みんな主役 [グルメ]

秋冬物が店頭に揃いはじめた9月の日曜日。
伊勢丹新宿店で買い物の後は、
伊勢丹会館にあるグリル満天星新宿店で早めの夕食。 

R0010605.JPG

コース仕立ての”ステーキプレート”。
スープはポテトのビシソワーズ。
なめらかな、冷たいスープは、ポテトの風味とミルクのやさしさ。
9月でも蒸し暑い日はビシソワーズの冷たさがうれしい。

R0010608.JPG

R0010618.JPG

ひとつのプレートに、
湯気の立つデミグラスソースの牛フィレ肉のステーキ、
大きなエビフライにタルタルソース、
カニクリームコロッケにアメリケーヌソース。
どれも主役級、豪華な顔が一同に。
脇役のポテトサラダもジャガイモの食感と
自家製マヨネーズで忘れてはいけない名脇役。

R0010609.JPG

ミディアムレアに仕上がったステーキは、
やわらかくてジューシー。
火の通し加減が絶妙なプリプリのエビフライに
定番のタルタルソースは、いつ食べても美味しい。
サクサクの衣のカニクリームコロッケは洋食の定番メニュー。
たくさんカニが入って、1個でも満足。

R0010616.JPG

主役はまだまだ。
洋食屋さんの定番、オムライス。
トロトロの卵に半分はデミグラスソース。
見た目がおいしい、この姿。

R0010620.JPG

エビやイカのやわらかさも完璧。
デミグラスソースのコクもおいしいし、
ソースのかかっていないところは卵のトロトロを楽しめる。

R0010621.JPG

R0010622.JPG

フォークとナイフが、フォークとソーススプーンに変わって、
ここからはデザートの登場。

R0010623.JPG

ベリーのシャーベット,フルーツのショートケーキ,
チーズケーキ,フレッシュフルーツのアンサンブル。

R0010625.JPG

どれもデザートの主役になれる。
ベリーのシャーベットで口をさっぱりさせて。
チーズの風味を楽しんで、
フルーツとミントでスッキリして、
ショートケーキとコーヒーで締める。

R0010626.JPG

R0010627.JPG

R0010629.JPG

R0010628.JPG

以前に比べて甘さが、より上品になったデザートたちでコースは終了。
スープからデザートまで主役級のキャストが集まった洋食のコース。

R0010624.JPG


nice!(28)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

有楽町の桃源郷 [ホテル]

R0010492.JPG

JR有楽町駅からすぐのザ ペニンシュラ東京
約2年ぶりに朝食を。

R0010494.JPG

エントランスの左右に広がるザ・ロビー。
中央の通路には、宿泊客,ウェディング、様々なゲストが行き交う空間。
来日中の有名な女性テニスプレーヤーも外出して行く姿が。
天井のシャンデリアが美しい。
シャンデリアと同じ高さにあるブースからピアノの生演奏。
広い空間でいただく朝食は気持ちがいい。

コースメニューからザ・ペニンシュラ ブレックファーストを選ぶ。
最初は本日のジュース。

R0010455.JPG

白桃のジュース。
グラスを傾けると、フレッシュな桃の香り。
新鮮な搾りたてのフルーツのジュースは上品によく出来ている。
桃からはじまるところが、ホテルのオリエンタルなイメージと重なる。

R0010456.JPG

農場でとれた新鮮な卵を使ったプレーンオムレツ。
肌理の整った美しいオムレツ。
黄色が美しいオムレツ。
ポテトとドライトマトとカリカリベーコンの塩味が絶妙。
卵料理の他に、
クラシックフレンチトーストやバナナブレッドのフレンチトーストを
選ぶことができる、どれも魅力的。

R0010465.JPG

アフタヌーンティーの3段の皿に仕立てたのは、
トースト,クロワッサン,マフィン,デニッシュ、
ハム3種類,チーズ2種類,ドライフルーツ,ナッツ、
ジャム,ハチミツ,バター、
3段になると、より豪華に見える。

R0010474.JPG

挽きたてのコーヒーを味わいながら、
焼き立てのトーストにはバターとハムとチーズで。
サクサクで香りがいいクロワッサン。

R0010466.JPG

ベリーのデニッシュは甘さがいい。

R0010468.JPG

しっとりしたマフィンもコーヒーと。

R0010469.JPG

エントランスにホテルスタッフとゲストが集まりはじめると、
ピアノが奏でる結婚行進曲。
拍手ととも車寄せから入場する新郎新婦。
ロビーが神聖な場所に。

R0010472.JPG

白桃のジュースとコーヒーを飲みながら、ゆっくりと過ごす朝のひととき。

R0010475.JPG

R0010476.JPG

オリエンタルな雰囲気のホテルから外に出ると、
丸の内は秋の装い。

R0010478.JPG

ビルやオブジェや木々の緑が
夏とは違った繊細な感じに見てくる。

R0010479.JPG

R0010488.JPG

R0010490.JPG

R0010481.JPG

最近オープンした丸の内ブリックスクエアは緑が多い。

R0010482.JPG

煉瓦と緑が、ちょっとした公園のように。
中央には噴水があり、憩いの場になっている。

R0010483.JPG

オープン間もないので、一部の店舗には行列が出来はじめる時間帯。
落ち着いた頃に再び訪れたいスポット。

R0010486.JPG

R0010487.JPG


nice!(19)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

リンゴは飴色 [グルメ]

京都、三条通りにあるイノダコーヒの三条支店で、
夕食後のデザートタイムを。 

R0010450.JPG

イノダコーヒの本店から少し離れた三条支店は、
白を基調にしたデザインと明るい印象が、
夜の三条通りで一際目を惹く存在。

R0010446.JPG

テーブル席の奥には大きなオーバル型のカウンター。
新聞や本を読む地元の客が思い思いの時間を過ごす。
観光客が少ない時間は、京都市民に愛される喫茶店の顔。

R0010440.JPG

ケテルのケーキとコーヒーのセット。
選んだのは、厚みがあって飴色のリンゴがたっぷり入ったアップルパイ。

R0010439.JPG

R0010444.JPG

リンゴのやわらかさと、歯応えが絶妙なバランス。
コーヒーとのマッチングもいい感じ。

R0010441.JPG

モカベースの「アラビアの真珠」をよく頼むので、
今回は深入りブレンドの「プレミアム」。

R0010445.JPG

ボディのしっかりしたコーヒーは、焙煎の具合とブレンドの技で、
ミルクや砂糖を入れても存在感がある。
コーヒーの苦味とコクがいい。
分厚い陶器のコーヒーカップが合っている。

R0010443.JPG

紋章の入ったクラシックなコーヒーカップたちが
カウンターの中で出番を待っている。

R0010447.JPG


nice!(18)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

雲のフレンチトースト [ホテル]

R0010429.JPG

河原町通りの向こう側は、クラシックな京都市役所。
河原町御池の
京都ホテルオークラ
ロビーから一段低いカフェ レックコートは、
1階ながら、窓が広くて解放感がある。
外には小川のように水が流れ、
座り心地のいい革の椅子で寛いで朝食がいただける。

R0010431.JPG

1日10食限定の特製フレンチトースト。
ホテルオークラ東京の伝統のフレンチトーストが京都でも楽しめる。

R0010432.JPG

卵と牛乳が中心までしみ込んで、この厚さ。

R0010433.JPG

バターとメイプルシロップを、たっぷりかけて、
つやのある表面が美味しそう。
ナイフを入れると、ふわふわ。

R0010434.JPG

ひと口食べれば、ふわふわの食感で、すぐに溶けてなくなる。
やわらかくて、ふわふわで、とても美味しい。
このやわらかさは、さすがオークラの技。

R0010435.JPG

フレンチトーストにコーヒーとフルーツがセット。
一品でも満足なホテルの朝食。

R0010436.JPG

R0010437.JPG


nice!(23)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋晴れの京都盆地 [ホテル]

抜けるような青空に京都タワー
秋の京都は、年間を通じて最もいい季節。 

R0010370.JPG

南禅寺から歩いて辿り着いたのは、東山のウェスティン都ホテル京都

R0010392.JPG

広々の車寄せは、白い柱に白い天井。
旧都ホテル時代から改装を重ねても、昔の重厚な雰囲気は生き続けている。

R0010391.JPG

R0010390.JPG

温かみのあるデザインのロビーは2階のアクアブルーまで通じる吹き抜け。
連休初日は、観光や宴会のゲストで普段より、かなり混雑。

R0010373.JPG

中国料理の四川でランチ。

R0010382.JPG

開放的な大きな窓からは京都盆地を囲む山並みが一望できる。
モダンなデザインのレストラン。
奥の席は一段高くして、どの席からも外の景色が楽しめる。

R0010384.JPG

R0010389.JPG

R0010383.JPG

四川料理の定番メニュー、坦々麺。
ラー油と唐辛子が効いたスープは、オレンジ色に近い。
ほのかな酸味と辛さと旨味、これぞ坦々麺の味。
甘さは控えめに、旨味と辛さを全面に出したスープに、
細めの麺がよく絡む。

R0010379.JPG

肉味噌とシャキシャキした青梗菜がアクセント。

R0010380.JPG

パスタのカッペリーニに近い細めの麺が坦々麺に合う気がする。

R0010381.JPG

R0010378.JPG

旧都ホテル、”ミヤコホテル”の足跡を感じる外側の石壁。

R0010372.JPG


nice!(20)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

町屋200年 [ホテル]

R0010358.JPG

京都の中心、四条通りを北へ。
昔ながらの町屋は、料理旅館の
近又
国の登録有形文化財に登録された建物は、
前を通るだけでも目を引く木造建築。
享和元年創業の200年の重みを感じる佇まい。

R0010359.JPG

料理をいただけるだけでなく、宿として京都を満喫できる。
あらかじめ予約した朝食は、椅子席か座敷を選べる。
せっかくなので座敷をお願いしていた。

R0010344.JPG

気さくな御主人に案内していただいたのは2階の座敷。
朝方まで降った雨が止み、庭の緑が鮮やかに。

R0010351.JPG

R0010340.JPG

R0010345.JPG

繁華街が近いのに、ここだけ静かに時が流れる。
周囲の喧騒が嘘のような、この座敷。

R0010327.JPG

R0010354.JPG

R0010339.JPG

肩肘の張らない料理が並ぶ。
御飯は炊きたてで、どのおかずに合わせても美味しい。

R0010330.JPG

朝食には欠かせない焼き鮭。
獅子唐や茄子の田楽は、どこか家庭料理を思わせる、ほっとした味付け。

R0010331.JPG

R0010332.JPG

R0010334.JPG

甘く煮た豆に、やわらかな胡麻豆腐。
赤出汁は味噌と出汁の味がいい。

R0010335.JPG

R0010336.JPG

R0010337.JPG

そして出汁巻き玉子は、後から出来立てを運んでもらえる。
作り立てで、熱々で、やわらかくて、食べ応えがある。
上品な味は大根おろしとともに。

R0010338.JPG

R0010342.JPG

R0010343.JPG

食後は、朝食のコースとは別にお抹茶をお願いする。
開け放した障子から、秋らしい風が流れ込み、お抹茶を楽しむ。
京都にいると実感する、食後のひと時。

R0010348.JPG

R0010349.JPG

R0010355.JPG

R0010357.JPG

R0010360.JPG


nice!(22)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ドラムのテーブル [ホテル]

ホテルオークラ東京のハイライダーは、スコティッシュバー。
天井までの大きな窓から光が差し込む午後。
革張りの椅子にドラムにガラスの天板を付けたテーブル。

R0010283.JPG

クラシックなバーなので、レモンスカッシュの
チェリーとレモンも、どこかクラシックな雰囲気。

R0010281.JPG

ゲストも大人、身なりのいい紳士や外国人ビジネスマンが多い。
夜が似合うバーは午後の静かな時間。
何回か訪れた夜の雰囲気も素敵だが、明るいのも、またいい。

R0010289.JPG

イギリスの料理というと、フィッシュアンドチップス。
ここのフィッシュアンドチップスは、ビールとの相性も抜群。

R0010282.JPG

ふっくらした白身魚を、カラッとした衣が包む。
マスタード,ケチャップ,タルタルソースが添えられる。

R0010286.JPG

カラッと揚がった衣にタルタルソースをたっぷりと。
レモンは後から絞る。
熱くて、ふっくらした魚とカリカリした衣にホテル伝統の正統派タルタルソース。
小腹が空いた時には、たまらなく美味しい。
ポテトフライも揚げたて、満足のひと皿。

R0010287.JPG

R0010288.JPG

R0010284.JPG


nice!(12)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

見守る常夜燈 [グルメ]

琵琶湖を見守る常夜燈。
外輪船ミシガンが穏やかな湖面を進む。 

R0010169.JPG

ウッドデッキに囲まれた4軒のなぎさのテラス
イタリアンのアンチョビはカジュアルなパスタのお店。

R0010168.JPG

開店して、すぐに満員になる。
大津では人気のお店。

R0010162.JPG

前菜は、バジルソースのホタテ,甘いサツマイモ,マリネした野菜。

R0010163.JPG

小エビのパスタ、丁度いい太さのパスタは、
ガーリックとオリーブオイルを効かせた出来立て。

R0010166.JPG

アルデンテのパスタは、量も多すぎず、少なすぎず。

R0010165.JPG

R0010164.JPG

ドルチェのティラミスは、やわらかくてなめらか。
グレープフルーツのソルベは、すっきりの甘さ。

R0010167.JPG

R0010171.JPG

ウッドデッキが囲み、散歩,ジョギング,ペットといっしょ、
広い芝生は、気持ちがいい。

R0010170.JPG

R0010172.JPG


nice!(13)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

切子玉の明かり [ホテル]

R0010275.JPG

隣の本館から地下で繋がるホテルオークラ東京の別館ロビー。
雰囲気は本館と同じ落ち着いた感じで、いつもながら落ち着く。
本館ロビーと同じ、切子玉(きりこだま)の形をしたライトが
穏やかな光を放つ。
その背景は棟方志功の壁画「鷺畷の柵」。

R0010274.JPG

今回は、別館フロントの横にある、ダイニングカフェ カメリア。
本館のテラスレストランより早い、朝6:30から営業。
深夜まで利用できる、オールデイダイニング。

R0010254.JPG

数年前の改装で、モダンな印象のレストランに。
テラスレストランよりもビジネスマンが多い。
午後は打ち合わせも、よく見かける。

R0010253.JPG

白を基調にした明るいオープンキッチン。

R0010248.JPG

R0010249.JPG

R0010255.JPG

安心する味のポテトサラダにフレッシュな野菜たち。
珍しいブルーチーズのドレッシングは、野菜とのコンビネーションが新鮮でおいしい。

R0010256.JPG

表面がツルツルの、見た目に美味しいプレーンオムレツ。
中心が熱くトロトロのスクランブルエッグ状態。
オープンキッチンでは、卵料理やワッフルなどがオーダーできる。

R0010257.JPG

ホッとミールも種類が豊富。
大きなオムレツは、フレンチ王道の味のホワイトソース。
マッシュルームが入って、ハッシュドポテトやハムと絡めて。

R0010258.JPG

夏らしいラタトゥイユとスクランブルエッグ。
おいしいので、ついつい食べ過ぎてしまう。

R0010259.JPG

オープンキッチンに珍しいメニュー、フォーを注文できる。
オーダーしてから作ってもらうフォーは、
チキンのスープが、あっさりした口あたり。
朝食に相応しいメニュー。

R0010267.JPG

干しエビやスイートチリソース、パクチー(コリアンダー)を
トッピングすると、一段とアジアの料理に。

R0010263.JPG

R0010269.JPG

メロン2種はカットが大きい、贅沢なカット。
きれいにカットしたフレッシュなフルーツたち。

R0010270.JPG

R0010268.JPG

パンプディングに、プルーンやライチやシロップ漬けのフルーツ。

R0010271.JPG

締めは、お替りしたコーヒーとペストリー。
コーヒーカップが空になると、さり気なくスタッフが注ぎ足すコーヒー。
いつもながらスタッフの心配りに感心させられる。

R0010272.JPG

からりと晴れた虎ノ門。
隣接するビルの窓ガラスに本館脇の大倉集古館が映る。
今回の部屋は、改装中の別館。

R0010278.JPG

いつものように折り紙の鶴と亀が迎えてくれる。

R0010207.JPG

R0010246.JPG

R0010205.JPG

液晶テレビや張り替えたソファー。
手入れが行き届いたゲストルーム。

R0010200.JPG

R0010247.JPG

R0010201.JPG

暗くなりはじめた9月の空。
フワフワのバスローブで寛ぐ伝統のホテル。

R0010203.JPG

R0010276.JPG


nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

黄金色の海 [ホテル]

R0010176.JPG

早朝の、始発の、新幹線は空いていて気持ちがいい。
富士山を見ると、うれしくなる。

R0010178.JPG

東京駅から銀座へ。
ホテル西洋銀座の建物は、トロイの木馬か斬新な建築美。

R0010199.JPG

R0010196.JPG

メインダイニングのレペトワ。
落ち着いたクラシックなレストラン。
スタッフのサービスもスマートで洗練されている。

R0010192.JPG

パイナップルのミックスジュースにはミントの香り。
ジュース,シリアル,卵料理,パンなど、組み合わせを考えてオーダーする。
コース仕立てながら、バリエーションが楽しめる。
 

R0010179.JPG

朝はクロワッサンが欠かせない。
最初に来たのはクロワッサン。
サクサクの食感に、エシレのバターが合っている。

R0010184.JPG

R0010182.JPG

卵料理はエッグベネディクト。
輝くオランデーズソースを纏った、ふたつのポーチドエッグ。
丸いハムとトーストの台座に載ったシンプルな一品。

R0010186.JPG

ナイフを差し込むと、卵黄が流れて、皿は黄金色の海。
このソースは、ほのかな酸味をアクセントに軽い、軽い仕上がり。
最近食べたエッグベネディクトの中では、最も軽いソースに仕上がっている。
軽くてコクのある絶品のソース。

R0010187.JPG

R0010193.JPG

王道の朝食メニュー、フレンチトースト。
耳を落としたパンは厚みがあって、やわらかい。
大きさもあって、食べ応えがある。

R0010188.JPG

巣蜜をダイスにカットして、これはパンに添えてもおいしい。
贅沢な脇役。

R0010181.JPG

温かいシロップと巣蜜をフレンチトーストに。
焼き目が、食べる前からおいしそう。

R0010189.JPG

R0010190.JPG

しっとりしたパンに、シロップとハチミツの黄金色の海。

R0010191.JPG

ホテルオークラ東京グランドハイアット東京のフレンチトーストも、お気に入り。
ここのフレンチトーストも、お気に入りに加わった。

R0010194.JPG

R0010195.JPG


nice!(19)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

美食は回る [ホテル]

休日の夕方。
広いホテルのロビーは、たくさんのゲストで混雑している。
巨大なホテルの最上階で東京の夜景を360度見渡せるのは、
ホテルニューオータニ東京のザ スカイ。 
ザ メインの最上階に、帽子のような丸い円盤が、このレストラン。
約70分で東京の夜景を一周する。

R0010243.JPG

入店した時には隣接するガーデンタワーとガーデンコートが見える。

R0010213.JPG

建物中央のステージキッチンに、和洋中様々な料理。
そのまわりを大きなドーナツ状の客席が移動する。
最初は、寿司カウンター。
1貫からでも注文できる。

R0010227.JPG

穴子にサーモンに赤身にエビに、どれも新鮮。
中トロに近い脂ののった赤身。

R0010212.JPG

次はサラダや前菜のコーナーへ。

R0010226.JPG

日本,フレンチ,中華、何でも揃う。
スッポンの煮こごり,白身のカルパッチョ,ピリ辛のホタテ。
さすが伝統のホテルの味、どれも美味しい。
味付けも濃すぎず、これなら、かなり食べられそう。

R0010214.JPG

鉄板焼きカウンターは、魚介が左、肉が右。
ソースも選べて、何通りにも楽しめる。
寿司と同じように注文して焼いてもらう。

R0010228.JPG

やはりロース。
焼き加減はミディアムで、やわらかくて
醤油風味のオリエンタルソースとの相性もいい。
白レバーも、トロッとやわらかくて、これも美味しい。
他にフィレや鶏やソーセージもある。

R0010215.JPG

魚介はバター風味のフレンチのソースで。
半生のホタテにサーモンにエビ。

R0010219.JPG

天ぷらカウンターもネタを選んで揚げてもらう。

R0010229.JPG

軽く揚がった海老や季節の野菜。
何種類もの塩でバリエーションを楽しむ。

R0010218.JPG

温かい料理も和洋中と揃っている。
スープ,パスタ,天丼やソースカツ丼などもある。

R0010230.JPG

R0010231.JPG

タスマニアサーモンの香味焼き,鶏のロースト,エビチリ,酢豚など、
インターナショナルな品々。
どれも美味しく箸が止まらない。

R0010216.JPG

スタミナ坦々麺。
中華麺とスープが絡む。

R0010233.JPG

デザートコーナーには、ミニサイズのケーキやフルーツ、アイスクリームなどなど。

R0010225.JPG

マンゴー,ミルク,バニラビーンズ入りのアイスクリーム。

R0010234.JPG

大きなメロン。
ミニサイズのケーキは、いくつでも食べられる。

R0010235.JPG

R0010236.JPG

たくさんの料理を楽しむと、いつの間にか
360度の夜景を一周。
東京の夜景と、世界の料理を楽しむ時間。

R0010220.JPG


nice!(14)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

浮かぶ無花果 [ホテル]

七条通りから木の橋を渡って、
2階にあるtrattoria sette(
トラットリア セッテ)へ。
ハイアットリージェンシー京都のディナー。

R0010142.JPG

ライトアップされた竹林は京都の雰囲気。
漆黒の夜空に映える緑の竹林。

R0010140.JPG

木のテーブルは重厚で、今日はどんな料理か楽しみ。

R0010146.JPG

自家製コッパ、香りのあるサラダを添えて。
コッパは、豚肉のソーセージ、いろんな部位が入って食感の変化を楽しめる。
時々コリコリ、時々やわらか、時々歯応え。
ディジョンマスタードを添えるとアクセントになって、更に美味しく。

R0010149.JPG

ハーブを絡めたレモンソースのサラダ。
噛むほどに口の中に香りが広がる。

R0010150.JPG

R0010148.JPG

オリーブオイルと岩塩。
グリシニ、フォカッチャ、チャパタ。

R0010147.JPG

ジャガイモの温かいスープ。
ポタージュと違ったサラサラの液体。
ジャガイモの風味が十分残って、豊かな味わい。

R0010151.JPG

ヤリイカの三角形がかわいいバベッティーニ。
ヤリイカの食感は丁度いい火の通し加減。
枝豆が色合いと食感のアクセント。

R0010152.JPG

ボッタルガ(カラスミ)の粉が深みを与える。
パスタの茹で加減も申し分ない。

R0010153.JPG

R0010154.JPG

ドルチェはワインゼリーに無花果。
ワインの風味を十分残したゼリーに無花果が浮かぶ大人のデザート。

R0010156.JPG

R0010155.JPG

R0010158.JPG

R0010160.JPG

最後はコーヒー。
カジュアルなコースながら味の変化を楽しめる。
木を多用した落ち着いた雰囲気も
秋口の夜に合っている。

R0010161.JPG


nice!(20)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理