ゆっくりと出来たてを [ホテル]

西新宿のハイアットリージェンシー東京
3階の、酒肴 omborato(おんぼらあと)は、
白を基調としたデザインで、明るい雰囲気。

R0010225.JPG

西側の窓から明るい日差し。
休日のランチは、ブッフェスタイルの日本料理が楽しめる。

R0010175.JPG

R0010174.JPG

新鮮な鮪,はまち,帆立、姿造りの鯛。

R0010210.JPG

刺身の美味しさは新鮮な素材と、包丁の仕事。
鯛は霜造りで、皮と身の間の旨味も堪能できる。 

R0010176.JPG

氷の上に、豪華な蟹。
三杯酢で、さっぱりといただく。 

R0010199.JPG

温かい料理から、豚しゃぶを。
紅葉おろしとポン酢、続いて、なめらかな胡麻だれ。
しっとりした豚肉が美味しい。 

R0010179.JPG

南瓜のしんじょうには、たっぷりの蟹の餡。
蒸籠で蒸し上げた、熱々を。 

R0010213.JPG

青菜のお浸しや、茄子の煮浸しは、
夏を感じる重要な脇役。 

R0010193.JPG

R0010181.JPG

幾重にも、ふんわり仕上げた出汁巻き玉子。
銀餡をまとわせて、温かい状態を保ち、
つやつやした見た目から美味しさが分かる。
たっぷりの大根おろしと。 

R0010202.JPG

R0010186.JPG

テーブルを周るワゴンには、出来たての自家製豆腐。
ほのかに磯の香りがする藻塩でいただく。
温かい、あっさりした中に大豆の風味。
藻塩が引き立てる。 

R0010187.JPG

R0010212.JPG

ブッフェボードには飲物も並ぶ。
オレンジジュース,コーヒー,紅茶、
そして、夏らしい麦茶が美味しい。 

R0010203.JPG

ブッフェボードの中央には、
スタッフが揚げる天麩羅。
海老,薩摩芋,アスパラガスを、塩とレモンで。
サクサクの衣、出来たてをいただける贅沢な気分。
いくらでも食べられそうな軽い食感。 

R0010182.JPG

温かい料理は、他にもたくさん。
鶏の竜田揚げ,鯛の煮物,牛肉の柳川風。
揚げたての串揚げはタルタルソースで。
牛肉の筑前煮風は、トロトロの牛肉の脂が美味しい。

R0010206.JPG

R0010204.JPG

R0010189.JPG

R0010200.JPG

お酢でさっぱりした、鶏の揚浸しや、
どこか懐かしい糸蒟蒻と明太子の炒め物。

R0010188.JPG

水菜と、かりかりに炒ったじゃこに、
ゴマ風味のドレッシングは、新感覚のサラダ。 

R0010207.JPG

絞めのお食事は、
粟の炊き込み御飯や味噌汁、
そして、綺麗な桃色の鮪や、
いくらがのった、かわいい小丼。

R0010194.JPG

R0010184.JPG

寿司はテーブルでオーダーすると、
店内にある鮨 みやこから運んでくれる。
どれも新鮮、鮪,鯛,はまち,サーモン,いか,甘海老。
ちょうどいいサイズで、出来たてが味わえる。 

R0010183.JPG

小分けした稲庭うどん。
冷たい出汁に、揚げ玉と葱。 

R0010201.JPG

R0010191.JPG

デザートも豊富。
アイスクリームやプリン、かわいいサイズのケーキ。 

R0010196.JPG

R0010197.JPG

黒蜜でいただく、抹茶を塗した、わらび餅。
西瓜,キウイ,グレープフルーツとシロップと寒天は、
朝顔に見たてた涼しげなガラスの器で。
さっぱりとしたら、上品な甘さのプリンと抹茶のアイスクリーム。 

R0010219.JPG

R0010211.JPG

R0010198.JPG

冷水に気持ち良く漂う白玉は、ぜんざいで。
かわいいサイズの、おはぎ。
最後は、温かいコーヒーを。 

R0010220.JPG

R0010223.JPG

温かい料理は温かく、新鮮な料理は、より新鮮に、
出来たての美味しさを、上品な味付けで楽しんだブッフェ。
石川県の方言”ごゆっくりと”を店名にした”おんぼらあと”で、
ゆっくりと、ゆったりと。

R0010214.JPG


nice!(19)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

昭和時代的富士山冷麺 [ホテル]

夜の六本木、グランドハイアット東京
大小様々な大きさの陶器を組み合わせた、
エントランスのデザインが印象的な、
中国料理 チャイナルーム。

R0010153.JPG

R0010156.JPG

店内は、天井の赤い照明が、
カトラリーやポットやプレートに反射して、
ヨーロッパや日本ではない、異国情緒を演出する。 

R0010129.JPG

R0010133.JPG

R0010130.JPG

温かい茉莉花茶(ジャスミンティー)をいただいて、
カシューナッツを、唐辛子やスパイスと炒めた、おつまみを。
かろやかな辛みとスパイスが食欲を呼び起こす。

R0010128.JPG

注文したのは、
洗練されたメニューの中で、異彩を放つ名前、
「昭和時代的富士山冷麺 思ひ出の昭和の冷やし中華」。
麺の上に、こんもり盛った錦糸玉子、麺を囲む具材の数々。

R0010141.JPG

冷やし中華の定番の盛り付け、
富士山に見たてた、冷やし中華の王道。 

R0010140.JPG

R0010139.JPG

思わず微笑む、あまりにも定番な、なると、
蒸し鶏,トマト,甘く煮た椎茸,もやし,色どりの胡瓜、
そして、どこか懐かしい紅生姜。
中国酢を効かせて、さっぱりした甘さが爽やかなスープ。
中太麺には、あらかじめ絡めてある胡麻油が香って、食感もいい。
時々、辛子のアクセント。
バランスの良さ、丁寧な調理と技。
オーソドックスなデザインにしているのは、シェフの遊び心。
シェフが楽しんで作っている様子が思い浮かぶ。 

R0010137.JPG

R0010135.JPG

R0010131.JPG

デザートは、「グランドハイアット香港特製クラシックマンゴープリン」。 
冷やした器に、固過ぎず、やわらか過ぎない、
絶妙な食感のプリン。
フレッシュなマンゴーのような、なめらかさ。
マンゴーのピューレと、フレッシュなマンゴー。
上品な甘さが美味しい。

R0010150.JPG

R0010149.JPG

エントランスには、季節の花、紫陽花。
抑えた照明に、パープルのグラデーションが美しい6月の夜。

R0010151.JPG


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理