時計じかけのディナー [ホテル]

JR京都駅にあるホテルグランヴィア京都

京都の玄関口の真上という絶好のロケーション。

時計のオブジェが迎えてくれる、カフェレストラン ル・タンで夕食。

カニと里芋のラヴィオリに春菊のソースは、前菜。
ラヴィオリの中に里芋、カニと春菊がソースになって、
柚子が香る、和洋折衷の一品。
ヘルシーにまとめた食材に、
ホテルらしいコンソメの味がベースになって、
上品な淡い前菜。

白インゲン豆のスープは、ザラザラせずに、スルッと、
胃の中に落ちていく。

メインは、豚の肩ロースに金柑のソース。
豚は果物と相性のいい肉。
ピンク色の焼き具合が、肉の旨みとやわらかさを表している。

デザートは、サツマイモと柑橘系、クコの実がのった
ケフィアヨーグルト。
甘く煮たサツマイモに柑橘系の爽やかさ。
緩く固まったヨーグルトが、口をサッパリさせてくれる。

日本中の駅の中で、最も斬新なデザインかもしれない京都駅。

向かい側には、昔からの京都タワー

新旧が混在する街を象徴する夜の京都駅。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理