消暑 [ホテル]

8月も終わり。
蒸し暑い東京、日比谷界隈。
ザ ペニンシュラ東京のHei Fung Terrace(起鳳臺)のランチ。 

R0024260.JPG

R0024221.JPG

蘇州の古来の庭園を模したデザイン。
湾曲した石垣に、テーブルの上には鳥籠。
暑い日に、ぴったりの名前のランチは、”消暑”。 

R0024247.JPG

ひと品目は、筒切りにした瓜が王冠のような蒸しスープ。
いろんな夏野菜が入って、薬膳香る上品な清湯。
温かいスープが、すっと喉を通る。 

R0024228.JPG

水滴の汗、水の入ったグラスには、細かい模様。
中国の情緒が、こんなところにも感じられる。 

R0024258.JPG

2品目は、品のある炒め物。
ゴーヤとキクラゲ,細切り豚肉は、あっさりの塩味。 

R0024238.JPG

R0024240.JPG

箸置きも特徴的。
帆をあげた中国式の船のデザイン。 

R0024232.JPG

R0024235.JPG

メイン料理は、スープ仕立て。
やわらかく火を通して、なめらかに仕上げたミル貝,帆立,海老。
魚介で採った白いスープに。
スープの底には、スライスした加賀太胡瓜。
ミル貝,帆立と同じ食感になるよう火を通している。 

R0024244.JPG

R0024242.JPG

R0024243.JPG

R0024246.JPG

真っ赤な辣油。
オレンジ色に近いスープが入った大きめのカップには、
四川風担担麺。

R0024234.JPG

まろやかな、胡麻風味のスープに時々辣油の、ほど良い刺激。
やさしい味付けは、ホテルのレストランらしい。

R0024248.JPG

R0024252.JPG

R0024253.JPG

R0024255.JPG

デザートは、マンゴーのオレンジ色のココナッツミルク。
タピオカがトッピング、とろりとしたスープの甘さに、
グレープフルーツの爽やかさが美味しい。 

R0024254.JPG

銀のボウルには、甘い餡を絡めた胡桃。
上品なコースは、消暑、つまり暑気を払うランチ。

R0024241.JPG

R0024261.JPG


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カリフォルニアのオムレツ [ホテル]

緑が美しい、シェラトン都ホテル東京の森。
休日の朝早く、大きな窓から眺める森。
静かに新聞を広げる。

R0024404.JPG

R0024407.JPG

R0024411.JPG

明るい、カフェ カリフォルニアで、
コース仕立てのプレミアム ブレックファスト。 

R0024399.JPG

R0024397.JPG

R0024376.JPG

トマト,オレンジ,アップル,グレープフルーツ、
4種類のジュースを、かわいいグラスで。 

R0024378.JPG

R0024377.JPG

球形のガラスボウルで提供される、
ニンジンのドレッシングをまとったサラダ。
新鮮な野菜のシャキシャキした感覚。 

R0024379.JPG

R0024380.JPG

R0024394.JPG

R0024381.JPG

5枚の花弁のようなプレートに、
ブルーベリー,チェリーのジャム,栗のハチミツ,リーブオイル,
砕いたヘーゼルナッツにゴマ,胡椒,少量の唐辛子を加えたもの。
このスパイスとオリーブオイルで、
トーストやクロワッサンをいただくと、香ばしい風味が新感覚。 

R0024382.JPG

メイン料理のオムレツは、
プチっとしたソーセージと厚くなく、薄くない、ちょうどいい厚さ。
普通のオムレツと違うのは、軽くホイップして焼いているので、スフレのような感覚。
トリュフ風味のソースと、キノコ,鶏肉,小さなラザニアが隠れている。 

R0024384.JPG

R0024385.JPG

R0024393.JPG

デザートは、ワッフルにヨーグルトソースと
フレッシュなフルーツ。 

R0024386.JPG

R0024388.JPG

パンの盛り合わせには、
チョコレートのデニッシュとアップルパイ。
コーヒーと楽しむ。

R0024389.JPG

R0024392.JPG

ブッフェスタイルの朝食は、中国料理 四川。
和の朝食は、上方料理 大和屋大和屋三玄 白金台店
そして、洋食のアラカルトとコースは、このカフェ カリフォルニア。
ひとつのホテルの3種類の朝は、
それぞれの良さがある。

R0024412.JPG


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

和洋中のパーフェクト [ホテル]

老舗ホテルの朝食がリニューアル。
ホテルニューオータニ東京の、コーヒーショップ SATSUKI。
これまでの洋食と和食のブッフェが、
”パーフェクトメニュー朝食ブッフェ”と命名して進化した。 

R0024512.JPG

夏休み中の土曜日。
エントランスには宿泊客の行列。

R0024500.JPG

R0024502.JPG

ジュースサーバーが並ぶだけでなく、
特製のビネガードリンクや特製ジュースが置かれている。
ミネラルウォーターも複数のブランドが揃う。 

R0024491.JPG

温かい料理は常に温かいように、大きなカッティングボードには、
大きなハムやスモークビーフのブロックを、シェフがカットしてくれる。 

R0024470.JPG

R0024478.JPG

スモークビーフは、まわりのペッパーが効いて、
中心は、しっとりして美味しい。 

R0024477.JPG

エッグステーションでプレーンオムレツ。
しっとりタイプとクリスピータイプ、2種類のベーコン。 

R0024463.JPG

並ぶクロワッサン。
デニッシュやパウンドケーキは食べやすい小ぶりなサイズ。
たくさん、いろんな種類が楽しめる。 

R0024489.JPG

R0024488.JPG

あらかじめ焼いたトーストもある。
このホテルの定番、ホイップした発酵バター。 

R0024464.JPG

R0024465.JPG

新しく出来たカウンターでは、和の小鉢と薬味。
スタッフが1人前ずつ茹でる、讃岐うどん。
温泉卵を添えて、こしのある口あたり。 

R0024466.JPG

R0024467.JPG

フレッシュな野菜は依然と変わらず、色鮮やか。
パルメザンチーズとブラックペッパー、
そしてフライドガーリックをトッピングして、オリジナルのサラダ。 

R0024492.JPG

R0024493.JPG

ナッツやドライフルーツはカウンターにポットで置かれ、
お好みで料理に添えることができる。 

R0024476.JPG

黒と緑のオリーブと、
ホテルの朝食の定番、スモークサーモン。 

R0024469.JPG

和の惣菜も以前と変わらず種類が多い。
素朴な定番の料理は、家族連れにもうれしい。 

R0024486.JPG

R0024487.JPG

これまでなかった料理ジャンル、中国料理が加わった。
鶏とカシューナッツの炒めもの、朝食メニューの中では、
しっかりしたメニュー。 

R0024494.JPG

シンプルな蒸し野菜の蒸籠のとなりには、
美味しそうな点心。
韮饅頭と焼売に、醤油と辛子。 

R0024490.JPG

R0024496.JPG

R0024511.JPG

R0024485.JPG

スイカがあると夏休みの雰囲気。
フレッシュなフルーツたち。
軽いライトから4種類、濃さの異なるメープルシロップを
レーズンブレッドのフレンチトーストに。
やわらかく仕上げたフレンチトースト。

R0024507.JPG

R0024508.JPG

メロンとプルーンにナッツを添えた、パンプディング。
ひんやりした口あたりが、料理の最後に相応しい。 

R0024498.JPG

絶えることなくゲストが並ぶ朝食。
東京ホテル朝食日記の朝食会。
楽しい時間を、ありがとうございました。
  

R0024516.JPG


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

フルーツジュースを楽しむ午後 [ホテル]

時々、ホテルのサイトを見ていると、
期間限定のユニークなフェアやイベントのお知らせに出会う。
ホテルオークラ東京のバー、オーキッドバーの
夏らしい企画、「リ フレッシュ フルーツジュース アフタヌーン」。
生の果実を使ったジュース10品を、14:00から17:00まで、
好きなだけ、いただけるので本を携えて涼みに行く。

R0024369.JPG

本館のロビーから少し奥。
落ち着いた雰囲気の、伝統のバー。 

R0024461.JPG

日の高い時間は、夜のバーの姿ではなく、
明るく快適な空間。
座り心地がいい、よく手入れされたソファー。

R0024338.JPG

黒糖の特製シロップを添えた、アイスグァバティーから、はじめる。
グァバの風味と紅茶の、すっきりした味が夏向き。
シロップを入れると、複雑で贅沢な甘さが美味しい。

R0024342.JPG

濃厚でいて、すっきりした甘さのバナナジュース。
ミキサーで撹拌して、適度に空気を含んで、口あたりが軽い。 

R0024349.JPG

R0024347.JPG

柑橘系の果実がうれしい季節。
爽やかな、シークヮサースカッシュ、見た目も涼しげ。 

R0024350.JPG

生の桃を食べているような、桃より桃らしいピーチジュース。
淡いピンク色も美しい。 

R0024352.JPG

R0024367.JPG

アセロラパンチは、体の中から綺麗になりそうな、1杯。
アセロラを3粒浮かせている。

R0024362.JPG

ミントの香りが広がる中に、ほのかなハチミツ。
ハーブハニーレモンジュース、暑さが一瞬で去って行く。 

R0024431.JPG

R0024345.JPG

カットしたオレンジを添えた、マンゴーオレンジジュース。
マンゴーのエキゾチックな甘さとオレンジの絶妙の配分。 

R0024432.JPG

キウイとグレープフルーツの爽やかなコンビネーション。
緑色が美しい、キウイグレープフルーツジュース。 

R0024438.JPG

R0024440.JPG

ラズベリー,クランベリー,ブルーベリーを贅沢に、たっぷり使った、
ベリーベリーベリージュース。 

R0024447.JPG

10種類のフレッシュジュースの最後は、
淡いグリーンのメロンジュース。
生の熟したメロンの味が堪能できる。

R0024457.JPG

どのフレッシュジュースも、丁寧に作られて、
夏のノンアルコールカクテルとして、1杯でも十分楽しめるクオリティー。
ゆっくり読書しながら、体の中から綺麗になる飲物たち。 

R0024448.JPG


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

メイプルシロップの朝 [ホテル]

静かな休日の朝のロビー。
帝国ホテル東京のロビーは、朝7時前は静まりかえった時間。

R0024302.JPG

丁寧にメンテナンスされた美しいロビーは、
クラシカルでモダンなデザインのカーペット,柱,椅子、
どこを見ても落ち着いて気品がある。 

R0024296.JPG

R0024297.JPG

カーペットの幾何学模様に影を映す、
夏の象徴の向日葵の鮮やかな花。 

R0024294.JPG

上階のレストランは、夏休みの宿泊ゲストで入店の行列が出来ているが、
1階のパークサイドダイナーは、常連客が多く、落ち着いて朝食がいただける。 

R0024290.JPG

アメリカのダイナーを彷彿とさせるデザイン。
真っ赤なソファーや、カジュアルな雰囲気。
クラシカルな模様のカップで、まず温かいコーヒー。 

R0024283.JPG

R0024281.JPG

フレンチトーストは、厚めにカットしたバケットに、
卵とミルクを、たっぷり吸わせた豊かな味。
やわらかくて、しっとりして、ほど良い甘さ。
たっぷりとメイプルシロップに浸すのも、
また美味しい。 

R0024275.JPG

R0024277.JPG

R0024276.JPG

カリッとしたクリスピータイプのベーコンは、
その塩味で、甘かった口の中を引き締めてくれる役割。 

R0024278.JPG

R0024282.JPG

外は夏の暑さ、
千鳥格子模様のカーペットのレストランで快適な朝食。

R0024285.JPG

R0024299.JPG


nice!(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

エッグベネディクトとアンデルセン [グルメ]

休日の表参道駅で、地下鉄を降りる。
焼きたてのパンの香りに誘われて、
青山アンデルセンで朝食。

R0024426.JPG

R0024413.JPG

2階と3階はレストラン。
鮮やかなブルーと木目の美しい椅子が並ぶ、
北欧らしいデザイン。 

R0024423.JPG

大きなバスケットに入ったパンたち。
スタッフが席まで運ぶバスケットには、
魅力的なパンの香り。
レーズンブレッドとクロワッサン。
しっとりしたレーズンブレッドは、何も付けなくても自然な甘さが美味しい。
クロワッサンは、さっくり。

R0024421.JPG

R0024414.JPG

デンマークのKay Bojesen(カイ ボイスン)製の
木製の衛兵が見守る。

R0024416.JPG

たっぷりのオランデーズソース(メニューにはオーロラソース)に
たまらなく美味しそうな焼き色。
添えられたフレッシュなレタスの緑が鮮やか。
ぷっくりしたポーチドエッグは、触るとすぐに割れてしまいそう。

R0024419.JPG

R0024418.JPG

R0024417.JPG

ナイフはいらない、スプーンで簡単に割れて、
流れ出す卵の黄身。
プレートの縁に溢れ出す。
ソースと黄身を含んだイングリッシュマフィンが美味しい。 

R0024420.JPG

ポットで提供される温かい紅茶をいただきながら、
青山通りを走る車を眺めて、
近くのBrooks Brothersの開店を待つ。 

R0024415.JPG

R0024427.JPG


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

夏休みの風景 [ホテル]

夏の強い日差し。
近くの東京スカイツリー東京ディズニーリゾートに向かう、
たくさんの宿泊ゲストたち。
東京の中心部から東の方向にある、
ホテル イースト21 東京の朝食。 

R0024220.JPG

R0024219.JPG

2階までの吹き抜けの横を通り、
早朝から営業しているブラスリー ハーモニーへ。
夏休みの子供たちで混雑している。 

R0024216.JPG

R0024208.JPG

並ぶジュースサーバーからトマトジュース。
品数は少なく、コーヒーはセルフサービスながら、
洋食と和食を揃え、エッグステーションもある。 

R0024201.JPG

R0024202.JPG

R0024209.JPG

新鮮な野菜から、ホワイトアスパラガスを、どっさり。
フレンチドレッシングでいただく。 

R0024203.JPG

R0024210.JPG

しっとりタイプとクリスピータイプのベーコンに、
エッグステーションで焼いてもらったプレーンオムレツ。 

R0024199.JPG

R0024213.JPG

R0024204.JPG

R0024200.JPG

素朴な和の惣菜もあり、
子供から年配のゲストまで配慮している。 

R0024205.JPG

R0024206.JPG

R0024212.JPG

パンケーキと、バケットのフレンチトースト。
メイプルシロップとハチミツで。 

R0024211.JPG

R0024207.JPG

真黒に日焼けして、これから試合に行く少年野球チームや、
これから遊びに行くたくさんの子供で賑わうレストラン。

R0024215.JPG


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

真夏の芝桜 [ホテル]

芝公園の、ザ プリンス パークタワー東京の建物内部を貫く吹き抜け。
エレベーターシャフトが、最上階まで続く、まるで未来都市の一部。

R0024192.JPG

R0024198.JPG

日本料理 芝桜から眺める外の風景は、植栽があり、
店内には瓦屋根を模した日本家屋の佇まいをデザイン。
近代的なホテルの、もうひとつの姿。 

R0024180.JPG

R0024184.JPG

R0024185.JPG

R0024186.JPG

ランチは、魚料理中心の丁寧な仕事。
刺身は鮪の赤身。
金目鯛の煮物は、上品な、いい塩梅の味付け。
やわらかくて脂ののった金目鯛、出汁を含んだ野菜。
すっきりした後味の煮汁まで、余すことなくいただいた。

R0024188.JPG

R0024181.JPG

小鉢の、揚げ浸しや蟹の酢の物も上品。
外の光差し込む中、ゆったりと食事ができる。

R0024189.JPG

R0024190.JPG

R0024187.JPG

仕切られた掘り炬燵のある個室もあり、
近代的なホテルでありながら、落ち着けるレストラン。

R0024195.JPG


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

北極星のカウンター [ホテル]

エントランスの床に投影されたアルファベット"P"。
星のマークがあるのは、
京王プラザホテルのバー、Polestar、つまり北極星。

R0024159.JPG

ボトルの向こうに、ふたつの塔、東京都庁。
抑えた照明に周囲のビル群の輝きが映える。 

R0024148.JPG

モヒートのコリンズグラス,窓枠,都庁、
すべて縦の直線で構成する新宿の夜。 

R0024151.JPG

R0024158.JPG

青いコースターに、散らした星。
カリッとした薄めのパンのクラブハウスサンドウィッチ。
茹で卵を潰して、マヨネーズと和えたソースが、やさしい味。 

R0024153.JPG

R0024149.JPG

R0024155.JPG

R0024156.JPG

関東を一望できるような、
絶好のロケーションのバー。 

R0024157.JPG


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理