5つの玉 [ホテル]

2012年5月にオープンするパレスホテル東京
その姉妹ホテル、皇居の北側に位置する
ホテルグランドパレス。 

R0022814.JPG

年代を感じさせる外観ながら、内装は現代的に改装されている。
壁や天井や照明のデザインには、古き良き時代のホテルの片鱗が。

R0022813.JPG

R0022811.JPG

朝食ブッフェのレストランは、1階のレストラン&カフェ カトレア。
大きなガラスの向こうに朝の光が入る庭。

R0022810.JPG

ホテルのロゴには、パレスホテル東京の王冠を模したロゴと共通する、
5つの玉を使用している。

R0022784.JPG

R0022794.JPG

ブッフェボードは品数は多くないものの、
洋食,和食の定番メニューが並ぶ。
温かいハム,ベーコン,ソーセージ、
適度な厚みが美味しい肉料理。
ゆるめのスクランブルエッグに野菜のソテーと。

R0022781.JPG

トーストをはじめとするパンたち。
食べやすいサイズが並ぶ。

R0022792.JPG

R0022782.JPG

R0022785.JPG

歴史のあるホテルらしく、粗く潰したポテトサラダと
シンプルなフレンチドレッシングは、定番の美味しさ。

R0022788.JPG

R0022793.JPG

R0022795.JPG

アジアのゲストが多いので、和食の漬物に混じって、
キムチも置いている。
ぽってりとした、お粥と和の惣菜。

R0022798.JPG

R0022800.JPG

R0022804.JPG

R0022801.JPG

シロップ漬けのフルーツと、
ペストリーとコーヒー。
朝食が終わる頃には、静かで、ゆったりとした時間。

R0022796.JPG

R0022803.JPG

2012年は、東京駅丸の内駅舎保存復元工事の為休業している、
東京ステーションホテルもオープンする。
外資系ホテルが多くなる中、古いホテルが蘇るのは楽しみ。

R0022791.JPG


nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

The Joy of Books [Etc]


タグ:音楽 アート
nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

グラスのシャンデリア [ホテル]

逆さにしたワイングラス。
エントランスにあるシャンデリアは、ワイングラスを組み合わせたデザイン。
新宿の
ハイアットリージェンシー東京、オールデイダイニング カフェ。

R0022743.JPG

R0022742.JPG

季節のディナーコースは、寒い冬に相応しい温かい料理。
前菜は、厚くカットしたレンコンや、カボチャなど、
温かい野菜をパルミジャーノと、バーニャカウダソースでシンプルに。

R0022705.JPG

R0022704.JPG

R0022700.JPG

ニョッキに絡むソースは、鴨。
煮込んだ鴨肉の奥深い味は、ニョッキを高級な雰囲気で。

R0022706.JPG

R0022709.JPG

甘酸っぱいバルサミコ酢とオリーブオイルを添えて提供される、
田舎パンは、やわらかくて、バルサミコ酢の甘さがいい。

R0022702.JPG

R0022703.JPG

R0022734.JPG

メインの肉料理は、温かいstaubの鍋に入っている、
北海道産蝦夷鹿のモンテプルチアーノ煮。
たっぷりのワインのソースは、鹿の旨味が溶け出た美味しいソース。

R0022714.JPG

鹿肉といっしょにいただく、ほんのりピンク色のリゾットは、木イチゴのリゾット。
微かな甘さは、鹿肉の個性と合わさって、いいハーモニー。

R0022711.JPG

R0022716.JPG

はらはらと崩れる鹿肉は、甘さを抑えたワインのソースで、
ワイルドでなく、あっさりした鹿の魅力と、ワインの旨味を楽しめる。

R0022718.JPG

R0022697.JPG

お口直しは、かわいいサイズのグラスにビネガードリンク。
スタッフに導かれて、ケースの中、たくさんあるドルチェから3種類を選ぶ。

R0022723.JPG

R0022739.JPG

ビスタチオのジェラートは、甘さ抑えた素朴な甘さ。
リキュールが効いた大人のマロンのタルト。
揚げた軽い、軽い生地に、ホイップクリームを添えて。

R0022725.JPG

R0022726.JPG

R0022737.JPG

コーヒーには、3種の食感の異なるビスケットと、チョコレート。
食材本来の味をシンプルに楽しめる料理たち。
洗練された料理で満足な寒い冬の新宿の夜。

R0022728.JPG

R0022746.JPG

R0022747.JPG


nice!(33)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

グラタンの温かさ [グルメ]

秋から冬、冬から春、牡蠣のシーズン。
東京、新宿の伊勢丹会館4階のグリル満天星新宿店。
店の前には、牡蠣料理の大きな看板。

R0022584.JPG

R0022574.JPG

看板に導かれるように、席に座って注文したのは、
牡蠣とマカロニのグラタン。
グツグツと音を立てて、表面のチーズの焦げが波打つ瞬間。
差し込んだスプーンには、太めのマカロニ。

R0022575.JPG

R0022579.JPG

R0022580.JPG

ふっくらした牡蠣の火の通り具合が絶妙。
硬くならず、中心まで、ふっくら。
熱さを我慢しながら、口に運ぶと、とろりとしたベシャメルソース。
時々、歯応えのあるタマネギ。
牡蠣の美味しさと、クリーミーなソースは、寒い季節の楽しみ。

R0022581.JPG

R0022573.JPG

グラタンから温かさをもらって、
駅までの道は、寒さを感じない。

R0022585.JPG


nice!(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

都心のオアシス [ホテル]

遠くからでも分かる特徴的な高層ビル、ガーデンタワー。
東京、紀尾井町の
ホテルニューオータニ東京
休日の早朝の晴れた空。
朝食前に、およそ1万坪ある日本庭園を散策。

R0022692.JPG

豊富な水で満たされた池には、ゆったり泳ぐ鯉。
水面に映るのはガーデンタワーから続くアーケードのある建物。
庭園の高低差のあるデザインをつなぐ滝。

R0022680.JPG

R0022690.JPG

R0022689.JPG

滝の向こうには、モダンなデザインのザ メイン。
きれいに整備されて、落ち葉ひとつ落ちていない庭園から、
ホテルの中へ。

R0022681.JPG

ガーデンラウンジは、ホテルのほぼ中央にあり、
散策した日本庭園を一望できる。

R0022666.JPG

R0022665.JPG

R0022656.JPG

滝や池にかかる赤い橋を眺めながら、案内された席。
テーブルには、糊の効いたナプキン。

R0022663.JPG

ブッフェボードは、中央に集められている。
パンやペストリーは、バスケットに入って、種類が豊富。
カットしたトーストは、ナプキンを掛けて水分が失われない工夫。
同じくカットしたデニッシュは、透明の覆いがされている。
数種類のジュースサーバー。
トマトジュースの傍には、きれいに皮をカットしたレモン。

R0022645.JPG

R0022643.JPG

R0022629.JPG

テーブルでオーダーしたプレーンオムレツ。
適度な厚みで美味しいベーコンと、
グリルトマトとブロッコリーが付け合わせ。

R0022623.JPG

R0022625.JPG

R0022617.JPG

R0022619.JPG

クロワッサンは軽い仕上がり。
はらはらと剥がれる生地は、自家製バターと相性がいい。
ゲラントの塩が美味しい自家製バターは、
空気を含むようにホイップしてあるので、ふんわりした感触が特徴。

R0022626.JPG

R0022627.JPG

野菜は新鮮、ドレッシングは、
老舗ホテルの伝統が分かるシンプルで美味しいフレンチドレッシングで。
シリアルも種類が豊富。
温かい料理は2品。
ポテトとアスパラガスのソテー、大きめにカットした野菜のソテー。
生ハムやチーズもある。

R0022613.JPG

R0022631.JPG

R0022633.JPG

R0022620.JPG

フレッシュなフルーツ、シロップ漬けのフルーツ。
あらかじめ食べやすいサイズにしたフルーツと、
プルーンで、デザートに。
ブッフェボードは、スタッフのチェックが行き届いているので、
食材は常に補充され、カトラリーは、きちんと置かれている。

R0022635.JPG

R0022636.JPG

R0022612.JPG

庭園から差し込む光の中、コーヒー。
カスタードクリームが均一に混ざるデニッシュと、
リンゴのペストリー。
甘さが、ほど良く、濃い目のコーヒーで引き立つ味。

R0022638.JPG

チーズの風味が豊かなマフィンや
オーソドックスなドーナツは、軽い仕上がりで重さはなく、軽やかな食感。
パンだけでなく、クッキーもあるので、
コーヒーや紅茶で長時間楽しめそう。

R0022618.JPG

R0022655.JPG

R0022659.JPG

現代的な建物と、伝統的な日本庭園のコントラスト。
東京の中心部とは思えない自然を感じる都心のオアシス。

R0022674.JPG

R0022693.JPG


nice!(31)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

007 50 [Etc]

 


タグ:映画 CM
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

FedEx Dominoes [Etc]

 


タグ:CM Canada
nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

緑の龍 [ホテル]

1階エントランスの天井には、煌めくシャンデリア。
東京駅に近い、
シャングリ ラ ホテル東京
スタッフの笑顔とともにシャンデリアがゲストを迎える。

R0022566.JPG

R0022567.JPG

R0022565.JPG

エレベーターの天井にも、シャンデリアが輝く。
淡い朝の光の中、フロントレセプション奥にある、
Piacere(ピャチェーレ)の朝食へ。

R0022555.JPG

洗練された東洋の雰囲気。
控えめの照明に照らされる壁の絵は、
草木をモチーフにしたもの。
壁の格子模様は、中近東からアジアを思わせる、
独特の曲線を組み合わせたデザイン。

R0022556.JPG

静かに眠る高層ビル群を一望できる大きな窓。
高い天井は、優雅な気分にさせてくれる。

R0022552.JPG

R0022551.JPG

R0022506.JPG

大きなブッフェボードが置かれた一角には、
料理もグラスもプレートも準備が整っている。

R0022466.JPG

各種のジュース。
スムージー,トマトジュース,野菜ジュース,
フレッシュオレンジ,フレッシュグレープフルーツ、
そして、フレッシュメロンジュース。
フレッシュメロンジュースは、グラスからメロンの魅力的な香り。
さらりとしながら、メロンの果肉をいただいているかのような、
甘く品のあるジュース。

R0022479.JPG

R0022484.JPG

スモークサーモン,ビーフパストラミ,燻製の鴨,
アジアの庭園の、澄んだ池に浮かぶ花の蕾のような盛り付けの生ハム。
前菜に相応しい、魅力的な食材たち。
きれいに面取りしたアスパラガスのボイルに
あっさりとしたフレンチドレッシング。
香草ディルの香りが美味しいスモークサーモンと。

R0022469.JPG

R0022481.JPG

R0022486.JPG

R0022490.JPG

R0022478.JPG

R0022480.JPG

具材がきれいに配置された、和食の味噌汁も用意されている。
バケットには、大理石のカッティングボードで切り分けたチーズ。
パンは、あらかじめ、丁寧にカットしている。

R0022473.JPG

R0022474.JPG

R0022487.JPG

R0022489.JPG

テーブルで注文した、黄色が鮮やかなオムレツ。
付け合わせは、適度な厚みのベーコンと、
グリルトマトとソーセージ。

R0022485.JPG

R0022507.JPG

充実したペストリーたちの中、
干支の龍を描いたキューブ型のペストリー。
中には豆の、きれいなグリーンのペースト、
上品な甘さを楽しめる。

R0022471.JPG

R0022472.JPG

薄紅色の桃の点心を思わせるメロンパン、
中にはストロベリージャム。

R0022538.JPG

R0022527.JPG

マーブル模様のシフォンケーキ、
小豆と抹茶のマフィン、アプリコットジャムの入った揚げパン。

R0022537.JPG

R0022500.JPG

上品な甘さのマロンペースト、 
球形のメロンと、カスタードクリームが絶妙、
軽いサクサクのパイ生地が、組み合わせる食材の魅力を倍増させる。

R0022546.JPG

豊富なフレッシュフルーツには、
ナッツやドライフルーツを添えて。
オリエンタルな雰囲気がフルーツにも感じられる。
日本の果物として馴染みのある柿,
アジアを代表するマンゴーやパパイヤや、小ぶりのバナナ。
どのフルーツも丁寧にカットしてある。

R0022467.JPG

R0022470.JPG

R0022499.JPG

R0022529.JPG

徐々に明るさが増す東京駅周辺。
雲が移動し、広がる青空。

R0022530.JPG

R0022553.JPG

28階のエレベーターホールの窓からは、
手を延ばせば掴めそうな近くに東京スカイツリー
充実した品のある料理の後の青空は、
今日1日が穏やかに過ごせる予感。

R0022564.JPG

東京ホテル朝食日記の朝食会。
楽しい時間を、ありがとうございました。

R0022560.JPG


nice!(27)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

黒碗に映る摩天楼 [ホテル]

早朝の東京、汐留は夜と朝の境目の時間。
ロイヤルパーク汐留タワー(2013年10月からロイヤルパークホテル ザ 汐留
フロントレセプションのある24階へ。 

R0022450.JPG

R0022448.JPG

R0022451.JPG

エレベーターホールには、シックな造花のバラ。
到着したロビーラウンジには、丸い天使の輪のような照明。
昨夜は混雑したであろうバーカウンターは、
まだ静かに眠っている。

R0022445.JPG

R0022438.JPG

R0022441.JPG

R0022437.JPG

吹き抜けの階段を上って、
日本料理の
厨 車屋(みくり くるまや)の朝食。

R0022435.JPG

R0022433.JPG

正月らしい餅花。
案内されたのは窓際の席。
盃の御屠蘇は、夜明けの摩天楼を眺めながら。

R0022431.JPG

R0022414.JPG

R0022415.JPG

R0022418.JPG

窓の外の摩天楼が映る黒碗の蓋を取ると、
すまし仕立ての雑煮。
軽く焙った角餅,牛蒡,大根,
鶏のつくね,鮮やかな人参。
出汁は、甘みがあって豊かな味。

R0022430.JPG

R0022420.JPG

R0022426.JPG

R0022423.JPG

焼魚,明太子,出汁巻など定番料理に加えて、
黒豆,数の子,胡麻と落花生の和物,昆布巻など、
お節料理が楽しめる。

R0022421.JPG

R0022432.JPG

炊合せに出汁が、よく染み込んでいる。
そして、歯応えがうれしい、お浸し。

R0022425.JPG

R0022417.JPG

R0022424.JPG

開園前の浜離宮恩賜公園を眼下に眺めながら、
新年の温かいお茶をいただく。

R0022436.JPG


nice!(28)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新宿15坪の朝食 [グルメ]

雑踏の東京、新宿。
東口のルミネエスト地下1階にある、およそ15坪の小さなお店、

ビア&カフェ BERG(ベルク)に朝食をいただきに訪れる。 

R0022461.JPG

壁際のカウンターと、間隔の狭いテーブル席。
外と中、壁にはポスターやチラシが隙間なく。
メニューやアートやオブジェで埋め尽くされ、
どこか昭和のノスタルジックを感じさせる。
雑然とした中に、活気があって、居心地のいい雰囲気。
いろんな世代で混んでいるのは、新宿という場所だから。

R0022460.JPG

カウンターで注文して自分で席に持ってくるセルフサービス。
いい苦味のコーヒーで、ひと息。
半分のゆで卵に、しっとりしたマイスターポークハム。
やわらかい食感に、ちょうどいい塩味。

R0022458.JPG

R0022456.JPG

軽く焼いた天然酵母のパンは、しっとりして食べやすい。
バターを塗って、コーヒーと。
手作りのポテトサラダにコーンとフレッシュなレタスが添えられる。

R0022457.JPG

R0022459.JPG

新宿の雰囲気そのままを凝縮したような、
どこか懐かしい店。
吟味された素材を気負いなく提供している、
親しみの持てる店。

R0022462.JPG


nice!(35)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

竹が迎えるホテルの朝 [ホテル]

石を多用したデザインが印象的なホテル、
東京、渋谷の
セルリアンタワー東急ホテル
お正月の雰囲気いっぱいの中の朝食。 

R0022385.JPG

R0022331.JPG

R0022379.JPG

大きなロビーの中央には、
赤色,金色の長い竹をダイナミックに組んだ飾り。
レセプションカウンターの先にある、ガーデンキッチン かるめら。

R0022380.JPG

R0022377.JPG

窓の外は庭。
中央のブッフェボードに朝の光が差し込んでいる。

R0022375.JPG

R0022337.JPG

窓際には、数種類のジュースが並び、
常にスタッフがカットしたオレンジをジューサーに入れて、
美味しいフレッシュオレンジジュースを用意している。
トマトジュースを飲むことが多いが、
果肉たっぷりのオレンジジュースからスタート。

R0022333.JPG

R0022351.JPG

R0022349.JPG

R0022343.JPG

ハム,豆のサラダ,野菜には、フレンチドレッシングで。
エッグステーションで作ってもらったオムレツには、
しっとりタイプのベーコンを添えて。
クリスピーなベーコンや、温かい料理の種類も豊富。

R0022344.JPG

R0022334.JPG

R0022336.JPG

R0022352.JPG

R0022356.JPG

ボウルを被せて温かさを保つ、大きなハム。
ハムの横には、豚肉と相性のいいアップルソースや
ドイツ料理の代表ザワークラウトもある。
ポテトのクリーム煮も、ちょうどいい茹で具合。
ドイツ料理のような、ひと皿にしてみる。

R0022347.JPG

R0022340.JPG

パンの種類も豊富。
ゲラントの塩がアクセントになった美味しいパンは、縦長の円筒形。
クロワッサンと違ったサクッとした中に、ふんわりの印象的なパン。

R0022362.JPG

R0022341.JPG

ブッフェボードは洋食が中心。
和食メニューはなく、1品だけ中華粥がある。
クコの実,松の実,桜海老,
中華風の漬物,ラー油を添えて。

R0022353.JPG

R0022354.JPG

日本の冬と言えば、みかん、
フレッシュなカットフルーツに混じって、みかんが置かれている。

R0022350.JPG

R0022365.JPG

出来立てのスコーン,温かいフレンチトースト,
エッグステーションで焼かれているワッフル。
フレンチトーストにはメイプルシロップとバターを。
ミューズリーやプルーンやカットフルーツを周囲に配して。

R0022346.JPG

R0022355.JPG

R0022359.JPG

チョコレートのペストリーをいただく頃には、
宿泊ゲストのピーク時間を過ぎ、
ゆっくりと新聞を読みながら過ごす。
渋谷の喧騒とは違った時間が流れるホテル。

R0022361.JPG

R0022366.JPG

R0022388.JPG

R0022387.JPG


nice!(42)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

辰の息吹 [グルメ]

東京、青山通りにあるとらやの虎屋菓寮赤坂本店。
休日は車の通行量が少なく、大通り沿いでも静か。 

R0022411.JPG

R0022409.JPG

大きな角松の飾られた玄関。
地下に下りると、正月らしい緑の松と、赤い実がなる万両。

R0022408.JPG

R0022407.JPG

赤いシートが、どこか正月らしさを感じる広い店内。
2012年の干支に因んだ生菓子をいただく。

R0022393.JPG

辰年なので、3匹のタツノオトシゴが描かれた茶碗。
生菓子の名は、”辰の息吹(たつのいぶき)”。
紅餡を、卵の黄身に色付けして抹茶色にした黄身餡で包む。
金箔を散らして豪華で、力強い質感は、龍の印象。
上品な味は、新年を迎えるに相応しい。

R0022396.JPG

R0022395.JPG

R0022399.JPG

温かいお抹茶で、ひと息ついて、
新たな年が静かに、はじまる。

R0022397.JPG

R0022389.JPG

R0022406.JPG

R0022410.JPG


nice!(27)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理