国旗はためく中華街 [ホテル]

朝の横浜中華街
各国の国旗が、はためくローズホテル横浜。 

R0011137.JPG

R0011139.JPG

ロビーは、チェックアウトのゲストが並ぶ。
中国風の飾り付けが、ところどころ。
朝食は、フロントレセプション横の、ブラスリー ミリー ラ フォーレ。 
ビストロやカフェのようなデザインで、カジュアルな雰囲気。

R0011136.JPG

R0011130.JPG

R0011133.JPG

ブッフェスタイルの朝食。
まずは、定番のトマトジュース。
温かいコーヒーやジュースはセルフサービスで。 

R0011118.JPG

R0011123.JPG

籠に盛られたクロワッサンやデニッシュ。
エッグステーションで頼んだプレーンオムレツは、
シェフが手際よく作り上げる。

R0011106.JPG

R0011111.JPG

奥には、夜はバーになるU字型のカウンターがブッフェボード。
品数は多くないが、野菜や温菜が並ぶ。 

R0011124.JPG

R0011132.JPG

R0011113.JPG

スクランブルエッグに、ソーセージとベーコン。
プレートには、和風と中国風の惣菜。
大きめにカットした根菜の筑前煮や、
中華風の炒め物。
御飯と味噌汁の横には、納豆や海苔など定番のメニュー。 

R0011125.JPG

R0011110.JPG

からりとした揚げパンと、刻み葱をトッピングして、
中華粥をいただく。
ひと匙の胡麻油で、中華粥に。 

R0011120.JPG

R0011114.JPG

R0011122.JPG

洋風の温野菜やペンネもあるが、
大きな蒸籠には、系列の重慶飯店の点心師による、
焼売と肉まん。 

R0011117.JPG

R0011119.JPG

大きめの焼売は、豚肉が、しっかりたっぷり入って、
八角など香辛料が香って本格的な味。
肉まんも、香りがいい。
デザートは、フルーツのシロップ漬けと杏仁豆腐。 

R0011126.JPG

R0011121.JPG

中華街で働く人たちが行き交う道路を眺めて、
しっかりしたアップルパイと、温かいコーヒーで締めくくり。

R0011127.JPG

R0011134.JPG

R0011140.JPG


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

京の朝粥を後楽園で [ホテル]

あいにくの曇天の朝。
東京ドームホテルの周辺は、いつものように賑わっている。 

R0011097.JPG

建物の周囲に池を巡らせて、
広々したロビーは壮観。
4階の、熊魚菴たん熊北店の東京ドームホテル店へ。 

R0011092.JPG

R0011096.JPG

4階ワンフロアほぼすべてのスペースに、
テーブル席や個室や座敷を構える。
天麩羅,鉄板焼き,寿司のスペースには、
本店のある京都の地名、嵯峨野,祇園,清水の名前。 

R0011087.JPG

R0011086.JPG

R0011085.JPG 

R0011081.JPG

案内されたテーブル席からは、東京ドーム
アトラクションが一望できる。 
大きな窓とカジュアルな明るい雰囲気。

R0011082.JPG

運ばれた膳は、京の朝粥。
ジェットコースターの曲がった軌道や観覧車を眺めながら、
いただく和食とは、なかなか珍しい。

R0011076.JPG

R0011069.JPG

ふっくらした甘塩の鮭。
炊き合わせは、きれいに面取りした小芋や茄子、
彩りの赤蒟蒻。
薄味で煮含まれていて美味しい。 

R0011070.JPG

R0011073.JPG

ひじきの煮ものや玉子焼は、どこか懐かしい味。 
胡麻和えにした若いオクラは、食感と胡麻の風味が美味しい。

R0011072.JPG

R0011068.JPG

もったりした、お粥を茶碗へ。
吉野葛でとろみを付けた鼈甲色の鼈甲餡。
甘辛の餡に、なめたけ。
鼈甲餡の量で、お粥のやわらかさを調整しながらいただく。 

R0011074.JPG

R0011075.JPG

R0011067.JPG

京都の料亭,料理屋で馴染みのある、ちりめん山椒。
ぴりりとした山椒の風味が、お粥によく合う。 

R0011077.JPG

R0011071.JPG

R0011084.JPG

近くから見上げると存在感のあるホテル。
周辺のアトラクションに向かう家族連れが増える時間帯になる。 

R0011093.JPG


nice!(14)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サラダ、サラダ、サラダ [ホテル]

流れる雲は東京湾の朝の空。
新橋に近い、三井ガーデンホテル銀座プレミアの朝食。

R0011017.JPG

R0011059.JPG

16階のロビーは、黒を基調としたデザイン。
2方向に大きな窓があり、
西には、六本木のビル群と東京タワー
その先には、富士山の頂きが見える。 
南には、広がる東京のベイエリア。

R0011056.JPG

R0011014.JPG

R0011019.JPG

南側に面した、Restaurant Skyは、ブッフェスタイルの朝食。
エントランスで渡されるプレートを持って、席は自由に選べる。
テーブルと椅子、ソファー、珍しいのは窓際に並んだ、
小さなベッドのようなソファー。
寛ぎやすく、小さな子供の家族連れにも良いかもしれない。 

R0011055.JPG

R0011025.JPG

R0011053.JPG

R0011030.JPG

ドリンクは、窓際のブッフェボードに。
野菜ジュースと温かいコーヒー。 

R0011026.JPG

中央の大きなブッフェボードには、15種類ほどの、
サラダ、サラダ、サラダ。 

R0011020.JPG

オープンキッチンから出来たてが運ばれるサラダたち。
どれも、ひと手間加えた個性あるものばかり。
ソファーに運んで楽し。 

R0011024.JPG

R0011045.JPG

さっぱりした茹で豚とゴーヤ。
レタスを混ぜ込んだポテトサラダ。
しっとり、やわらかくて厚みのあるローストビーフのサラダは、
レンコンとゴボウを和えて。
野菜よりローストビーフの割合が多く、ロゼ色が美味しい。 

R0011028.JPG

赤いビーツとチーズのサラダは、アクセントにクルミを。
シャキシャキのモヤシのサラダ。
ツナとニンジンのサラダは、彩りにブラックオリーブ。 

R0011034.JPG

生ハムとアスパラガスのサラダ。
青パパイヤと小エビのサラダ。
中華風のネギソースは、やわらかくてジューシーに仕上げた蒸鶏に。 

R0011033.JPG

R0011047.JPG

大きなボウルには、生野菜が鮮やかにディスプレイ。
赤色、緑色は、見ているだけでも楽しい。
ビネガー,オリーブオイル,岩塩,黒い炭塩が傍らにあり、
好みのサラダにできる。 

R0011021.JPG

岩塩とフレンチドレッシングで、
フレッシュな野菜をいただく。
サラダは前菜ではなく、メインの位置付け。 

R0011031.JPG

R0011032.JPG

R0011039.JPG

エッグステーションはないが、
贅沢な黄色のスクランブルエッグ。
トロトロに仕上げたスクランブルエッグに、しっとりしたベーコンと、
大きめにカットしたマッシュルームや野菜のトマトソース煮。 

R0011023.JPG

R0011027.JPG

他に温かいメニューは、
和風の鶏の炊き込み御飯と、カボチャのスープ。
さらりとしたカボチャのスープを
ソファーのサイドテーブルに置くと、秋の雲が映る。 

R0011035.JPG

オープンキッチンの前には、
焼き立てのクロワッサンやデニッシュ。
まだ、ほんのり温かい、かわいいサイズのクロワッサンが美味しい。 

R0011022.JPG

R0011029.JPG

R0011044.JPG

甘いクリームソースを絡ませたカットフルーツもサラダ仕立て。
サラダのあるブッフェボードに並ぶ。
イチゴやバナナに、大きくカットした夕張メロンとパイナップル。
すっきりした甘さの真っ白なブラマンジェには、マンゴーのソース。
クラッシュしたアーモンドと、ドライチェリーを添えて。 

R0011036.JPG

R0011049.JPG

野菜はフレッシュで、個性が楽しいサラダ、
豚肉,鶏,ローストビーフ、どれも火の通し加減がいい。
目の前の築地市場や高層マンション、
その向こうにレインボーブリッジ東京ゲートブリッジ
ベイエリアが、よく見渡せるソファーで、
ふんわり軽いアップルパイとチョコレートのデニッシュ。

R0011040.JPG

R0011048.JPG

”楽しみのなる朝食”と題した朝食は、充実の品揃え。
たっぷり野菜をいただいた朝。

R0011058.JPG


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋空のフレンチトースト [ホテル]

過ごしやすい10月の朝。
見上げると秋の雲と、秋の青空。
ザ ペニンシュラ 東京の、ザ ロビーへ。

R0010999.JPG

R0010996.JPG

エントランスには、手入れの行き届いた瑞々しい生花。
淡い桃色がホテルの雰囲気を代表している。 

R0010995.JPG

いつ来ても、高い天井と広々した空間が気持ちいい。
他のホテルにない贅沢で、大胆なデザイン。
最近は客室稼働率が、ほぼ100%なので、
中央のソファーで順番を待つことに。
この空間なら待つ時間が、ゆっくり流れるよう。 

R0010983.JPG

案内されたコーナーの、L字のソファー。
ゆったりできるのは、ロビー全体が見渡せるから。 

R0010969.JPG

オレンジ,グレープフルーツ,トマトなど選べるジュース。
他に日替わりのジュースがある、この朝はピーチジュース。
生の桃のような味、淡い色合いがフレッシュであることを表している。 

R0010972.JPG

R0010993.JPG

バナナ,イチゴ,ドライチェリーを飾ったバナナブレッドのフレンチトースト。
軽い仕上がりと、甘すぎない上品さが美味しい。
添えられたマスカルポーネのクリーム。
バナナ,フルーツ,クリーム、そして輝くメイプルシロップを
すべて合わせて、バランスを楽しむ。

R0010973.JPG

R0010975.JPG

しっかりしたコーヒーは好みの酸味。
新聞を読みながら、スタッフに、お替りをお願いする。 

R0010980.JPG

バターを付けなくても、ふっくらして、サクサクのクロワッサンは美味しい。
練り込んだバターの香り。
ミルクの風味が美味しいマフィン,オレンジとカスタードが魅力のデニッシュ。

R0010977.JPG

秋が来ると訪れたくなるホテル。

木を多用したデザインが温かさを感じさせてくれる。  

R0010994.JPG


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンドイッチを作ろう [ホテル]

小雨の東京都港区の朝。
汐留のパークホテル 東京の系列ホテル、芝パークホテルで朝食を。

R0010898.JPG

表通りに面した本館と、路地を隔てた別館の2棟。
以前、本館にあったフロントレセプションは別館1階に移り、
本館1階はロビーとコーヒーショップ プリムラがある。
昭和を感じるデザイン、カーペットには切株のデザイン。

R0010900.JPG

R0010930.JPG

R0010901.JPG

朝食は洋食のブッフェスタイル。
料理は奥のブッフェカウンターに並んでいる。
クラシックなカーテンと植栽、黄色が鮮やかな椅子。

R0010910.JPG

R0010915.JPG

冷えたオレンジジュース。
ジュースは2種類、コーヒーはセルフサービス、
カジュアルな雰囲気で、料理の種類は少ないものの、
必要十分なバリエーション。

R0010914.JPG

基本に忠実に作ったポテトサラダ。
サーモンと野菜に、フレンチドレッシング。 

R0010908.JPG

R0010912.JPG

R0010911.JPG

蒸し上げた温野菜には、
ガーリックを効かせたバーニャカウダ風ドレッシング。

R0010922.JPG

玉子料理は3種類。
濃い黄色が美味しいトロトロのスクランブルエッグと、
甘めのトマトソースの大きなオムレツとボイルエッグ。

R0010904.JPG

R0010905.JPG

ベーコンとソーセージの塩味でオムレツと
スクランブルエッグをいただく。 

R0010917.JPG

小ぶりのサイズのクロワッサンは焼きたて。
サクサクで温かく、玉子料理と相性がいい。

R0010913.JPG

R0010921.JPG

次は温かい料理。
白ワインと生クリームのソースが美味しい魚のソテーには、
キノコとトマトを添えて、
デミグラスソースで煮込んだハンバーグ、
そして、朝食には珍しいカレー風味のチキンピラフ。
キャベツたっぷりのミネストローネもある。

R0010916.JPG

ブッフェボードのサーモンは、
レタス,スライストマト,チェダーチーズ,ロースハムと、いっしょに並ぶ。
傍らには、薄めにスライスした2種類のパン。
好みのサンドイッチを作れるように置かれている。 

R0010906.JPG

R0010907.JPG

軽くトーストした胚芽パンに、マスタードバター。
具材と、アクセントの黒胡椒。
朝食に相応しいサンドイッチ。

R0010918.JPG

R0010919.JPG

デザートは、焼き色が嬉しいパンプディング。
冷えて、上品な甘さが美味しい。

R0010909.JPG

R0010928.JPG

デニッシュは、焼き上げて間がないのか、ほのかに温かい。
欧米のゲストが多く、観光や空港に向かう姿。
カジュアルな朝食を終えて、六本木方面へ。

R0010927.JPG

R0010924.JPG

R0010903.JPG


nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Tokyo 1964 Olympic Games [Etc]

Please click the image below.

01.jpg


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ