港を眺める籐の椅子 [ホテル]

横浜、山下公園の噴水の向こうに見える老舗ホテル、
ホテルニューグランドのタワー。 

R0024784.JPG

R0024783.JPG

静かな朝にも関わらず、
ホテルの周囲は、ブルーのパイロンやフェンス、
揃いのロゴのTシャツのスタッフ、そして報道関係者。
タワーのロビーは、広くはないが、落ち着いた雰囲気。

R0024782.JPG

R0024738.JPG

タワー5階の、パノラミック レストラン ル ノルマンディは、
海をイメージさせるブルーのシートが迎えてくれる。

R0024741.JPG

爽やかな朝の光と、目の前に広がる横浜港。
窓際は、海辺のリゾートのような素晴らしい眺め。 

R0024742.JPG

R0024745.JPG

R0024752.JPG

既に朝食の準備が整い、
案内されたのは、窓際の特等席。
倉庫群,氷川丸,公園,遠くに東京のビル群,
近代的な、横浜みなとみらい21地区まで、一望できる。

R0024776.JPG

R0024777.JPG

籐の椅子の座面は、ブルーのストライプ。
海を眺めながら、朝食がスタート、
トラディショナルな洋食のブッフェスタイル。 

R0024758.JPG

R0024753.JPG

スープは2種類。
温かい野菜のスープと、珍しい冷たいコーンポタージュ。
甘さと、さらりとした口あたり。

R0024763.JPG

扇型に盛り付けた厚みのあるスモークサーモン。
そして、コールドミート。
銀盆がクラシカルな雰囲気を醸し出す。 

R0024748.JPG

R0024746.JPG

R0024757.JPG

パンとペストリー。
種類は多くないものの、わかりやすく美しい配置がいい。
オーバルのトレイにバターが並び、ナプキンの下は氷。
老舗ホテルならではの気配りが随所に見られる。 

R0024750.JPG

R0024756.JPG

R0024774.JPG

テーブルでオーダーした、大きめのプレーンオムレツ。
ふっくらした形が美しい、中はトロトロ。 

R0024760.JPG

R0024761.JPG

R0024755.JPG

熟成したワインのような色合いのベーコン。
太めのソーセージ,ポテトとコンビーフのソテー、
そしてスクランブルエッグ。 

R0024754.JPG

R0024762.JPG

R0024749.JPG

クラシックなホテルでは外せないポテトサラダは期待通りの味。
フレッシュな野菜は、シンプルなフレンチドレッシングで。 

R0024764.JPG

R0024747.JPG

挽肉の旨味が出ているソースとショートパスタ。
ボリュームもあって、単品の料理としていただける美味しさ。 

R0024765.JPG

R0024780.JPG

R0024770.JPG

パンケーキにメイプルシロップと、
フレッシュなフルーツ。
どれもクラシカルで丁寧な料理たち。
目の前に広がる海では、今まさにレースがはじまろうとしている。

R0024772.JPG 

R0024781.JPG

ホテルの周囲には、徐々に人通りが増え、
ホテルの前を疾走する自転車は、プロのトライアスリート。 
2012世界トライアスロンシリーズ横浜大会がはじまっている。

R0024814.JPG

R0024798.JPG

ホテル本館は、歴史を感じる佇まい。
重厚な造りの中に、よく見ると和風のデザイン。
ライトのシェードや石造りの模様、
そして、エレベーターの周囲には天女が舞う。 

R0024796.JPG

R0024802.JPG

R0024808.JPG

R0024810.JPG

パティオには、クラシックな噴水。
落ち着いたホテルでいただく、
晴れた日の朝食は清々しい気分にさせてくれた。

R0024811.JPG

R0024792.JPG

R0024789.JPG


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

雨の朝のローズウッド [ホテル]

音をたてて降る雨の朝。
神田駿河台の丘の上に建つ、山の上ホテル。 

R0024689.JPG

別館のロビーに入ると、雨音は聞こえず、
よく手入れされた歴史ある調度品が迎えてくれる。 

R0024687.JPG

R0024685.JPG

R0024684.JPG

新しいホテルにはない落ち着いた佇まい。
ワイン&レストラン アビアントーで、朝食。 

R0024676.JPG

赤みがかった木目、
赤ワインのように熟成した色合いのローズウッドは、歴史を感じる雰囲気。
使い込まれたカトラリーや銀のポット、
使い込まれたテーブルや椅子。 

R0024675.JPG

R0024654.JPG

R0024668.JPG

雨で肌寒い朝にうれしいホットコーヒー。
クラシックなプリントのコースターに、
冷えたトマトジュース。 

R0024671.JPG

R0024647.JPG

軽いトースト,さっくりしたクロワッサン,
白くて、ふんわりとしたハイジロール。
温かさを逃さないよう、ナプキンで包まれている。 

R0024661.JPG

R0024662.JPG

R0024652.JPG

たっぷりのマッシュルームと小エビを巻いたオムレツは、
煮込んだトマトソースの酸味がいい。 

R0024659.JPG

R0024660.JPG

R0024672.JPG

フレッシュな野菜は、シンプルなドレッシングで。 

R0024663.JPG

クラシックなホテルで、丁寧な料理の朝食。
外は大雨でも豊かな気分。 

R0024656.JPG


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

バイキングの殿堂 2012 [ホテル]

いつもロビーの生花が綺麗な、
帝国ホテル東京のロビー。
思わずデジカメを向け、写真に納まるゲストが絶えない。 

R0024638.JPG

R0024632.JPG

17階の、インペリアル バイキング サールの朝食。
ここは、ブッフェスタイル”バイキング”を、はじめたレストラン。

R0024597.JPG

洋食,和食の豊富なメニューは中央のブッフェボードに。
趣向を凝らした料理や、シンプルでも、いい素材が並ぶ。 

R0024610.JPG

厚めのスモークサーモンは、新鮮で、しっとり。
スモークビーフや、ハムなどコールドミートに、
オリーブやピクルスを添えて。 

R0024600.JPG 

R0024625.JPG

エッグステーションで手際良く焼いてもらったプレーンオムレツ。
大きめにオーダーして、美しい楕円形が美味しそう。
しっとりと、クリスピーのベーコン。
2種類のソーセージ。 

R0024594.JPG

R0024617.JPG

ホウレンソウのクリーム煮や、
カリフラワーとブロッコリーを中心にした野菜のソテー。
シンプルなニンジンのサラダを。
定番のポテトサラダも老舗ホテルらしい安定した美味しさ。 

R0024605.JPG

R0024618.JPG

パケットやトーストなど、パンの種類も豊富。
サクサクのクロワッサンやデニッシュ。 

R0024607.JPG

R0024608.JPG

R0024609.JPG

R0024601.JPG

和食コーナーは入り口近くにある。
御飯,お粥,お味噌汁は、スタッフがサーブしてくれる。
素朴に見えて、厳選した素材と丁寧な仕事が光る。
この日の焼魚は、アイナメ。
氷水に、気持ち良さそうに白い豆腐。 

R0024616.JPG

R0024602.JPG

R0024603.JPG

大ぶりの甘さと塩気が、ちょうどいい梅干し。
御飯に、とろろと生醤油が、とても美味しい。 

R0024615.JPG

R0024614.JPG

ワッフル,パンケーキ,フレンチトーストの3種類が揃うデザート系。
焼きたてのパンケーキにバターと、たっぷりのハチミツ。
バケットのフレンチトーストにはメイプルシロップ。 

R0024604.JPG

R0024606.JPG

R0024613.JPG

R0024598.JPG

甘いフレッシュなフルーツたち。
9月になっても暑いので、甘いスイカが美味しく感じる。
老舗ホテルの朝食に不可欠なシロップで煮たプルーン。 

R0024599.JPG 

R0024628.JPG

広い窓から東京の景色。
少し曇っていても、窓から十分な朝の光。
東京ホテル朝食日記の朝食会。
楽しい時間を、ありがとうございました。
 

R0024627.JPG


nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

富士屋ホテルのポテトサラダ [ホテル]

東京駅の八重洲口から徒歩5分。
東京駅を囲むホテルの中でも、便利な立地。
八重洲富士屋ホテルのエントランス。

R0024585.JPG

螺旋階段を登ると、ダイニング & バー ウィステリア。
奥に進むと、カジュアルなバーカウンター。

R0024583.JPG

R0024582.JPG

まだまだ暑い外気、
レッドアイの冷えたグラスが涼しい感じ。 

R0024578.JPG

R0024579.JPG

箱根の富士屋ホテルのレシピのポテトサラダ。
ピンクペッパーと、セルクルで丸く盛り付けた様子は、
素朴な味のポテトサラダを、オードブルに見せる。
あっさりした味、大小のポテトが変化を付けて美味しい。 

R0024580.JPG

ひさしぶりに箱根を思い出す夕刻。 

R0024584.JPG


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

マロンシャンティの影 [ホテル]

何度も訪れている、京王プラザホテル
フロントレセプションの奥に広いラウンジ。
カクテル&ティーラウンジのバーカウンター。

R0024540.JPG

R0024542.JPG

R0024533.JPG

暑さを払う1杯。
アイスフレッシュハーブティー。
コリンズグラスに入ったモヒートのような涼しい眺め。
すっきりした味。 

R0024539.JPG

R0024548.JPG

バニラアイスクリームに、
秋の訪れ、マロンクリームを、
そして、真っ白なクレームシャンティと、ひと粒のマロン。 

R0024545.JPG

早く食べないと、溶けてしまう。
バーカウンターで、スイーツとコーヒーもいい。 

R0024544.JPG

R0024543.JPG

R0024538.JPG


nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

釜炊き御飯の音 [ホテル]

ハイアットリージェンシー東京の朝。
ロビーの大きなシャンデリアが放つ光。 

R0024334.JPG 

R0024329.JPG

日本料理 佳香(かこう)で、落ち着いた朝食。 

R0024330.JPG

R0024326.JPG

大きな窓から光が差し、
ことことと、小さな釜から御飯が炊ける音。 

R0024318.JPG

R0024307.JPG

ひとりずつ、炊きたての御飯が楽しめる贅沢な和朝食膳。
美味しい味噌汁,焼魚,彩り小鉢が並ぶ。 

R0024306.JPG

R0024308.JPG

R0024303.JPG

新鮮な鮪の刺身。
どれも丁寧な仕事。
テーブルの、小梅と、もろみ味噌で御飯をお替り。 

R0024313.JPG

R0024316.JPG

R0024328.JPG

冷えたフルーツのジュレ寄せがデザート。
温かいお茶をいただき、新聞を広げる。
ゆっくりはじまる休日。 

R0024314.JPG


nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Oslo & Tokyo [グルメ]

渋谷区の大通りを入った路地に、
2階建の小さな家、家ではなくカフェ。 

R0024528.JPG

ノルウェー語で”鳥”を意味する、Cafe Fuglen Tokyo
ノルウェーの首都オスロに続く2号店。 

R0024526.JPG

店内は、ノルウェーのナチュラルでシンプルなデザイン。
新しくて、どこか懐かしい。 

R0024525.JPG

リクエストしたコーヒーは、
存在感のある、しっかりした味で、
ブラックで美味しいもの。
ハンドドリップで1杯ずつ丁寧に淹れたコーヒーは、
パッケージが、ちょっと恐ろしい、その名も、Hell。
深い味と温かさに、秋の近さを感じる。

R0024518.JPG

R0024519.JPG

座りやすくて、デザインがシンプルなソファに腰掛けて、
ゆっくり雑誌を広げて過ごす。 

R0024522.JPG

R0024523.JPG

R0024524.JPG

外は暑い夏の午後。
落ち着いてから、渋谷方面へ。

R0024521.JPG

R0024520.JPG


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理