煌びやかな朝食 [ホテル]

生駒の山の稜線をオレンジ色に染める朝日。
インターコンチネンタルホテル大阪で迎える朝。 

R0011717.JPG

朝食は、20階のノカへ。
クリスマスを目前にして、煌びやかなクリスマスツリーと、
プレゼントのカラフルなボックスがエントランスに置かれている。
大きな窓からは、まだ薄暗い大阪の街。 

R0011720.JPG

R0011721.JPG

R0011718.JPG

南東側が見渡せるテーブルで、
まず、温かいコーヒーを。
小花のデザインは、どこか和の雰囲気を感じさせる。 

R0011745.JPG

壁側にはオープンキッチン。
中央には、大理石の大小のブッフェボード。
黄色や赤色の明るくカラフルな照明とデザインは、
カジュアルでもあり、個性的。
フロアを行き交うスタッフのコスチュームは、
ダンガリーシャツにチノパンのカジュアルで好感が持てるスタイル。 
ブレックファストからディナーまで、ブッフェレストランとして、
気取らないスタイルを演出している。

R0011770.JPG

R0011774.JPG

R0011736.JPG

R0011730.JPG

あらかじめ、かわいいサイズのグラスに分けられた、
フレッシュジュースやスムージー。
ベリーのスムージーを持ってテーブルに戻ると、
朝日が更に輝きを増している。 

R0011729.JPG

R0011747.JPG

R0011757.JPG

閃光のように差し込む朝日。
テーブルに置かれた木製のプレートを持ってエッグステーションへ。
木製のプレートにはテーブルナンバーを刻印している。
出来上がった卵料理をスムーズにテーブルへ届ける工夫。 

R0011756.JPG

R0011742.JPG

丹波産,淡路島産,信州蓼科産など、
厳選した卵を調理してくれるエッグステーション。
注文した豊かな黄色のプレーンオムレツは、ふわふわ。 

R0011743.JPG

クロワッサン,デニッシュ,キッシュなどはオープンキッチンに、
トーストやロールパンはコンフィチュールと、大理石のブッフェボードに。 

R0011723.JPG

R0011782.JPG

ふんわりしたクロワッサンと、
卵とベーコンの塩味のバランスがいいキッシュを。 

R0011749.JPG

R0011775.JPG

種類が豊富なハムたち。
面白いのはオーダーを受けてスタッフがスライスしてくれる、
スライスハムステーションがあること。
ピカピカの丸い刃を装着した電動スライサーが、
ブロックのハムを静かに、きれいにカットする。 

R0011734.JPG

R0011735.JPG

R0011732.JPG

R0011737.JPG

しっとりしたスモークサーモンと、
香草のディルを塗したサーモンにスライスオニオンとケッパー。
スライスしたハムにはピクルスを添えて。 

R0011744.JPG

温かい料理はオープンキッチンに綺麗に並ぶ。
それぞれ保温されて、最適な状態を保っている。
ちょうどいい焼き加減のベーコンと、
チキンのソーセージ。
枝豆をあしらっているのは茶碗蒸し風。 

R0011758.JPG

R0011759.JPG

R0011760.JPG

R0011761.JPG

R0011771.JPG

レーズンを散らしたパンプディング。
フレッシュなカットフルーツ。
シリアルやミューズリーは、
小瓶に分けられてゲストの手に取られるのを待っている。 

R0011722.JPG

R0011733.JPG

R0011777.JPG

R0011778.JPG

和食も充実した品揃え。
御飯,味噌汁,焼魚,惣菜,お漬物が
美しくディスプレイされている。 

R0011724.JPG

R0011764.JPG 

R0011726.JPG

美しく並んだトーストやロールパンやコンフィチュールの中に、
スチール製の長い管がある。
アクリル板のケースに収まるのは、
巣箱から取り出した、木枠のままのフレッシュなハチミツ。
一滴一滴、スチール製の管を流れてボウルに溜まる仕掛け。
木枠のままのハチミツは、パークハイアット東京のジランドールの朝食以外で、
はじめて出会う。

R0011739.JPG

R0011738.JPG

フレッシュなカットフルーツに、
フレッシュなハチミツをソースにして、いただく。
パンプディングには、ホイップしたクリームを、
そして、メイプルシロップ。

R0011762.JPG

R0011772.JPG

R0011768.JPG

豊富なデニッシュから、渋皮の大きなマロンをのせたものを。
カスタードの適度な甘みと粒の大きいマロンの相性がいい。 

R0011773.JPG

R0011776.JPG

夜明けの大阪の街を眺めながら、
温かいコーヒーをお替りする。
フロントレセプション側のラウンジ 3-60(スリー シックスティ)も
明るくなりはじめる。
角のソファーからは、こちらも大阪の街が一望できる。 

R0011784.JPG

R0011785.JPG

R0011786.JPG

R0011790.JPG

ゲストルームで、しばらく寛いで、
身支度を整えたら、バラのクリスマスツリーに、お別れを。 

R0011791.JPG


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。