが美しいと、取りやすいし、選びやすい。
選ぶのが楽しくなる。

フルーツ,ジュース,シリアル,ヨーグルトのテーブルと、
サラダ,コールドミート,ペストリーのテーブル。
温かい料理は、オープンキッチンの前に置かれている。

スクランブルエッグと、カリカリのベーコン。
キノコのソテーとグリルトマトは、ハイアットの定番。

外資系のホテルと、日本のホテルの違いが最も分かりやすいのが、
ハムとソーセージ。
このソーセージも、ジューシーでおいしい。

オープンキッチンの中央には、大きなハムのブロック。
オーダーすると切り分けてもらえる。

切ったジューシーなハムを、薪のオーブンの軽く炙って、メイン料理に
温まると同時に薪の香りが移って、おいしい。

焼き目が、見た目にもおいしそう。

デザートはワッフルとパンケーキに、
フルーツとミューズリー,そしてマンゴーのヨーグルトと
ストロベリーのヨーグルト。
ヨーグルトは他にも3種類。

チョコレートのマフィンは、チョコレートが、やわらかめで
しっとりとして甘すぎず、コーヒーとの相性もいい。
コーヒーもおいしかった。

ベリーのペストリーは、酸味があって甘さ控えめ。
甘い物がダメな人でも大丈夫では。
このパイ生地とベリーは、ホテルならではの味。

ここは元パークホテル。
改装して、すっかりハイアットになって生まれ変わった。

京都らしい、いい場所にハイアットがあると、うれしくなる。
冬の京都で薪の香りは、温かい気分にさせてくれる。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。