次はIKEA前 [Etc]

関西にやってきたIKEA
関東でくらしている時は、お世話になりました。
神戸のポートアイランドにある
IKEAポートアイランドは、
4月14日にオープンしたばかり。
インターネットを見ると、駐車場が3時間待ちと
書いているブログが・・・

夜なら空いてるだろうと、決心して行ってみる。 
車はやめて、三宮からポートライナーで。
南公園駅の駅名に、”IKEA前”が付いている。
その名前の通り、駅に隣接するように建っている。
時間は、夜8時。

DSC03512.JPG

さすがに、帰る客が多い。
港北や船橋と同様に、1階のエントランスから
2階のショールームへ上がるところからスタート。
やはり店内には、たくさんのお客。

DSC03525.JPG

まずは、ホットドッグにピクルス,フライドオニオン,
ケチャップ,マスタードをたっぷり。

DSC03514.JPG

何も買わないお客も多く、とりあえず見物といったところ。

DSC03517.JPG

DSC03516.JPG

高い天井に、たくさんの品物。
でも、ところどころ、空いている棚もある。
スタッフに欲しい商品のことを尋ねたところ、
予想以上の来場者とのこと。
今日は、3万5,000人から4万人だそうで。
日中は、駐車場2時間待ち、入場も2時間待ちだったらしい。

DSC03518.JPG

必要なものを購入して、レストランで休憩。

DSC03519.JPG

まだ食べたことのなかった、カレーにする。
カレーといっても、サーモンやミートボールの付け合わせ用の
大きなジャガイモが1個、ゴロンと入って、
ルーには、ズッキーニのシャキシャキ。
辛くないので、子供でも大丈夫な欧風カレー。

DSC03520.JPG

さすがに、9時を過ぎると入口も空いている。
買う物が決まっていたら、開店直後か夜8時以降がお奨め。

DSC03526.JPG

さっきまでの混雑がウソのような。

DSC03522.JPG

荷物の手配をしている間に、ソフトクリーム。
小さな、かわいいサイズのシフトクリーム。

DSC03528.JPG

レジ横の、食料品コーナーにも、
空いている棚が目立つ。
朝早く来た方がいいかもしれない。

DSC03529.JPG

IKEAに行くと、必ず買う物のひとつ、ディルチップス。
食料品コーナーには、なかったが、
2階のカフェとレストランには置いていたので買って帰る。

DSC03531.JPG

港北や船橋でみたことのないバッグ。
よく見るとポートアイランドのオリジナル。
イエローとブルーのスウェーデン・カラーのバッグもいい。
シックな白と黒もいいデザイン。

DSC03530.JPG


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

GWは精進料理ではじめよう [ホテル]

DSC03505.JPG

普段の朝食はパン食なので洋食中心に
ホテルの朝食を紹介しています。
今回はホテルの和朝食を御紹介します。

DSC03321.JPG

JR京都駅にあるホテルグランヴィア京都
改札を見下ろす渡り廊下は、ガラス張り。
連休で多くなる観光客を真上から。

DSC03504.JPG

そんな、橋のような通路を抜けると、日本料理 浮橋。

DSC03502.JPG

朝食は2種類。
通常の和定食と、精進料理の一重(ひとえ)膳。
一重膳は30食限定、迷わず注文。
御飯か粥を選べるので、体にやさしい粥にする。

DSC03495.JPG

最初に、お茶と、トマトとグレープフルーツのミックスジュース。
甘すぎないので、後から来る精進料理を邪魔しない味付け。

DSC03494.JPG

炊き合わせ,揚げだし豆腐,胡麻豆腐,湯葉など、
お膳にいっぱいの品数豊富。

DSC03499.JPG

お漬物,納豆,海苔,ちりめん山椒もある。
テーブルには、梅干も置かれている。

DSC03498.JPG

お粥と餡。
朝は粥のサラサラ,スルスルの食感と温かさがいい。

DSC03497.JPG

1杯目は、餡を掛けて。
2杯目は、ちりめん山椒でピリッと。
どちらもおいしい、やさしい朝の味。

DSC03500.JPG

どの料理も、薄味になりすぎないので、
食べた後の満足感あり。
ダシが素材に適度に染み込んでいながら、
素材の味も楽しめる。

DSC03326.JPG

おいしい京料理の朝もいい。
朝の精進料理は、健康になったような気分。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

四川の夜風 [ホテル]

フレンチ,イタリアンがメインダイニングになっているホテルはたくさんある。
都ホテルのメインダイニングは、中華料理かもしれない。

DSC03467.JPG

子供の頃から、都ホテルと言えば、中華料理の四川。
四川料理と言えば都ホテルだった。
ひさしぶりに、
新・都ホテル四川で夕食。

DSC03469.JPG

昨年、リニューアルして、シックでモダンな内装に変わった。
赤と黒をアクセントに、照明を抑えて、落ち着いた空間。
壁際にボックス席を配置して、寛げる座席になっている。

DSC03470.JPG

四川料理の代表、麻婆豆腐を注文。
多くの四川料理店と同様、普通の辛さの麻婆豆腐と、
より辛い麻婆豆腐。
迷わず、辛い方にする。

DSC03476.JPG

土鍋で煮込んで、熱々で見た目に辛そう。
さっそく、御飯にのせて・・・

DSC03478.JPG

辛味が上品で高級、甘みやコクが絶妙のバランス。
絹ごし豆腐に限りなく近い木綿豆腐のやさしさを引き立てる。
豆腐のおいしさと、トロトロ加減が上品な京風の麻婆豆腐。

DSC03475.JPG

これでもか、というぐらい辛い麻婆豆腐ではなく、
あっさりと、爽やかで、食べ終わったら、いい具合の汗。

DSC03480.JPG

食後はジャスミンティーを飲んで。

DSC03481.JPG 

外に出ると、照明に照らされた竹が夜風になびく。
昼間の暑さから、ちょっと寒い夜の京都。

DSC03484.JPG

夜空には月、ではなく、ホテルのロゴが輝いている。

DSC03486.JPG


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ジェリーはストローの中 [グルメ]

スターバックスで、春の新製品。
コーヒージェリーフラペチーノ。

DSC03443.JPG

濃い目のコーヒーをジェリーにして、一番下の層。
2番目は、シャリシャリのフラペチーノ。
一番上にホイップクリーム。

ストローの中に上がってくるのは、ジェリーとフラペチーノの
混ざったシャリシャリ、ツルツルの新食感。
コーヒーの苦味が、少々大人味に感じられて、いいデザート、初夏のデザート。

DSC03487.JPG

コーヒーフラペチーノに、エクストラショットの苦味が好きなので、
このジェリーも癖になりそう。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

碁盤の目のビストロ [グルメ]

東京よりもレストランとパン屋が多い街は、
京都かもしれない。
繁華街から少し離れた閑静な住宅街に、
ビストロやブーランジェリーがあって、
古い物だけではない、新しい物に敏感な街。

DSC03460.JPG

烏丸御池近くのビストロ ルラションでランチ。
京都の家独特の、間口が狭く奥行のある店内。
カウンターの奥に、テーブル席が少しある。

DSC03458.JPG

予約のプレートの置かれた席が多く、
人気の程が分かる。
地元客が数組、年齢も様々。

DSC03464.JPG

魚のランチをオーダーすると、
温められたパンが運ばれてくる。
シェフとホール担当の2人のスタッフが
テキパキと慣れた様子で、サービスしている。
スマートなサービスが心地いい。

DSC03461.JPG

サーモンのソテーに、野菜を添えて、
カリフラワーのソース。

DSC03462.JPG

サーモンの皮は、パリッと、
中は半生のレア状態。
いい具合に火が入って、サーモンがおいしい。
付け合わせのポテトもおいしい。
上品なソースが、京料理のようにあっさり。

DSC03463.JPG

コーヒーがついて、なかなかリーズナブル。
次は前菜の付いたコースか、肉料理にしよう。
真面目な仕事ぶりの分かるランチ。

DSC03465.JPG

ちょっと分かりにくい、堺町筋通りを三条通りから北へ。
黒板が目印です。

DSC03466.JPG


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

茶屋町モーニング [ホテル]

DSC03439.JPG

大阪梅田の茶屋町にある、ホテル阪急インターナショナル

DSC03433.JPG

エレベーターで上がると、高い天井と泉が出迎えてくれる。
駅の雑踏からは考えられないヨーロッパの雰囲気。

DSC03436.JPG

25階のマルメゾンから眺める大阪の街。
大阪平野の遠くまで見渡せる、いい眺め。

DSC03428.JPG

DSC03431.JPG

天井の高いレストラン。
メインダイニングの風格漂う雰囲気で、
インターナショナル・ブレックファストをいただく。
最初は、搾りたてのバレンシアオレンジとネーブルで作ったオレンジジュース。

DSC03422.JPG

オレンジのいい香りが爽やかで、お替りして2杯いただいた。

DSC03425.JPG

サクサクのクロワッサンと、リンゴのデニッシュ。
特にリンゴの火の入れ方が絶妙。
洋酒の香りは控えめに、リンゴの新鮮さを残して、
あっさり仕上がっている。
リンゴの下に、マカダミアナッツが隠れている。
食感のアクセントになって、なかなか芸が細かいと感心。

DSC03426.JPG

シナモンのデニッシュも香りがいい。

DSC03429.JPG

卵料理は、オムレツを選ぶ。
トロトロのオムレツにベーコン。

DSC03423.JPG

トレビスのシンプルなサラダ。

DSC03427.JPG

ゲストは、日本人より外国人が多く、
スタッフにも外国人女性が。
インターナショナルなダイニングです。

DSC03430.JPG

DSC03432.JPG

全体に白が基調のインテリアは、明るくて、
広く感じられて、爽やか。
平日に、ゆっくりの朝ごはん。
仕事に行きたくなくなる程、ゆったりさせていただきました。

DSC03438.JPG


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

食後にガスパール [グルメ]

最近、ネットや雑誌で気になっていた、あるプリン。
京都のビストロで出されるという一品。

DSC03393.JPG

京都の中心部、四条烏丸近くにあるガスパールのプリン。
このプリンは、非常に人気があるらしい。

その理由は、ひと口食べて、すぐ分かった。

プリンなのにグレープフルーツ。
クリーミーな生地に、グレープフルーツの酸味,苦味,甘味が
見事に合わさっている。
カラメルで苦味を加える普通のプリンと違って、
このプリンには、カラメルはない。
グレープフルーツの苦味がカラメルの替わり。

DSC03394.JPG

乳製品と酸味の柑橘系フルーツ、
変に合わせると、味が分離しそうなところだが、
ミルクとグレープフルーツの、いいとこ取り。

スバコ・ジェイアール京都伊勢丹に置いてあるので、
京都みやげにいかが。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

胡麻豆腐の魅力 [グルメ]

京料理の和久傳が開いた、丼と鍋のお店。
スバコ・ジェイアール京都伊勢丹の、はしたて。

テーブル席で明るい店内は、カジュアルな和食のレストラン。
春休み、いつもより多い観光客で賑わう京都駅。
静かに夕食をいただく。

胡麻豆腐と穴子の丼。

DSC03389.JPG

さいの目にカットした胡麻豆腐と
ほど良く焼き目を付けた穴子を
甘辛い餡で、ひとつにまとめて、アクセントの山葵をのせて。

胡麻豆腐は、そのまま食べるのしか知らなかったが、
こんな食べ方があったとは。
ちゃんと丼の具になって、食感もおもしろい。
穴子の焦げも味に変化を付ける、計算された丼。

DSC03390.JPG

穴子のかわりに鱧の落としにしても良さそう。
創作丼として、なかなかの出来。
和食の奥深さを感じた一杯でした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理