雷門のエッグベメディクト [ホテル]

朝日を背にして、
シルエットが浮かび上がる東京スカイツリー。 
早朝の浅草の街。

R0025063.JPG

R0025064.JPG

浅草寺、雷門の斜め向かい側に
2012年8月にオープンしたばかりのホテルがある。
ザ ゲートホテル雷門 by HULICのロゴは、
漢字の”門”をデザイン化したもの。

R0025066.JPG

エレベーターで着いた13階。
フロントレセプションの前の窓から、
浅草の街と雷門を見渡せる。 

R0025108.JPG

R0025110.JPG

R0025105.JPG

R レストラン & バーは、壁側にバーカウンター、
窓側に、東京スカイツリーを間近に臨むテーブル席と、
気持ちのいい、バルコニー。 

R0025104.JPG

R0025084.JPG

R0025071.JPG

奥の広い空間に、ブッフェボードが置かれている。 
野菜中心のベジタブルブッフェ。

R0025103.JPG

R0025101.JPG

大きめのカップでいただく温かいコーヒー。
お替りは、スタッフが、すぐに気付いてくれる。
スタッフが絞るフレッシュオレンジジュース。
グラスに朝日が差し込む。 

R0025073.JPG

R0025080.JPG

卵料理はテーブルでオーダーするスタイル。
スクランブルエッグか、エッグベネディクトを選べる。
オーダーしたエッグベネディクトは、
燻製の香りが美味しい厚めのベーコンにオランデーズソースと、
サーモンを敷いた、卵2個。
卵の濃い黄色、オレンジ色に近い黄身が流れ出る。
出来たての温かい卵料理がうれしい。 

R0025086.JPG

R0025090.JPG

R0025102.JPG

パンは、バケット,レーズンブレッド,クロワッサンの3種類。 
テーブルには、贅沢にECHIRE(エシレ)のバター。

R0025096.JPG

R0025085.JPG

赤色がきれいな、マリネしたトマト。
ソテーしたナスや、シンプルに茹でたカボチャ。
ホウレンソウや、自然な甘さが美味しいレーズンとニンジンのサラダ。 
素朴な味付けが美味しい野菜。

R0025078.JPG

R0025076.JPG

R0025077.JPG

R0025091.JPG

マヨネーズソースで和えたキュウリ。
ダイコンや葉物野菜は和風のドレッシングで。

R0025074.JPG

R0025094.JPG

温かい料理は、
蒸したジャガイモや、タマネギの甘さを活かしたラタトゥイユ。
ジェノベーゼソースをアクセントにしたペンネもある。 

R0025075.JPG

品数を絞っているので、
ジュースはフレッシュオレンジジュース1種類。

シリアル,ハム,ヨーグルト,フルーツ,デニッシュはない。
シンプルなブッフェながら、
新鮮な素材を、シンプルに、丁寧に調理。
浅草寺の五重塔が、
はっきり見える晴れた空が気持ちいい。

R0025100.JPG

R0025112.JPG


nice!(18)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

フレンチトーストバー [ホテル]

ブッフェスタイルに特化したレストランは、
大型ホテルに欠かせなくなった。
朝食に個性的なメニューを提供するホテルニューオータニ東京
洋食ブッフェ Top of The Tower。 

R0025047.JPG

R0025043.JPG

メインエントランスから、
ロビー階の通路を歩いて、ガーデンタワーへ。

R0025040.JPG

40階の、洋食ブッフェ Top of The Towerは、
その名の通りブッフェスタイルのレストラン。
ゆったりとした朝食ではなく、
団体客や、忙しいビジネスマンにスムーズに朝食を提供するよう、
テーブルと椅子が配置されている。
朝日が差す窓からは、東京タワー

R0025004.JPG

R0025033.JPG

シリアルの入ったケースと牛乳の向こうに広がるのは、
朝日を浴びる新宿のビル群。 

R0025005.JPG

新宿を望む一角にブッフェボードがある。
まず、チーズがトロトロの大きなオムレツ。
ベーコン,ソーセージ,ハム,ポテトなど温かい料理。 

R0025009.JPG

R0025008.JPG

R0025019.JPG

固めと、やわらかめ2種類のベーコンに、
珍しいチキンとハーブのソーセージ。 
溶けたチーズが糸を引くオムレツと、スクランブルエッグ。

R0025001.JPG

R0025010.JPG

R0025011.JPG

あらかじめ焼いてあるトーストや、
たべやすい大きさのデニッシュたち。
サクサクのクロワッサン。 

R0025002.JPG

地上の森や林を背景にしたフレッシュな野菜。
朝食には珍しいタコのマリネにブラックオリーブ、
コールドミートと、クリームとペッパーのチーズを添えて。

R0025007.JPG

R0025003.JPG

コーヒーショップ SATSUKIのようなオープンキッチンはないものの、
和食のメニューも充実している。
御飯,玄米粥,中華粥の他、讃岐うどんも置いている。 

R0025006.JPG

R0025015.JPG

R0025014.JPG

R0025031.JPG

ミニパンケーキやパンプディングの横には、
珍しい”フレンチトーストバー”がある。
専任のスタッフが焼くフレンチトースト。
甘いデザートだけでなく、食事として楽しめるフレンチトーストもある。
トッピングやソースのバリエーションも豊富。
フレンチトーストをアレンジできる。

R0025016.JPG

R0025024.JPG

R0025018.JPG

イタリアンのフォカッチャは、ローズマリーの香りが効いたフレンチトーストに。
野菜を刻んだソースと、チーズクリームを添えて。
薄めのトーストをフレンチトーストにして、チーズをのせたマルゲリータ風には、
トマトソースと、トマトのマリネ、パルメザンチーズを。
フレンチトーストに、
チェダーチーズとハムを挟んだクロックムッシュ風は、ボリュームがある。

R0025020.JPG

細めのバケットには、
卵とオレンジジュースを、たっぷり含ませているので、
姿のないオレンジが美味しく香る、フレンチトースト オレンジーナ。
クロテッドバターとハチミツをトッピング。
そして、ノルマンディ フレンチトーストは、
レーズンブレッドのフレンチトースト。
3種類のソースでいただくことに。
オレンジとグレープフルーツのソースで、さっぱりと。
バナナとリンゴをキャラメリゼした甘さが濃厚なソース。
そして、栗とココナッツのクリームソースが新たな美味しさ。
栗の風味と食感と、カボチャの種がアクセントになって、
ココナッツがクリームを軽く仕上げている。

R0025021.JPG

R0025012.JPG

R0025013.JPG

最後に、季節の梨や柿などフレッシュフルーツと、
シロップ漬けのフルーツ。
差し込む朝日が気持ちいい朝。

R0025032.JPG

R0025034.JPG


nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

誰もいないロビー [ホテル]

早朝の、京王プラザホテル
いつもは団体客で混雑するメインロビーは、
ジョギングから戻った外国人ゲストが通リ過ぎるだけ。

R0024956.JPG

R0024950.JPG

2階は、フロアの端から端まで、レストランやバーが並ぶ。
朝食を提供するのは、
コーヒーハウス 樹林,スーパーブッフェ グラスコート,新和食 かがりの3店。
この日は、宿泊客が多く、中国料理 南園も和洋ブッフェを提供。 

R0024958.JPG

朝食は、和定食と和食ブッフェの、
新和食 かがりに、はじめて訪れる。
太い材木の柱を使って古民家をイメージさせる民芸調のデザイン。
ブッフェボードは、エントランス近くの一室に並ぶ。

R0024980.JPG

飲物は、お茶以外に、ジュース,ミルク,コーヒーもある。
ソーセージ,ハム,サラダ,フルーツ以外は、和の料理。
焼魚は、鮭と白身の2種類。 

R0024976.JPG

R0024961.JPG

R0024972.JPG

御飯にうれしい、とろろには醤油と山葵で。
蒟蒻の煮物,玉子焼,小蕪と人参の煮物に、
あたたかい鶏そぼろ餡。 

R0024963.JPG

R0024981.JPG

蒸籠に蒸し上がった茶碗蒸し。
中は、しめじ、薄味で、やわらかい。

R0024964.JPG

R0024985.JPG

湯豆腐には、たっぷりの生姜と刻み葱。
御飯,お粥,味噌汁は、常時スタッフがスタンバイしており、提供してくれる。
1杯目は御飯,2杯目は、お粥に葉唐辛子。 

R0024967.JPG

R0024973.JPG

R0024977.JPG

R0024983.JPG

R0024975.JPG

醤油味の太い麺、焼うどんもある。 

R0024968.JPG

R0024974.JPG

野菜サラダには、梅風味のドレッシングで、さっぱりと。 

R0024965.JPG

R0024982.JPG

店の奥はカウンターや、ガラスを使ったデザインの広い空間も。
デザートは、メロンと黒蜜をかけた、わらび餅。 

R0024959.JPG

R0024966.JPG

コーヒーハウス 樹林,スーパーブッフェ グラスコートと比較すると、
団体客や家族連れが少なく、年齢層は高め。
落ち着いて和の朝食がいただける。

R0024984.JPG


nice!(21)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

雲の中のトライベックス [ホテル]

雨雲が覆う東京の朝。
いつもは遠くまで見える、地上100mの、
小田急ホテル センチュリー サザンタワーのロビー。 

R0024894.JPG

R0024898.JPG

時おり、風に煽られた雨粒が窓を濡らす。
早朝にも関わらず、たくさんの宿泊客で混雑する、
レストラン トライベックスの朝食は、ブッフェスタイル。 

R0024890.JPG

R0024896.JPG

R0024875.JPG

R0024899.JPG

R0024934.JPG

R0024878.JPG

オープンキッチンに並んだ温かい料理から、
ポテトと温野菜と、スクランブルエッグ。
珍しい料理は、卵白を、ふわふわにまとめたホワイトスクランブルエッグ。
軽い塩味、真っ白の姿が新鮮。

R0024917.JPG

R0024903.JPG

エッグステーションにオーダーしたのは、
ホウレンソウ入りの、大きめのオムレツ。
クリスピーと厚めの2種のベーコン、太めのソーセージを添えて。 

R0024905.JPG

R0024925.JPG

R0024862.JPG

パンとペストリーの品数は、さほど多くないが、
必要十分な量が揃う。 

R0024924.JPG

R0024901.JPG

R0024865.JPG

ハムと野菜は、フレンチドレッシングで。
そして、窓際に並んだ和食メニュー。
お粥,御飯,味噌汁、
惣菜は、定番の焼魚,玉子焼,冷奴,ひじきや豆の煮物。 

R0024933.JPG

R0024867.JPG

R0024871.JPG

R0024912.JPG

R0024942.JPG

R0024869.JPG

焼きたてのワッフル。
ハチミツ,リンゴのジャム,メイプルシロップを混ぜ込んだメイプルバター。
フルーツカクテルとフレッシュなフルーツで豪華な装い。
ジャムをのせても、サクサクの食感を保って、美味しくいただける。

R0024921.JPG

R0024929.JPG

R0024874.JPG

R0024915.JPG

R0024945.JPG

レモンティーとバナナマフィン。
しっかりとバナナの香り、たっぷりのナッツ。

R0024931.JPG

R0024891.JPG

東京ホテル朝食日記の朝食会。

楽しい時間を、ありがとうございました。 

R0024947.JPG 


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋の夜長の楽しみ方 [ホテル]

一見、無機質に思えるシンプルなデザイン。
シェラトン都ホテル東京の、M BAR。

R0024567.JPG

R0024563.JPG

木の床、
そして、太い樹木の表皮の形状を残したカウンター。
ジャズが流れ、シガーを燻らせるゲスト。 

R0024566.JPG

目の前で、手際よく出来あがる、ヴァージン モヒート。
クラッシュした氷で満たされたグラスを傾けると、
ミントとライムの上品な香り。 

R0024559.JPG

R0024560.JPG

R0024568.JPG

R0024561.JPG

奥の居心地のいいソファーも魅力的。
カウンターで、ゆっくり過ごすのも魅力的。 

R0024575.JPG

都内にありながら、ホテルの中に森のような庭園。
涼しさに誘われて、外に出ると、
ライトアップされて、緑色が昼間よりも鮮明。

R0024570.JPG

R0024572.JPG

緑豊かなホテルの夜は、
華やかな夏と違った趣がある。

R0024577.JPG


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

夜のチャペル [ホテル]

夕方になって、ホテルの明かりが灯りはじめる時間。
森に囲まれた、フォレスト イン 昭和館。 

R0024690.JPG

R0024694.JPG

小鳥と、草木の葉や花弁を組み合わせた、いいロゴ。
夕食は、レストラン セントロで。 

R0024730.JPG

前菜とデザートはブッフェスタイル、
メイン料理はテーブルでオーダー。
前菜は温かい料理と冷たい料理。 

R0024709.JPG

R0024704.JPG

イタリア風やスペイン風の料理が並ぶ。
生ハムとナスのピクルス,ホタテのサラダ仕立て,タンドリーチキンと野菜のソテー,
バルサミコ風味の太刀魚のマリネ,ヤリイカとキノコのスペイン風マリネ。
どれも味付けにバリエーションがあって楽しめる。 

R0024699.JPG

秋の訪れを感じるパンプキンのポタージュ。
ディルとケイパーでシンプルにいただくスモークサーモン,
ホタテとは違った独特の食感がうれしい平貝。 

R0024698.JPG

R0024705.JPG

R0024697.JPG

R0024729.JPG

レモンで煮たチキンは、爽やかな味。
レーズンがアクセントのアジのソテー。 

R0024701.JPG

R0024700.JPG

メイン料理に選んだのは、
ミンチをファルスした、地養鶏のバロティーヌ、
粒マスタードが効いたソースで。
鶏肉を巻いて火を入れているので、やわらかくて美味しい。

R0024706.JPG

R0024717.JPG

充実したデザートたち。
色が美しい、タピオカとブドウのジュレ仕立てとパンナコッタは、
細いガラスの器。
バニラビーンズが、たっぷり入ったプディングには、
イチゴのトッピング。

R0024702.JPG

R0024703.JPG

R0024723.JPG

R0024716.JPG

秋を感じるブドウのシャーベットと、バニラのアイスクリーム。 

R0024720.JPG

R0024710.JPG

大きなイチゴのショートケーキと、
抹茶のムース仕立て。 

R0024724.JPG

R0024714.JPG

R0024711.JPG

これも秋を感じる2品。
ナッツがたっぷりのタルトと、
甘く煮含めた栗がのるモンブラン。 

R0024725.JPG

ゆったりと、ブッフェボードの料理を楽しめるのは、
郊外のホテルならでは。
すべての料理が丁寧に調理されているので安心していただける。
すっかり暗くなった庭に、明かりが灯ったチャペルが佇む。 

R0024732.JPG


nice!(28)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理