もみじの翠 [グルメ]

四条通りの喧騒から、
ほんの数十メートルしか離れないところに
予約の取りずらい日本料理の店。
堺町通りの
じき宮ざわでお昼の料理。

DSC05678.JPG

カウンター10席のみの小さな店内。
きれいな木のカウンター。
てきぱきと食事の準備が進む。

DSC05680.JPG

店主もスタッフも若く、
窓から見える外のもみじの翠のように眩しい。

DSC05693.JPG

DSC05679.JPG

最初のお酒は、京都伏見の「抱腹絶倒」。
スッキリした日本酒でスタート。

DSC05681.JPG

アスパラガスと薩摩芋のレモン煮は、
非常に上品な味。
サザエに黄味酢。
ガラスの器と盛り付けは初夏の趣。

DSC05682.JPG

続くお椀は、
鱸に加賀野菜の金時草(きんじそう)に、
瓜のような太胡瓜。

DSC05685.JPG

金時草の歯ざわりと、ほのかな苦味。
太胡瓜は鱸のやわらかさに合わせて、
細かい隠し包丁が。
薄味ながら、しっかりした出汁とのマッチングもいい。

DSC05686.JPG

鯛に、鬼おろしで粗めにした大根と鯛の皮。
葛でとろみをつけたポン酢を絡めていただく。

DSC05687.JPG

大根の食感がアクセントになって、ポン酢の酸味も丁度いい。

DSC05688.JPG

そして、この店の名物、焼胡麻豆腐。
熱々の胡麻豆腐にとろりとした餡と、
たっぷりの胡麻。

DSC05689.JPG

うす甘くて、甘すぎない絶妙の味と、とろみと胡麻の香り。
すべてがひとつになって、深い味に。

DSC05690.JPG

お食事にも凝った演出。
時間に合わせて土鍋で炊いた御飯の表面から、
まずは、ほんの一口。

DSC05695.JPG

炊いたばかりの御飯はアルデンテ。
お替りをお願いすると、米粒に徐々に熱が入って、
アルデンテから、やわらく変化する。
変化の過程を楽しむ御飯のお供は、

DSC05691.JPG

オクラや胡瓜の浅漬けや、辛さと甘さが上品なお漬物。
水茄子やセリの赤出汁。

DSC05692.JPG

御飯とお漬物はお替りができる。

DSC05697.JPG

DSC05696.JPG

最後は可愛い丸い、ひと口サイズの最中。

DSC05698.JPG

DSC05699.JPG

きれいにまとまった料理は、季節毎に食べてみたくなる。
これからが期待できるお店。


赤い辛い渋谷 [ホテル]

渋谷のセルリアンタワー東急ホテルでディナー。
szechwan restaurant 陳は陳健一さんが
オーナーの四川料理のお店。

DSC05625.JPG

壁や皿、ところどころ目に付くデザインには、
中華を表す赤色。

DSC05636.JPG

四川料理の代表メニュー、麻婆豆腐を注文する。
赤坂四川飯店では、皿で提供されるこのメニュー。
ここでは、土鍋に入っている。

DSC05628.JPG

土鍋の蓋を開けると、熱々の状態。
美味しそうな豆腐,ラー油の赤色が食欲をそそる。

DSC05633.JPG

一度、器に取って、温度を下げてから御飯の上へ。

DSC05630.JPG

赤色の中国山椒と緑色の中国山椒が入った専用のミル。
赤色は辛さ、緑色は香り。
2種類の山椒を、たっぷりふりかけて、
口に運ぶと、辛さと旨みと豆腐のやさしい食感が
合わさって美味しい。

DSC05635.JPG

御飯をお替りして、麻婆豆腐1品でも十分楽しめた。

DSC05634.JPG

味だけでなく、自然体で、よく気が利くスタッフにも
好感が持てる、いいお店。


初夏の夜は繊細に [グルメ]

京都市役所北側にあるフレンチ、Le compt(ル・コント)。
京都の有名レストランで修行された御主人が3年前に開店。

DSC05519.JPG

シンプルで清潔な店内を見ただけで料理も想像できる。
カウンターの向こうに、きれいいな厨房。
カウンターとテーブル1つの小さなお店。

DSC05521.JPG

フォアグラのプリンがアミューズ。
上品なフォアグラの風味が広がって美味しい。

DSC05520.JPG

コンソメのジュレの中は、マリネしたサーモン。
ジュレのひんやりした食感とサーモンのやわらかさが絶妙。
グラスの盛り付けも涼やかでいい。

DSC05522.JPG

DSC05523.JPG

ラタトゥイユやフォアグラやスープも、味付けが上品。
フレンチの重さはなく、繊細な料理が続く。

DSC05524.JPG

DSC05525.JPG

DSC05526.JPG

目の前で、メインの皿が着々と準備。

DSC05527.JPG

お店に入った時に下ごしらえ中だった鴨をメインに。
この火の通し具合は、鴨のやわらかさを十分に楽しめた。
ソースも重くなくて、丁度いい。

DSC05532.JPG

DSC05531.JPG

メイン料理は、1品をチョイスするスタイル。
鴨以外にも、魚のローストや牛頬肉の煮込みなど、
魅力的なラインナップから選べる。
ワインの進む顔ぶれ。
盛り付けも味も洗練されている。

DSC05528.JPG

DSC05529.JPG

DSC05530.JPG

デザートはアイスクリームとケーキに、
プチフールと飲み物に続く。

DSC05536.JPG

DSC05537.JPG

シェフのセンスが光る品々。
きれいに磨き上げられた厨房から生まれるに相応しい料理。
また1軒、京都のいい店を見つけた夜でした。


アメリカンなロゼ色 [グルメ]

大阪梅田のハービスにある、
ロウリーズ・ザ・プライムリブ大阪。 

DSC05282.JPG

入口からアメリカの雰囲気いっぱい。
高い天井に壁際はボックス席。
背もたれの高い椅子もアメリカンアールデコを演出するアイテム。

DSC05273.JPG

最初は、スピニング・ボウル・サラダ。
目の前で野菜と特製ドレッシングを混ぜてサーブする。
いかにもアメリカなサウザンアイランド風の味付け。

DSC05269.JPG

DSC05270.JPG

シーズニング・ペッパーをかけると、ピリッとした
アクセントになる。

DSC05271.JPG

かわいらいいパンも付く。

DSC05272.JPG

そして、ピカピカのアルミ製ワゴンでやってきたローストビーフ。
焼き加減は、レアを指定すると、ブロックからレア状態の部分をカット。

DSC05274.JPG

付け合せとともに登場したローストビーフ。
堂々の存在感。

DSC05275.JPG

ヨークシャー・プディングやマッシュポテトなど、
ローストビーフなら、これ、という定番の付け合せが勢揃い。

DSC05276.JPG

美しいピンク色は、大味ではなく、繊細でやわらかく、
上品な肉の味。
あっさりして、おいしい肉は、付け合せがなくても
最後まで食べ飽きない。

DSC05277.JPG

ホースラディッシュとサワークリームを合わせたソースは
肉と相性がいい。

DSC05278.JPG

DSC05279.JPG

分厚い肉も、これなら無理なく食べられて、
肉が食べたい時には再訪したい店。

DSC05280.JPG

DSC05281.JPG


けやき坂を臨む [ホテル]

六本木ヒルズにあるグランドハイアット東京
リーズナブルなプランで宿泊する。

DSC05497.JPG

重厚で広いロビーから1フロア階段で上がったところに
フレンチキッチン ブラッセリーアンドバー。

DSC05496.JPG

テラス席やテーブル席やオープンキッチン近くの席など、
ひとつのレストランなのに、様々なシチュエーションの座席があって、
目的によって使い分けることができる。
前に訪れたのは、およそ1年半前のクリスマス。
けやき坂の静かな朝

DSC05486.JPG

中央のブッフェテーブルは、パンとペストリーを美しく配置。
見た目も楽しい。

DSC05481.JPG

クラッシュアイスに沈むフレッシュジュースたち。

DSC05482.JPG

いつもの大柄の外国人シェフにお願いして、
卵3個のプレーンオムレツを作ってもらう。

DSC05483.JPG

中はトロトロ、熱々の黄色い楕円形。
卵3個で作ると、堂々としたオムレツになる。
ベーコンの塩味でいただく。

DSC05489.JPG

厚めにカットしたスモークサーモンの食感を。
ナスのマリネは、脇役ながら塩加減とオリーブオイルの
配分が良くて、おいしい。

DSC05484.JPG

刻んだベーコンを巻き込んだエピを置いてるブッフェは珍しい。
カリッと焼いたトーストとともに。

DSC05485.JPG

いつもいただく、このブロックハムは、お奨めの逸品。
オーダーしてカットするスタイル。
ジューシーなハムは、グリルトマトの酸味を絡めて。

DSC05487.JPG

豚の脂のおいしさと、みずみずしさ。

DSC05492.JPG

付け合せに最適な、温かい脇役たち。

DSC05488.JPG

スープはコンソメスープ。
琥珀色の深みのあるスープ。
肌寒い日の朝には最適な温かさ。
しっかりしたボディの感じられるスープ。

DSC05490.JPG

オリーブや木の実とフレッシュな野菜。

DSC05491.JPG

これも食べなくてはいけないフレンチトースト。
耳をカットしたパンは、しっとりして甘さも丁度いい。
洗練されたフレンチトースト。

DSC05493.JPG

冷えたカットフルーツにミューズリー。

DSC05494.JPG

チョコレートのマーブル模様が美しい。
レーズンのペストリーと。

DSC05495.JPG

落ち着いた雰囲気のエレベーターで、ゲストルームへ。

DSC05503.JPG

ハイアット共通のシンプルで、重厚なデザイン。
木とガラスと石を上手に組み合わせて、
特徴のある配置にしている。

DSC05463.JPG

窓の外は、けやき坂。
左の方向はテレビ朝日がありイベントの音が微かに聞こえる。
周りの喧騒が嘘のように静か。

DSC05475.JPG

バーカウンターはドアのそば。
石造りの台の下に、冷蔵庫とミニバー。

DSC05464.JPG

使いやすいワーキングデスクと、奥行きがたっぷりある引き出し。
引き出しのひとつには、ノートパソコンが収納できる金庫。
中にコンセントがあるので充電しながら保管できる。

DSC05465.JPG

DSC05467.JPG

DSC05468.JPG

DSC05474.JPG

天井まである大きな木製の引き戸で仕切られたバスルーム。
照度調整可能で、液晶テレビは洗面側からでも、
バスタブ側からも見られるようになっている。

DSC05469.JPG

DSC05470.JPG

DSC05471.JPG

DSC05472.JPG

意外に重宝したのが、ベッドサイドにある引き出せるテーブル。
詠みかけの文庫本や、飲み物を置くのに丁度いい。
不要なときは押し込んでおける。

DSC05480.JPG

DSC05477.JPG

今にも降ってきそうな空。
外出は控えて持ってきた本を読む。
同じフロアにあるスパのジムとプールへ。
外国人にとってはビジネスホテルかもしれないが、
東京の落ち着けるホテルのひとつとして楽しむことに。

DSC05476.JPG


千鳥は舞う [ホテル]

5月に訪れたホテルグランヴィア京都にある老舗、
京都吉兆の支店、グランヴィア店。 

DSC05319.JPG

中央改札口を見下ろす位置にあり、
外の喧騒とは別世界のわの空間。

DSC05318.JPG

お昼の、みやび膳は上品な香煎茶からはじまる。

DSC05322.JPG

すっと胃に落ちていく日本酒はで。
新鮮な魚と、氷の冷たさを湛える器は菖蒲の絵柄。

DSC05323.JPG

木の芽の香りを、しんじょうとワカメとともに。

DSC05326.JPG

DSC05327.JPG

鯖の棒寿司には、大葉が巻かれて、
手毬寿司も小ぶりで、かわいらしい。

DSC05328.JPG

金彩の千鳥が波頭に舞う。

DSC05329.JPG

煮物や胡麻豆腐など、楽しい料理が並ぶ。
おいしい京料理は、見た目もいい。

DSC05330.JPG

DSC05331.JPG

この器は、福禄寿。

DSC05332.JPG

最後のお食事は、木の芽の香りたっぷり、鮭の焼き物。

DSC05333.JPG

DSC05335.JPG

抹茶の寒天に抹茶のソースと、アイスクリーム。
甘さは、あくまでも上品。

DSC05336.JPG

料理、そして器がいい。
和食の良さと、器を楽しむ。

DSC05337.JPG


隠し味はブルーチーズ [ホテル]

雨上がりの夕方、グランドハイアット東京で早めの夕食。 

DSC05513.JPG

オークドアは、ウッドバーニングオーブンのあるステーキハウス。
テーブル席は、建物の中と外側のテラス席がある。
これからの季節は、涼やかなテラス席がいいかも。
カウンターは店の奥に。
夜更けに訪れると、ほとんど外国人のお客で、
賑やかで華やかなバーに。
夕方は、静かに食事ができる隠れ家的なバー。
レモネードを注文すると、
氷・レモンスライス・氷・レモンスライス・・・
ちょっとした演出でレモネードが、格段にお洒落な飲み物。

DSC05515.JPG

焼き具合はレアにしてもらったハンバーガー。
分厚いパテ、新鮮なトマト、カラッと揚がったポテトと
厚切りのタマネギ。
ピクルスやフレッシュタマネギがアクセントになるのは、
ごく普通のハンバーガー。
ここのハンバーガーはブルーチーズが味のアクセント。
ブルーチーズの特徴を活かしている。

DSC05517.JPG

分厚いタマネギのフライはタマネギの魅力が楽しめる。
タマネギの甘さを十分に味わう。

DSC05516.JPG

パテの中心部は、ロゼ色。
ジューシーな肉の旨みがたっぷり。

DSC05518.JPG

壁一面のワインセラーは、オブジェであり、
隣のチャイナルームの厨房の仕切りも兼ねている。

DSC05514.JPG

ダックや野菜、夕食準備の厨房の様子が見えている。
オークドアのバーで食前酒、チャイナルームで夕食が
いいかもしれない。


ウッドデッキで湖の風 [グルメ]

大津市、琵琶湖畔の、なぎさのテラス。 
4軒のカフェ,レストランが建っている。

DSC05428.JPG

広い芝生にウッドデッキ。
散歩,ジョギングなど行き交う人を眺めながら、
朝食をいただくことに。

DSC05430.JPG

近江八幡市に本店がある、このお店。

DSC05429.JPG

DSC05424.JPG

ウッドデッキと1階と2階の3つのフロアで、
客席数も意外に多い。

DSC05421.JPG

トースト,クロワッサン,コーヒー,サラダ・・・

DSC05426.JPG

DSC05425.JPG

そして、ヨーグルト。

DSC05427.JPG

DSC05423.JPG

朝は空いているが、昼間は結構な混雑。
琵琶湖の風に吹かれて、梅雨の合間の休日。
パスタ料理も豊富にある。
すぐ近くにパーキングもあるので、
ドライブで訪れるにはピッタリな場所


ネオンカラー&ジェラート [グルメ]

六本木けやき坂のBABBI
今にも雨が降りそうな梅雨の空。 

DSC05508.JPG

DSC05499.JPG

赤と黒が印象的な内装。
テーブルは光沢のある黒。
メニューは、くるくると巻いた真っ赤なシートに。
運ばれてきたのは、ネオンカラーの緑のコップ。
中は普通の水でも、ポップでいい。

DSC05507.JPG

カフェラテと、マンゴーの入ったチーズケーキに・・・

DSC05506.JPG

フレッシュのマンゴーと、
ミルクのジェラートと、
チョコレートのソース。

DSC05504.JPG

まとめて食べると、フレッシュマンゴーがアクセントになって、
ミルクアイスのミルクのやさしさ、
やわらかいチーズケーキがまとまる。

DSC05498.JPG

たまに、ここのジェラートが食べたくなる。
特にピスタチオ。

DSC05501.JPG

近くのTSUTAYA前には御主人を待つ犬。
同じような、待ちぼうけの犬たちがたくさん。
雨が降る前に、御主人様が戻るといいのだが・・・


タグ:料理 グルメ

朝はチョコレートの香り [グルメ]

河原町のゴディバのショップへ。
いつもはチョコを買うか、ショコリキサーを飲みに行くところ。 

DSC05251.JPG

ミーナ京都の1階にあるショップは、河原町通りに面して
9時から営業しているので、朝のコーヒーや待ち合わせに
ピッタリのお店。
近くのデパートやショップの開店前に利用できる。
休日の朝だから?、意外に空いている。

DSC05254.JPG

天井が高く、座席の感覚もゆったり。
小さな子供を連れた親子でも利用しやすい。

DSC05253.JPG

朝のコーヒーと、朝のチョコレート。
新聞もゆっくり読める、穴場のカフェ。

DSC05256.JPG


降ってきたシャンデリア [ホテル]

DSC05431.JPG

東京駅に誕生したシャングリ ラ ホテル東京
あいにくの雨模様。
丸の内トラストタワー本館の上層階がホテルになっている。

DSC05456.JPG

1階のエレベーターホールには、豪華なシャンデリア。

DSC05458.JPG

親切なスタッフが1階から朝食がいただける、
Piacere(ピャチェーレ)
まで案内してくれる。

DSC05449.JPG

館内のあちこちにシャンデリア。

DSC05451.JPG

DSC05448.JPG

DSC05455.JPG

調度品や小物が、オリエンタルな雰囲気。

DSC05454.JPG

DSC05447.JPG

東京駅に隣接したビル、ならではのこの景色。

DSC05434.JPG

ゲストの多くは日本人。
裕福で品のある年配の御夫婦が多い。

DSC05446.JPG

贅沢な刺繍を施した厚めのナプキン。
高級ホテルの朝食に相応しい。

DSC05433.JPG

朝食はアラカルトの他にコースが5つ。

【コンチネンタル】
 フルーツジュースのセレクション
 クロワッサン,デニッシュ各種 マフィン,トースト
 バター,ジャム,蜂蜜
【ヨーロピアン】
 バーチャーミューズリ ヘーゼルナッツと季節のベリーをのせて
 ハムとチーズのプラッター
 イベリコハム,熟成サラミ,モルタデラ
 ブリードモー,グリュイエール,ブルサン
【和朝食】
 煮物のセレクション
 焼き魚,味噌汁,納豆,漬物,海苔,御飯
 フレッシュフルーツ
【アメリカン】
 お好みの卵料理(二ヶ卵)お好みのつけあわせを添えて
 ポテトケーキ,トマトのグリル,マッシュルームのソテー,アスパラガス
 ベーコン,ソーセージ(ポーク、仔牛またはチキン)
【オリエンタル】
 鶏胸肉または白身魚の中華粥
 ピータン,ローストピーナッツ,スプリングオニオンと野菜のピクルス
 春巻,醤油風味の焼きそば

DSC05436.JPG

最初にフレッシュジュースを選ぶことができる。
珍しいメロンのフレッシュジュース。
グラスを傾けるとメロンの香り。
甘さが上品で、メロンの味がきちんと出ていて後味もスッキリ。
おいしいので、お替りをお願いした。

DSC05437.JPG

お粥のオリエンタルと、定番のアメリカン、
迷った末にアメリカンにする。

DSC05440.JPG

かわいいバスケットに、パンとペストリーが盛り付けられている。
クロワッサンはもちろん、どれも香りがいい。
鼻に抜けるパンの香りは、朝の気分。

DSC05442.JPG

美しいプレーンオムレツに、
付け合せは贅沢にすべて付けてもらった。

DSC05441.JPG

燻製具合がいいベーコンの塩味でオムレツを。

DSC05443.JPG

添えられたケチャップの小皿とスプーンは
どこか中華、オリエンタルな雰囲気。

DSC05445.JPG

パンのバスケットの奥にあったマフィンもおいしい。
コーヒーをお替りして、上品な甘さを楽しむ。

DSC05444.JPG

開業して数ヶ月、サービスも不安なく安心して食事ができた。
絶好の立地に、おいしい朝食。
オリエンタルな雰囲気もなかなかで。
再訪したいホテルです。

DSC05453.JPG

DSC05452.JPG


浪花の中心で [ホテル]

DSC05384.JPG

外資系ホテルが多い大阪のキタに対して、
ミナミには、南海難波駅の真上にスイスホテル南海大阪
関西ではブッフェで登場するチョコレートフォンデュが有名なホテル。

DSC05381.JPG

カフェスイスでは、コーヒーはポットで提供される。
ヒルトン大阪ウェスティン都ホテル京都と同じスタイル。
ポットの方が、スタッフに声を掛けなくて良いので、
気楽にコーヒーがいただける。
たっぷりの容量のマグカップも実用的。

DSC05371.JPG

ブッフェテーブルは出入口付近の和食と中華、
客席中央のサラダ,フルーツなどの洋食、
窓際のパンとエッグステーションの3つある。

DSC05378.JPG

中央のブッフェ台には、ふたつに切ったオレンジとグレープフルーツ。
圧搾機で自分でフレッシュジュースを作ることができる。

DSC05365.JPG

中央のブッフェ台に、小さめのサイズのパンとペストリー。
窓際には、オーブンが設置され、熱々のクロワッサンが
焼けたらすぐに取ることができる。

DSC05363.JPG

DSC05369.JPG

エッグステーションで、プレーンオムレツ。

DSC05360.JPG

DSC05368.JPG

フレッシュの野菜やフルーツの配置はきれいで、
足りなくなったら、すぐに補充される。

DSC05376.JPG

DSC05370.JPG

アジアのゲストが多いホテルの特徴は、
中華やエスニックなメニューが揃っていること。

DSC05374.JPG

小籠包や中華風の野菜の炒め物。

DSC05372.JPG

中華粥は、なかなかの品。
サラサラでトッピングの種類が多い。
搾菜やピータンをアクセントに添えて。

DSC05373.JPG

窓際のオーブンからは、焼きたてのフレンチトースト。
バケットに卵が染みて、メープルシロップやフルーツとの相性がいい。

DSC05362.JPG

DSC05377.JPG

軽めの生地が魅力のペストリーは、子供から大人まで
食べやすい、やさしい味。

DSC05379.JPG

DSC05380.JPG

外資系ホテルながら、どこか庶民的なこのホテル。
以前に宿泊した時は遠くに大阪のシンボル通天閣が見えた。
キタのホテルより大阪らしいホテルかもしれない。

DSC05382.JPG


皐月の朝粥 [ホテル]

5月に行った、リーガロイヤルホテル京都の朝食。
晴れた空が眩しい日曜日。

DSC05339.JPG

地下1階にある、たん熊北店 リーガロイヤルホテル 京都店
宿泊客で混雑する中、丁寧なスタッフに案内されて席につく。

DSC05348.JPG

朝粥の定食は、すぐに運ばれて来る。

DSC05341.JPG

陶器に米粒が細かいお粥、熱々の状態で。

DSC05343.JPG

御飯のおかずにぴったりな、お惣菜たち。

DSC05342.JPG

DSC05344.JPG

鮭の幽庵焼きは、照りが食欲をそそります。

DSC05345.JPG

DSC05346.JPG

お粥に、甘い餡を掛けて。

DSC05347.JPG

地下にある為、窓がなく、朝の光がないのが惜しい。
しかし、丁寧に作った料理は、京の老舗の味。

DSC05340.JPG

歩いても、送迎バスを利用しても京都駅はすぐ近く。
アクセスの良さが魅力のホテル。

DSC05351.JPG