ホテルの庵 [ホテル]

ロビーの植栽、新緑の美しい季節。
ホテルオークラ東京のロビーは、
いつものように清々しい。 

R0026972.JPG

R0026975.JPG

本館7階に、あまり知られていない茶室がある。
宿泊しなくても利用できる、この庵(いおり)の名は、
聴松庵(ちょうしょうあん)。 

R0026968.JPG

創業者 大倉喜七郎の雅号、”聴松”を名にした茶室は、
ホテルの中にあって、凛とした風情が漂う。
”松風を聴く”と解釈すれば、茶の湯の用語”松風”は釜の湯の沸く音。
湯の沸く音に耳を傾けられる静寂が、ここにはある。

R0026962.JPG

窓際の待合に腰下ろし、
曲水の宴の河の大きなうねりを白砂で模した、
手入れの行き届いた日本庭園を眺める。
3本の枝垂れ桜がある、この庭園は、
大きなホテルの中で、茶室と
周囲のゲストルームから眺められる美しい庭。

R0026948.JPG

蹲(つくばい)の手水鉢(ちょうずばち)で、手を清め、
打ち水をした石畳を歩いて、青畳がきれいな茶室へ。 

R0026967.JPG

R0026951.JPG

軸は、「漁夫生涯竹一竿」。
一輪差しの季節の花、床の間から、お香が薫る。 

R0026957.JPG

お菓子は青梅、新緑の季節に相応しい。
中は、なめらかな漉し餡。 

R0026955.JPG

R0026959.JPG

手水鉢の水音が、静けさ引き立て、
茶筅の音が鮮明に聞こえる。
萩焼でいただく、落ち着いた一服。 

R0026960.JPG

外国の大柄なゲストも入りやすいよう、
茶室特有のせまい躙口(にじりぐち)はなく、入りやすい。
天井は、杉板や竹など5種類の材料を組み合わせた細工。 

R0026961.JPG

茶室の外の、窓側の立礼席は、
10人程度のグループにも対応できる広さ。 

R0026965.JPG

R0026963.JPG

日頃、感じる機会が少ない静寂を再確認し、
背筋が伸びるような気分にさせてくれる、
ホテルの中の庵(いおり)。 

R0026976.JPG


晴れのデリカテッセン [ホテル]

特徴あるエントランスの廂(ひさし)。
特徴ある影は、5月にも関わらず強い日差しで、
きれいな四角形を地上に描く。

R0026945.JPG

R0026943.JPG

ここは、西新宿のパークハイアット東京
新宿パークタワーに一歩入ると、
ランチの時間は、多くのビジネスマンが
1階ロビーを通り過ぎる。

R0026940.JPG

お気に入りのデリカテッセンでンチセットをオーダーして、
いつも利用する、惣菜の並ぶショーケース横のテーブルは
通り過ぎてテラスへ。 

R0026937.JPG

R0026941.JPG

磨かれた大理石のテーブルは、
東京都庁方向に開けた空間。
噴水の水音が心地いい。 

R0026926.JPG

R0026924.JPG

R0026925.JPG

高層ビルの影で、ちょうどいい爽やかさ。
温めてもらったクロックムッシュは、
しっとりしたハムと溶けているチーズが美味しい。
パンの表面のチーズの焦げ目も、いいアクセント。 

R0026927.JPG

R0026935.JPG

イワシのマリネと、リコッタチーズのサラダ。
フレッシュな野菜が、うれしい。 

R0026928.JPG

R0026934.JPG

デザートは、フルーツサラダ。
パン,サラダ,フルーツの3品と、
温めたミルクを添えた、濃い目のコーヒー。
春から初夏と初秋の、屋外が快適な時期には、
必ず訪れる、お気に入りの場所。 

R0026929.JPG

R0026931.JPG

R0026932.JPG


昼下がりの丘の上 [ホテル]

休日の午後、東京の都心。
気持ちのいい晴れた空の下、
神田界隈を散策し、丘の上の、山の上ホテルへ。

R0026923.JPG

R0026922.JPG

本館1階のコーヒーパーラー ヒルトップは、
古き良き時代の喫茶店のようなデザイン。
白い壁の額,クラシックな小花の飾りの明かり。 

R0026910.JPG

テーブルには、レースのテーブルクロス。
スタッフのコスチュームも、ノスタルジック。 

R0026908.JPG

R0026909.JPG

カトラリーには、使い込まれて、
消えかかったホテルのロゴ。
大切に使われていることが、よく分かる。 

R0026904.JPG

特製リンゴパイ アイスクリーム添え。
溶けるバニラアイスの周囲には、
大人の苦みを効かせた出来立ての温かい、
キャラメルソース。
ソースの温かさで溶けていくアイスクリーム。 

R0026912.JPG

ソテーしたリンゴは、やわらかくて、
ナイフで綺麗に切れる。
しっとりした火の入れ具合が絶妙。
フレッシュなリンゴと、火を通して甘さを増した両方の、
いいところが味わえる。

R0026917.JPG

R0026914.JPG

キャラメルソースの上に、
焼き立ての、サクサクのパイ生地。
その上にリンゴ、その上にまた焼き立てのパイ。
普通のアップルパイではなく、
コース料理の最後のデザートのよう。 

R0026913.JPG

水出しの濃いダッチコーヒーが、
キャラメルソースやバニラアイスと相性がいい。
落ち着いて寛ぐ休日の昼下がり。 

R0026920.JPG

R0026903.JPG


紳士と淑女の馬車 [グルメ]

5月の銀座の爽やかな夕暮れ。
華やかなネオンの光に照らされながら、松屋銀座へ。

R0026882.JPG

R0026877.JPG

8階のレストランフロアは、
平日の夜は空いている。 
ゆっくりと食事ができる、上野精養軒

R0026880.JPG

創業当時、明治初頭を彷彿とさせる馬車のロゴ。
晩餐会に向かうのか、紳士と淑女。
テーブルには、紺色に金色の模様が美しいプレート。

R0026856.JPG

R0026866.JPG

洋食の定番ハヤシライス。
フィレステーキを添えた、ハヤシフィレステーキライスをオーダー。 

R0026857.JPG

ポットに入った、なめらかなハヤシソース。
ライスの上に、ロゼ色が美しいフィレステーキ。

R0026868.JPG

R0026872.JPG

タマネギの甘みとデミグラスソースの奥深い旨さ。
大きめにカットしたタマネギの食感が美味しく、
ハヤシソースだけでも十分に美味しい。
加えてフィレステーキ、やわらかいフィレは、
火の通し加減が絶妙。 

R0026874.JPG

R0026867.JPG

白いテーブルクロスと、ゆったりとした雰囲気。
デパートにあっても、老舗レストランの佇まい。
馬車のロゴの、ナプキンやトゥースピックの袋。
文明開化の時代に思いを馳せる。

R0026876.JPG

R0026861.JPG


東京タワーと朝食を [ホテル]

好天に恵まれたゴールデンウィーク。
芝公園に建つ、ザ プリンス パークタワー東京
朝の太陽が、眩しく反射する。 

R0026838.JPG

朝食を提供するレストランは、
日本料理 芝桜と、33階のスカイバンケット。
33階に上がると、既に開店を待つ行列。
スカイバンケットは、普段は宴会に使用されているが、
毎朝、洋食を中心としたブッフェスタイルの朝食を提供している。 

R0026821.JPG

33階の窓から、手を伸ばせば届きそうな東京タワー
青い空を背景に、その堂々とした姿が映える。

R0026836.JPG

スタッフがジューサーで作る、チェリートマトとブルーベリーのジュース。
新鮮なベリーの酸味が甘すぎずに美味しい1杯。

R0026804.JPG

R0026814.JPG

シリアルやチーズの隣には、
フレッシュな野菜と、手を加えたサラダが各種。
オレンジとニンジンのサラダ,紫キャベツとベリーのサラダ,
クレソンとインゲンと蒸し鶏のサラダ,キノコとクスクスのサラダ,
海藻サラダ,オクラとパプリカのサラダ、などなど。
色鮮やかで、上品な味付け。

R0026805.JPG

トーストの他、食べやすいサイズのクロワッサンやペストリー。
鶏とチーズのサンドイッチや、シンプルな玉子のサンドイッチもある。 

R0026812.JPG

R0026806.JPG

ブッフェボードの端にはエッグステーション。
温かい料理も揃っている。 

R0026809.JPG

プレーンオムレツに、
厚めと薄めのベーコンを添えて。
温かいスープはクラムチャウダー。
タマネギの甘みが十分出ている。 

R0026808.JPG

R0026816.JPG

R0026822.JPG

眼下には増上寺の境内と木々が広がり、
遠くには高層ビル群。
クルミとハムに、ドレッシングとフレッシュな野菜。

R0026829.JPG

R0026807.JPG

白い御飯と、釜で提供されるお粥。
松の実やキムチなど、お粥のトッピングが豊富に並ぶ。 

R0026810.JPG

温かい料理から、
ハーブとソテーしたポテト,シンプルに蒸した野菜,
ニョッキのグラタン仕立てとハム。
シンプルな料理は朝に相応しい。

R0026820.JPG

珍しい料理もある。
マテ茶を練り込んだ麺をエスニック風にいただく。
フォーのようなアジア風の麺料理。 

R0026817.JPG

R0026815.JPG

スタッフがホットプレートで焼くのは、
ワッフルとパンケーキ。
出来たてのパンケーキに生クリームとベリーのジャム。
ナッツやドライフルーツと、
フレッシュな果物たち。
ボウルいっぱいに盛ってあるイチゴを添えて。 

R0026834.JPG

マフィン,フィナンシェ,チョコレートをしみこませたパウンドケーキ。
白桃と黄桃のペストリーは、甘すぎずコーヒーと相性がいい。 

R0026813.JPG

R0026832.JPG

R0026818.JPG

コーヒーは、スタッフが注いでくれるので、
新聞を読みながら、ゆっくりとパイをいただきながら、
外の景色を楽しむ。
東京タワーとともにいただいた朝食。 

R0026800.JPG


五月晴れのパンケーキ [グルメ]

朝食に、リコッタチーズのパンケーキが食べたくなって、
西新宿のPaul Bassett(ポール バセット)へ。

R0026794.JPG

地下1階にありながら、
外光を取り込む吹き抜けから、
五月晴れの太陽の光が隅々まで広がる。 

R0026792.JPG

R0026790.JPG

パンケーキセットに、カプチーノ。
チーフバリスタの技で、きれいなフォームミルクのアート。
コーヒーの味を楽しむながら待つこと数分。
これから観光に出掛ける旅行者や、
ひとり、読書する人、休日の朝の様々な楽しみ方。 

R0026783.JPG

R0026789.JPG

バニラ風味の温めたメイプルシロップ。
パンケーキの温度で溶けそうなバター。
ふっくらしたリコッタチーズのパンケーキは、
粉砂糖で、更に美味しく見える。 
キャラメリゼしたバナナのソテーが添えられる。 

R0026780.JPG

R0026782.JPG

R0026781.JPG

R0026788.JPG

メイプルシロップと、バターと、
カリカリしたキャラメリゼした砂糖と、やわらかいバナナ、
そして、リコッタチーズの風味のパンケーキ。
口の中で、それぞれのバランスがいい。
軽く仕上げていながら、リコッタの風味が味に奥行きを与える。 

R0026785.JPG

R0026784.JPG

エスプレッソマシンから香るコーヒー。
これから出掛ける朝に、美味しい朝食。 

R0026793.JPG


朝食は柚子の香り [ホテル]

ゴールデンウィークの朝、お台場の空は、きれいな青空。
ホテル日航東京の、
ゲストルームのバルコニーが、波のように見える。

R0026722.JPG

広いロビーは、白い壁に朝の光が反射して、
気持ちがいい。
日本料理 さくらは、階段を上った3階の東京の市街地を望む側。 

R0026728.JPG

R0026726.JPG

店内は土壁を湾曲させたエントランスを通った先。
曲線のデザインが各所に配されて、
やわらかな和の印象。 

R0026720.JPG

R0026714.JPG

R0026692.JPG

日本庭園を眺めながら、
まず最初に、柚子茶をいただく。
柚子の爽やかな香りが清々しい。 

R0026687.JPG

R0026712.JPG

日本庭園の先には、
レインボーブリッジと東京の街。
視界の左端は、東京タワー
視界の右端は、東京スカイツリー。 

R0026724.JPG

続いて、自家製豆腐。
やわらかい豆腐には、醤油でなく塩で。 

R0026690.JPG

R0026688.JPG

それぞれの器にも工夫がうかがえる料理の数々。
さらさらの、お粥には甘めの餡。
串を打って焼いた厚みのある鮭は、
皮目が、パリッとして脂がのっている。
汲み上げ湯葉は、やわらかいスクランブルエッグのような、
食感が美味しい。

R0026696.JPG

R0026697.JPG

R0026698.JPG

R0026704.JPG

R0026700.JPG

牛肉の時雨煮や、筍の煮物は、
甘めの味付けが美味しい。 

R0026702.JPG

R0026703.JPG

R0026707.JPG

温泉卵は、
海藻の、あおさの風味と出汁が効いている。 

R0026701.JPG

景色を眺めながら、ゆっくりできる日本料理の朝食。
お台場は、東京から最も近いリゾート。 

R0026716.JPG


Yokan Aux Abricots [ホテル]

東京駅丸の内駅舎の向かい側。
開業間もない、KITTE

R0026734.JPG

斬新なデザインの、大きな吹き抜けの周囲に
たくさんのレストランやショップが並ぶ。
4階は、ステーショナリーや雑貨を取り扱うセレクトショップが
見ているだけでも楽しい。

R0026733.JPG

新しいショップの傍らに、
昔の雰囲気を残す旧東京中央郵便局長室。
窓から、向かい側の東京駅の灯り。
新旧が融合する夜景が美しい。 

R0026732.JPG

R0026731.JPG

場所は変わって、
薄手のカーテンの向こうは、KITTE
東京駅丸の内駅舎の中から向かい側を望む。
東京ステーションホテルの中にある、とらやのTORAYA TOKYO。

R0026736.JPG

R0026737.JPG

とらやパリ店のフルーツ羊羹。 
Yokan Aux Abricots アプリコット羊羹は、
宝石か、高価なブローチのような赤色に、
アプリコットのピューレを忍ばせた、一輪の花のような羊羹。
雄しべや、雌しべのように見えるアプリコットのオレンジ色。
しっとりした、艶やかな、透き通る色が、
漆黒のプレートに映える。
酸味と甘みを、温かいコーヒーと。

R0026740.JPG

R0026741.JPG

R0026743.JPG

静かに休める空間は、
古い煉瓦とモダンな照明の、新旧の融合。 

R0026749.JPG

R0026747.JPG

R0026750.JPG

帰宅を急ぐ人々で混雑する改札前。
煌びやかなドームが美しい連休の合間の夜。 

R0026754.JPG


テラスの白い薔薇 [ホテル]

ゴールデンウィークの、
晴れた気持ちのいい朝。
1階の駐車場から、アクセスが便利な、
ホテルオークラ東京のテラスレストラン。 

R0026645.JPG

R0026651.JPG

まだ、誰もいない早朝のショッピングアーケード。
レストランの席に着くと、
スパークリングワインや、ウォッカのあるブッフェボードの
飲物の中から、レモンとタバスコをグラスに。
そして、トマトジュースと、ホテルのロゴのマドラー。 

R0026648.JPG

R0026667.JPG

和風庭園の芝生に、
日が当って、休日の朝の雰囲気。 

R0026665.JPG

R0026684.JPG

R0026660.JPG

R0026654.JPG

いつも通り、丁寧に並んだ料理。
フレッシュな野菜に、昔から変わらないフレンチドレッシング。 

R0026670.JPG

エッグステーションに立つベテランシェフに、
プレーンオムレツをオーダーし、
クリスピーなベーコンと。 

R0026675.JPG

R0026659.JPG

R0026676.JPG

R0026656.JPG

ひさしぶりに、レーズンブレッドに手を伸ばす。
回転式のトースターで、きれいな焼目。 

R0026671.JPG

R0026661.JPG

温かい料理から、ソテーしたカラフルな野菜と、
これ以上の、なめらかさはないようなマッシュポテト。
トマトソースの酸味が美味しいグラタン。 

R0026674.JPG

焼いた皮が美味しそうな鮭や、
白い御飯と相性がいい佃煮や漬物があるので、
お粥に、鰹出汁が効いた餡を加えて、
和食もいただく。 

R0026662.JPG

R0026664.JPG

R0026663.JPG

R0026679.JPG

R0026673.JPG

淡いオレンジとグリーンの天井のストライプが
スプーンの曲面に映る。
きれいに並んだフレッシュフルーツたち。
皮付きバナナは、食べやすいように
半分にカットして盛られている。 

R0026653.JPG

R0026666.JPG

R0026655.JPG

メロンやパイナップルやシロップ漬けのイチゴに
アクセントのナッツを散らす。
美味しいフルーツグラタンを楽しんだ後は、
ワッフルにメイプルシロップとハチミツ。 
甘さ控えめで品のあるフルーツティーとともに。

R0026680.JPG

R0026657.JPG

R0026685.JPG

フロアには、コーヒーのポットと、
紅茶のポットを持ったスタッフが常にゲストの様子を察して
来てくれるので、ゆったりとコーヒーをいただける。
テーブルに置かれた白い薔薇のように、
上品な気分で、優雅に迎える連休の朝。

R0026677.JPG