煌びやかな朝食 [ホテル]

生駒の山の稜線をオレンジ色に染める朝日。
インターコンチネンタルホテル大阪で迎える朝。 

R0011717.JPG

朝食は、20階のノカへ。
クリスマスを目前にして、煌びやかなクリスマスツリーと、
プレゼントのカラフルなボックスがエントランスに置かれている。
大きな窓からは、まだ薄暗い大阪の街。 

R0011720.JPG

R0011721.JPG

R0011718.JPG

南東側が見渡せるテーブルで、
まず、温かいコーヒーを。
小花のデザインは、どこか和の雰囲気を感じさせる。 

R0011745.JPG

壁側にはオープンキッチン。
中央には、大理石の大小のブッフェボード。
黄色や赤色の明るくカラフルな照明とデザインは、
カジュアルでもあり、個性的。
フロアを行き交うスタッフのコスチュームは、
ダンガリーシャツにチノパンのカジュアルで好感が持てるスタイル。 
ブレックファストからディナーまで、ブッフェレストランとして、
気取らないスタイルを演出している。

R0011770.JPG

R0011774.JPG

R0011736.JPG

R0011730.JPG

あらかじめ、かわいいサイズのグラスに分けられた、
フレッシュジュースやスムージー。
ベリーのスムージーを持ってテーブルに戻ると、
朝日が更に輝きを増している。 

R0011729.JPG

R0011747.JPG

R0011757.JPG

閃光のように差し込む朝日。
テーブルに置かれた木製のプレートを持ってエッグステーションへ。
木製のプレートにはテーブルナンバーを刻印している。
出来上がった卵料理をスムーズにテーブルへ届ける工夫。 

R0011756.JPG

R0011742.JPG

丹波産,淡路島産,信州蓼科産など、
厳選した卵を調理してくれるエッグステーション。
注文した豊かな黄色のプレーンオムレツは、ふわふわ。 

R0011743.JPG

クロワッサン,デニッシュ,キッシュなどはオープンキッチンに、
トーストやロールパンはコンフィチュールと、大理石のブッフェボードに。 

R0011723.JPG

R0011782.JPG

ふんわりしたクロワッサンと、
卵とベーコンの塩味のバランスがいいキッシュを。 

R0011749.JPG

R0011775.JPG

種類が豊富なハムたち。
面白いのはオーダーを受けてスタッフがスライスしてくれる、
スライスハムステーションがあること。
ピカピカの丸い刃を装着した電動スライサーが、
ブロックのハムを静かに、きれいにカットする。 

R0011734.JPG

R0011735.JPG

R0011732.JPG

R0011737.JPG

しっとりしたスモークサーモンと、
香草のディルを塗したサーモンにスライスオニオンとケッパー。
スライスしたハムにはピクルスを添えて。 

R0011744.JPG

温かい料理はオープンキッチンに綺麗に並ぶ。
それぞれ保温されて、最適な状態を保っている。
ちょうどいい焼き加減のベーコンと、
チキンのソーセージ。
枝豆をあしらっているのは茶碗蒸し風。 

R0011758.JPG

R0011759.JPG

R0011760.JPG

R0011761.JPG

R0011771.JPG

レーズンを散らしたパンプディング。
フレッシュなカットフルーツ。
シリアルやミューズリーは、
小瓶に分けられてゲストの手に取られるのを待っている。 

R0011722.JPG

R0011733.JPG

R0011777.JPG

R0011778.JPG

和食も充実した品揃え。
御飯,味噌汁,焼魚,惣菜,お漬物が
美しくディスプレイされている。 

R0011724.JPG

R0011764.JPG 

R0011726.JPG

美しく並んだトーストやロールパンやコンフィチュールの中に、
スチール製の長い管がある。
アクリル板のケースに収まるのは、
巣箱から取り出した、木枠のままのフレッシュなハチミツ。
一滴一滴、スチール製の管を流れてボウルに溜まる仕掛け。
木枠のままのハチミツは、パークハイアット東京のジランドールの朝食以外で、
はじめて出会う。

R0011739.JPG

R0011738.JPG

フレッシュなカットフルーツに、
フレッシュなハチミツをソースにして、いただく。
パンプディングには、ホイップしたクリームを、
そして、メイプルシロップ。

R0011762.JPG

R0011772.JPG

R0011768.JPG

豊富なデニッシュから、渋皮の大きなマロンをのせたものを。
カスタードの適度な甘みと粒の大きいマロンの相性がいい。 

R0011773.JPG

R0011776.JPG

夜明けの大阪の街を眺めながら、
温かいコーヒーをお替りする。
フロントレセプション側のラウンジ 3-60(スリー シックスティ)も
明るくなりはじめる。
角のソファーからは、こちらも大阪の街が一望できる。 

R0011784.JPG

R0011785.JPG

R0011786.JPG

R0011790.JPG

ゲストルームで、しばらく寛いで、
身支度を整えたら、バラのクリスマスツリーに、お別れを。 

R0011791.JPG


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

煌びやかな大阪 [ホテル]

クリスマスを目前にしたJR大阪駅の北側。
大規模な再開発によって、
煌びやかなイルミネーションが似合う新しいビル群が誕生した。
グランフロント大阪、ショップ,レストラン,オフィス、
そして、インターコンチネンタルホテル大阪がある。

R0011672.JPG

JR大阪駅からグランフロント大阪へデッキを進み、
周囲にショップを配した、広々した吹き抜けを歩く。
その先に、ホテルのエントランス。 

R0011669.JPG

R0011667.JPG

20階のフロントレセプションには、
パープルとピンクを組み合わせた絢爛豪華なクリスマスツリー。
エレベーター前からスタッフが立つデスクまで、
床に弧を描く光の帯が印象的。
ポインセチアで囲まれたカラフルな七福神のオブジェや、
個性的なデザインのオブジェが並ぶ。

R0011692.JPG

R0011792.JPG

R0011690.JPG

R0011689.JPG

R0011596.JPG

落ち着いたデザインのゲストルーム。
広々した、およそ50㎡もあるゲストルームは、
和のデザインが、あちこちに配されながら、
個性を醸し出す雰囲気。 
更に、天井高が高いので居心地良く、快適。

R0011659.JPG

R0011662.JPG

ガラスで囲われたバスルーム。
落ち着いた色調と灯りが、和室のような印象。 
ベッドサイドには、電動カーテンを操作するスイッチがあり、
持っているスマートフォンをBluetoothで接続できる、
BOSESoundlinkⅡが置いてある。

R0011641.JPG

R0011654.JPG

R0011656.JPG

R0011661.JPG

南東方向を見渡せる窓。
梅田の大きな観覧車が、真紅の光を放ち、
大阪平野の端まで続く街の光が、
活気のある大阪を感じさせる。 

R0011651.JPG

R0011647.JPG

R0011646.JPG

R0011631.JPG

窓側の、ひとり掛けソファには、
金魚が泳ぐ模様のアクリルボックスに、かわいいお菓子。 

R0011633.JPG

テレビの横にはBlu-ray Discプレーヤーがあり、
テレビの音は、壁に埋め込まれたBOSE
1.1chホームシアターシステムCineMate 1 SR
楽しむことができる。 

R0011713.JPG

ガラスの天板と、石と木を組み合わせた個性的なデスク。
引き出しも多く、機能的なデザイン。
ルームキーは、浄瑠璃の人形の横顔。
さり気なく置かれた急須や湯呑があるのも和の感覚。

R0011639.JPG

R0011622.JPG

デスクの横の壁にはミニバーが隠れている。
フルボトルのワインやコーヒーカップや電気ケトルなど、
必要十分以上のラインナップ。
コーヒーは、ネスプレッソのマシンでドリップできる。 

R0011711.JPG

R0011712.JPG

R0011615.JPG

エントランス横にウォークインクローゼット。
長期滞在にも十分な容量。
ベンチ,金庫,アイロン,アイロン台,傘,ガウンなど、
ルームサービスに頼まなくても、必要な物は揃っている。 

R0011614.JPG

R0011600.JPG

大理石の床のバスルームは、
ちょうどいいサイズのバスタブや天井のレインシャワーが使いやすい。
ガラスの引き戸を開けると、
そのままベッドサイドへつながる開放的なデザイン。 

R0011610.JPG

R0011609.JPG

R0011638.JPG

アメニティは、Agraria
所々に木製や竹製の小物を配して、
わずかな和を感じることで、雰囲気にアクセントと個性を感じる。 

R0011608.JPG

R0011665.JPG

デスクで、ひと仕事終えて、夜遅く20階のバーへ。
バー アディは、城郭を連想させる石とガラスのデザイン。

R0011687.JPG

R0011684.JPG

DJブースから流れるコンテンポラリーな音楽を聴きながら、
大阪産のレモンを使ったピンク色のレモネード。
寒い冬に、温かい快適なバーで冷えた飲物が贅沢。 

R0011681.JPG

R0011678.JPG

R0011677.JPG

R0011679.JPG

天井の、ガラスを散りばめたシャンデリアに照らされた、
どっしりしたソファーも落ち着ける。 

R0011686.JPG

ゲストルームに戻り、バスタブを、お湯で満たす。
ターンダウンサービスが終わったベッドサイドには、
金魚が泳ぐ模様のアクリルボックスに、小さなお団子。
外資系のホテルで多い、チョコレートではなく、
和のスイーツなのが個性的。

R0011715.JPG

R0011700.JPG


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

黄金色に輝く [ホテル]

品格ある落ち着いたロビーの中央に、
美しいクリスマスツリー。
いつもは季節の植栽がある、
ロビーの中央は、クリスマスの華やいだ雰囲気。
ホテルオークラ東京の本館のロビーは、
いつ来ても気持ちがいい。 

R0011550.JPG

R0011552.JPG

R0011551.JPG

まだ、朝の静かな時間に、
オーキッドルームで朝食にする。 

R0011553.JPG

高い天井に、広々した空間。
菱形の六面体を組み合わせた、天井から吊るした切子玉の照明が
いつも通り温かく照らす。 

R0011541.JPG

まず、コーヒー。
美味しいコーヒーに映る切子玉の光。 

R0011535.JPG

R0011536.JPG

R0011526.JPG

銀杏のデザインのプレートで、

待っていたフレンチトーストが運ばれてくる。
黄金色に輝き、ふっくらとした、その姿。 

R0011529.JPG

たっぷりとメイプルシロップ。
バターをのせると、バターが溶けて流れ落ちる。
シロップとバターの艶で、
フレンチトーストが更に輝きを増す。 

R0011530.JPG

R0011532.JPG

R0011531.JPG

数々のレストランで提供されるフレンチトーストの中でも、
最も印象的な逸品。
ナイフを差し入れると、やわらかくて、しっとり。
肌理細やかな美味しさで、豊かな朝にさせてくれる。 

R0011537.JPG

R0011549.JPG

R0011558.JPG


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

聖夜の王冠 [ホテル]

シックな黒のボウタイ。
毎年、クリスマスの時期になると、
エントランスの真上のオブジェは、
ドレスアップした姿で出迎えてくれる。
西新宿のパークハイアット東京。 

R0011457.JPG

クリスマスのデコレーションが、
ペストリーブティックや、
エレベーターホールに散りばめられて、
とても豊かで厳かな気分に。 

R0011455.JPG

R0011452.JPG

41階のピークラウンジには、
氷柱のようなクリスマスツリー。 

R0011447.JPG

少し空いた時間に、カウンターで温かいコーヒーを。
バーカウンターで、スイーツとコーヒーも
気分が落ち着いて美味しいもの。

R0011445.JPG

R0011439.JPG

和紙で包んだ、かわいい砂糖菓子。
抹茶のクッキーは、弦のある和風のプレートで。
クリスマスらしい赤色のストロベリーのタルト。
イチゴが、まるで王冠のよう。
酸味のあるオレンジソースと、散らしたビスタチオ。
甘いイチゴに、クリームを絡めて。

R0011444.JPG

R0011443.JPG

R0011446.JPG

夜は一段と雰囲気のあるライブラリー。
このホテルの中でも、お気に入りの光景。 

R0011451.JPG

R0011450.JPG

ジランドールの前には、
雪景色のモミの木のようなデコレーション。
見上げる天井の、鉄骨とガラスが、
今日は雪の結晶に見えてくる。

R0011449.JPG


nice!(13)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

御殿山のクリスマスツリー [ホテル]

品川の御殿山(ごてんやま)にグランドオープンした、東京マリオットホテル
早朝の、まだ薄暗いエントランスに浮かぶ、ホテルのロゴマーク。 

R0011459.JPG

R0011466.JPG

もともとあったホテルを改装して、
新しくなったデザインの中に浮かび上がる、
クリスマスツリー。 

R0011465.JPG

広々したアトリウムの角にクリスマスツリー。
ツリーを眺めながら朝食が楽しめる、
ラウンジ & ダイニング G。
ラウンジ、バーカウンター、レストランで構成され、
奥にはオープンキッチンがある。

R0011461.JPG

R0011473.JPG

シックなデザインは、明るい時も、
夕方から夜にかけても、いい雰囲気。
各テーブルを照らす照明がアクセントになっている。 

R0011470.JPG

R0011471.JPG

R0011464.JPG

オープンキッチン前のブッフェボードには、
エッグステーション,温かい料理,パンやペストリー,
御飯と味噌汁の和食が並ぶ。 

R0011474.JPG

R0011480.JPG

R0011506.JPG

具材が選べる玉子料理。
エビ入りのオムレツを作ってもらう。
豊かな橙色のオムレツ。
煮込んだトマトベースのソースが美味しい。 

R0011488.JPG

R0011495.JPG

夜明けとともに、徐々に明るくなるアトリウム。
クロワッサンと胚芽パンと、
濃いめが美味しい、温かいコーヒー。
真新しい黒いコーヒーカップが、
レストランの雰囲気に合っている。 

R0011498.JPG

R0011475.JPG

R0011500.JPG

R0011503.JPG

R0011483.JPG

ジュースの種類が豊富。
あらかじめ、かわいいグラスに注がれた、
フレッシュオレンジジュースとグレープフルーツジュース。
横にはスタッフがジューサーで作ったフレッシュバナナジュース。
ほど良いとろみと甘さが美味しい。 

R0011481.JPG

R0011484.JPG

R0011497.JPG

レストラン中央のカウンターには、
ジュースとフルーツとサラダや冷菜が並ぶ。
もっちりしたスモークサーモンに、
ケッパーと野菜のピクルスを添えて。

R0011485.JPG

R0011478.JPG

R0011502.JPG

R0011479.JPG

さっぱりした、身の厚いイワシのマリネ,
鶏肉と豆のサラダ仕立て,
プロシュットや生ハムにオリーブとスライスしたタマネギ。

R0011499.JPG

オープンキッチン前の温かい料理は、
パープルのキャセロールや、グリルパンで提供される。
グリルしたトマトやマッシュルームが、シンプルで美味しい。

R0011476.JPG

R0011504.JPG

R0011496.JPG

R0011512.JPG

時間が経って、
アトリウムの天井からも朝の光が入りはじめる。 

R0011514.JPG

和食は、御飯と味噌汁中心のシンプルな品揃え。
素朴な南瓜の煮物や、蒟蒻の炒め物に、梅干しや漬物。

R0011489.JPG

R0011507.JPG

オープンキッチンから、焼きたてのワッフルと、
焼きたての、かわいいドーム型のホットケーキ。
レストラン中央のカウンターから、
イチゴ,メロン,グレープフルーツなど。
ナッツをトッピングして、メイプルシロップを。

R0011508.JPG

R0011477.JPG

R0011510.JPG

R0011517.JPG

アトリウムの外の木立と、
クリスマスツリーを眺めながら、
ブルーベリーマフィンとペストリー。 

R0011511.JPG

R0011521.JPG

明るくなると、アトリウムの全景が、よく分かる。 
外にはテラスが用意され、
開放的なデザインが快適なレストラン。

R0011518.JPG

R0011519.JPG


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

とっておきの朝食レシピ [ホテル]

日曜日の朝。
グランドハイアット東京のロビーは、
クリスマスのデコレーションが並ぶ。 

R0011262.JPG

雪の結晶と、粉雪の小枝を
大きなボールにまとめた冬のデコレーション。
温かみのある木製のオーナメントを飾った、
クリスマスツリー。 

R0011253.JPG

R0011255.JPG

R0011254.JPG

フレンチ キッチンの奥の個室で開催される、
サンデーモーニング クッキングクラス。
今回は、「GRAND HYATT TOKYO とっておきの朝食レシピ」
出版記念のクッキングクラス。 
掲載メニューから3品を学んで、そして朝食を楽しめる企画。

R0011268.JPG

R0011316.JPG

R0011307.JPG

テラスから光が入るキッチンは、
きれいに整えられている。
調味料や食材が並び、準備はできている。 

R0011277.JPG

R0011266.JPG

大きなダイニングテーブルを囲み、
まず、ピンクグレープフルーツのジュース。 

R0011274.JPG

R0011338.JPG

副総料理長ダヴィッド ブラン氏のレクチャーがはじまる。
最初は、プルーン パンプディング。 

R0011285.JPG

カットしたブリオッシュとドライプルーンを並べたグラタン皿に、
バニラビーンズを入れた卵,生クリーム,牛乳など液を入れ、
飾り用のドライプルーンをのせる。

R0011287.JPG

焼き上がると、粉砂糖を振って、出来上がり。
焼き色が美味しそう。

R0011323.JPG

R0011297.JPG

続いて、ベシャメルソースを作って、クロックムッシュの作業。
パンに、たっぷりベシャメルソースを塗り、
ジャンボン ブランとスライスしたチーズを挟んで、
更にベシャメルソースとチーズ。
オーブンに入れて、途中で焼き具合をチェックしながら。

R0011293.JPG

R0011295.JPG

R0011301.JPG

チーズとベシャメルソースが、ほど良く溶けたところで、
フレンチドレッシングで和えた野菜を添えて、完成。
パンの中から、ソースとチーズが流れ出る。 

R0011302.JPG

R0011303.JPG

R0011304.JPG

R0011305.JPG

3品目は、ベイクド トマト。
たくさんのパセリは、すり鉢で、
少量のガーリックとパン粉と混ぜ合わせ、
オリーブオイルを注ぐ。 

R0011292.JPG

R0011300.JPG

グラタン皿に並べた、半割りのトマトにのせて、オーブンへ。
オーブン料理が続くので、備え付けのオーブンと、
隣のフレンチ キッチンのオーブンを使って、手際良く調理が進む。 

R0011321.JPG

R0011318.JPG

レッスンの合間の休憩。
アプリコットジャムを塗ったパンをいただいたら、
レッスンは再開。 

R0011308.JPG

R0011313.JPG

かんたんなカクテルソースの作り方は、
追加のレクチャー。
卵黄,塩,マスタード,サラダ油でマヨネーズを作り、
ケチャップ,ウスターソース,
コニャック,シェリービネガー,タバスコを加え、
大人の味のソースを仕上げる。
ロメインレタスやアボカド、エビと和える。
それぞれの食材にスプーンで丁寧に和えて、
大皿にデコレーション。 

R0011320.JPG

R0011322.JPG

R0011330.JPG

R0011270.JPG

レクチャーが終わると、
テーブルに座って朝食の時間。 
ベイクド トマトを添えた、スクランブルエッグ。
カリカリのベーコンと、オーブンで焼いたポテトもいっしょに。
ベイクド トマトは、パセリとガーリックの食感と香り。
中心部分は、やわらかくてジューシー。

R0011324.JPG

R0011325.JPG

R0011312.JPG

クロワッサンやデニッシュを盛ったバスケットも
テーブルに置かれるが、
ボリュームのあるクロックムッシュで十分満足。
チーズとベシャメルソースが溶け合って、
寒い朝には豊かな気分にさせてくれる、ひと品。 

R0011329.JPG

R0011275.JPG

小さなカップの、プルーン パンプディングは、
プルーンがアクセントになって、
温かくても、冷やしても美味しい。 

R0011328.JPG

R0011332.JPG

R0011334.JPG

冬の朝や、クリスマスの朝にあると嬉しいメニュー3品。
他にもたくさんの朝食メニューを掲載した、
「GRAND HYATT TOKYO とっておきの朝食レシピ」に、
ダヴィッド ブラン氏のサインをもらい、記念撮影する参加者。
美味しいコーヒーをいただいて、クッキングクラスは終了。 

R0011264.JPG

R0011258.JPG


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

夜明けの和田倉濠 [ホテル]

まだ薄暗い、朝のパレスホテル東京
見上げると、重厚な石造りの外観は、
西洋の神殿のような堂々とした印象。
植栽や、濠(ほり)の石垣のうような壁のデザインは、
日本の城を思わせる品格のある佇まい。

R0011226.JPG

R0011218.JPG

R0011217.JPG

温かみのあるエントランスから、
和田倉濠(わだくらぼり)を臨む、
オールデイダイニング グランドキッチンへ。 

R0011156.JPG

R0011154.JPG

R0011214.JPG

朝の静かな和田倉濠。
水面に周囲の木々が映り、高い建物が視界に入らないので、
都心にいることを忘れさせてくれる。
屋外用の暖房設備が設置されたテラス席。
肌寒い朝なので、室内窓際のテーブルへ。

R0011208.JPG

R0011209.JPG

R0011210.JPG

料理が整ったブッフェボード。
ジュースやシリアル,サラダやコールドミート,
温かい料理は、奥のオープンキッチン前に。
そして、窯のあるパンとデニッシュのコーナーはラウンジ側。 

R0011175.JPG

R0011172.JPG

R0011201.JPG

搾りたてのジュースたち。
グリーンの野菜ジュース,すっきりした酸味のグレープフルーツジュース,
爽やかなオレンジジュース。 
そして、トマトの美味しさを再確認するトマトジュース。
甘さと酸味のバランスが美味しい。
どれも、野菜やフルーツの新鮮さを感じる出来たて。

R0011161.JPG

R0011194.JPG

木製のプレートに並ぶパンと
カラフルなデニッシュは、どれを選ぶか迷ってしまう。
グレープフルーツ,ベリー,チョコレート,アプリコット,洋梨などの
デニッシュは、後のお楽しみ。
まず、クロワッサンとバケットを、壁面の窯で軽く温めてもらう。
このパンコーナーは、スタッフがゲストのオーダーでパンをカットしたり、
窯で温めてくれるサービスが、うれしい。 

R0011176.JPG

R0011179.JPG

R0011177.JPG

軽いクロワッサン。
温かいパンには、バターが美味しい。

R0011182.JPG

R0011189.JPG

温かい料理はディスプレイが美しい。
向きが揃ったクリスピーベーコンや、
カラフルなココット鍋に、料理や野菜。
それぞれの食材に合う調理法で丁寧に作られている。 

R0011171.JPG

R0011170.JPG

バターの焦げ色が美味しいプレーンオムレツに、
クリスピーベーコンを。
ふんわり仕上げたオムレツにベーコンの塩味。 

R0011181.JPG

R0011169.JPG

なくなるとスタッフが足してくれる温かいコーヒーに、
やわらかなブリオッシュと、トーストしたレーズンブレッド。 

R0011203.JPG

R0011164.JPG

きれいに並んだオレンジ色のスモークサーモンは、
しっとりして美味しい、付け合わせにケッパーとレモン。
絶妙の火の通し具合の鶏は、やわらかく、
彩りのピンクペッパーと松の実を添えて。

R0011165.JPG

R0011166.JPG

R0011163.JPG

蒸したサツマイモは甘く、
マリネしたキュウリは新鮮。
プロシュート,ラタトィユ,ピクルスなど、
様々な味を楽しむ。

R0011192.JPG

R0011199.JPG

アルミホイルで保温した大きな塊のジャンボン ブラン。
ロゼ色のようなピンク色に、粒マスタードとボイルした野菜たち。
グリーンの、芽キャベツ,オクラ,ブロッコリー。
ホワイトの、カリフラワー,ペコロス,ヤングコーン。
それぞれ別のココット鍋で蒸し煮してある気配り。 

R0011190.JPG

R0011195.JPG

しっとりたベーコン、チポラタ ソーセージと
カットしたトゥールーズ ソーセージに、スクランブルエッグ。
ソテーしたマッシュルームと、ローズマリーが香るポテトは、
どこか秋の収穫をイメージさせる。
トゥールーズ ソーセージは、香草の香りとジューシーさが美味しい。 

R0011202.JPG

R0011197.JPG

R0011198.JPG

ブルーチーズや、山羊のチーズには、
ドライフルーツを添えて。
フレッシュなカットフルーツと、シロップ漬けのフルーツには、
ミューズリーを添えて。 

R0011167.JPG

R0011188.JPG

R0011162.JPG

R0011204.JPG

コーヒーをお替りして、
ベリーの酸味が美味しいパイと、
こぼれるほどレーズンを巻き込んだデニッシュ。

R0011184.JPG

R0011205.JPG

R0011206.JPG

都心に居ながら、広々した贅沢な空間と、
木々の緑が、朝の気分を豊かにしてくれるホテル。 

R0011211.JPG

R0011225.JPG


nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

国旗はためく中華街 [ホテル]

朝の横浜中華街
各国の国旗が、はためくローズホテル横浜。 

R0011137.JPG

R0011139.JPG

ロビーは、チェックアウトのゲストが並ぶ。
中国風の飾り付けが、ところどころ。
朝食は、フロントレセプション横の、ブラスリー ミリー ラ フォーレ。 
ビストロやカフェのようなデザインで、カジュアルな雰囲気。

R0011136.JPG

R0011130.JPG

R0011133.JPG

ブッフェスタイルの朝食。
まずは、定番のトマトジュース。
温かいコーヒーやジュースはセルフサービスで。 

R0011118.JPG

R0011123.JPG

籠に盛られたクロワッサンやデニッシュ。
エッグステーションで頼んだプレーンオムレツは、
シェフが手際よく作り上げる。

R0011106.JPG

R0011111.JPG

奥には、夜はバーになるU字型のカウンターがブッフェボード。
品数は多くないが、野菜や温菜が並ぶ。 

R0011124.JPG

R0011132.JPG

R0011113.JPG

スクランブルエッグに、ソーセージとベーコン。
プレートには、和風と中国風の惣菜。
大きめにカットした根菜の筑前煮や、
中華風の炒め物。
御飯と味噌汁の横には、納豆や海苔など定番のメニュー。 

R0011125.JPG

R0011110.JPG

からりとした揚げパンと、刻み葱をトッピングして、
中華粥をいただく。
ひと匙の胡麻油で、中華粥に。 

R0011120.JPG

R0011114.JPG

R0011122.JPG

洋風の温野菜やペンネもあるが、
大きな蒸籠には、系列の重慶飯店の点心師による、
焼売と肉まん。 

R0011117.JPG

R0011119.JPG

大きめの焼売は、豚肉が、しっかりたっぷり入って、
八角など香辛料が香って本格的な味。
肉まんも、香りがいい。
デザートは、フルーツのシロップ漬けと杏仁豆腐。 

R0011126.JPG

R0011121.JPG

中華街で働く人たちが行き交う道路を眺めて、
しっかりしたアップルパイと、温かいコーヒーで締めくくり。

R0011127.JPG

R0011134.JPG

R0011140.JPG


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

京の朝粥を後楽園で [ホテル]

あいにくの曇天の朝。
東京ドームホテルの周辺は、いつものように賑わっている。 

R0011097.JPG

建物の周囲に池を巡らせて、
広々したロビーは壮観。
4階の、熊魚菴たん熊北店の東京ドームホテル店へ。 

R0011092.JPG

R0011096.JPG

4階ワンフロアほぼすべてのスペースに、
テーブル席や個室や座敷を構える。
天麩羅,鉄板焼き,寿司のスペースには、
本店のある京都の地名、嵯峨野,祇園,清水の名前。 

R0011087.JPG

R0011086.JPG

R0011085.JPG 

R0011081.JPG

案内されたテーブル席からは、東京ドーム
アトラクションが一望できる。 
大きな窓とカジュアルな明るい雰囲気。

R0011082.JPG

運ばれた膳は、京の朝粥。
ジェットコースターの曲がった軌道や観覧車を眺めながら、
いただく和食とは、なかなか珍しい。

R0011076.JPG

R0011069.JPG

ふっくらした甘塩の鮭。
炊き合わせは、きれいに面取りした小芋や茄子、
彩りの赤蒟蒻。
薄味で煮含まれていて美味しい。 

R0011070.JPG

R0011073.JPG

ひじきの煮ものや玉子焼は、どこか懐かしい味。 
胡麻和えにした若いオクラは、食感と胡麻の風味が美味しい。

R0011072.JPG

R0011068.JPG

もったりした、お粥を茶碗へ。
吉野葛でとろみを付けた鼈甲色の鼈甲餡。
甘辛の餡に、なめたけ。
鼈甲餡の量で、お粥のやわらかさを調整しながらいただく。 

R0011074.JPG

R0011075.JPG

R0011067.JPG

京都の料亭,料理屋で馴染みのある、ちりめん山椒。
ぴりりとした山椒の風味が、お粥によく合う。 

R0011077.JPG

R0011071.JPG

R0011084.JPG

近くから見上げると存在感のあるホテル。
周辺のアトラクションに向かう家族連れが増える時間帯になる。 

R0011093.JPG


nice!(14)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サラダ、サラダ、サラダ [ホテル]

流れる雲は東京湾の朝の空。
新橋に近い、三井ガーデンホテル銀座プレミアの朝食。

R0011017.JPG

R0011059.JPG

16階のロビーは、黒を基調としたデザイン。
2方向に大きな窓があり、
西には、六本木のビル群と東京タワー
その先には、富士山の頂きが見える。 
南には、広がる東京のベイエリア。

R0011056.JPG

R0011014.JPG

R0011019.JPG

南側に面した、Restaurant Skyは、ブッフェスタイルの朝食。
エントランスで渡されるプレートを持って、席は自由に選べる。
テーブルと椅子、ソファー、珍しいのは窓際に並んだ、
小さなベッドのようなソファー。
寛ぎやすく、小さな子供の家族連れにも良いかもしれない。 

R0011055.JPG

R0011025.JPG

R0011053.JPG

R0011030.JPG

ドリンクは、窓際のブッフェボードに。
野菜ジュースと温かいコーヒー。 

R0011026.JPG

中央の大きなブッフェボードには、15種類ほどの、
サラダ、サラダ、サラダ。 

R0011020.JPG

オープンキッチンから出来たてが運ばれるサラダたち。
どれも、ひと手間加えた個性あるものばかり。
ソファーに運んで楽し。 

R0011024.JPG

R0011045.JPG

さっぱりした茹で豚とゴーヤ。
レタスを混ぜ込んだポテトサラダ。
しっとり、やわらかくて厚みのあるローストビーフのサラダは、
レンコンとゴボウを和えて。
野菜よりローストビーフの割合が多く、ロゼ色が美味しい。 

R0011028.JPG

赤いビーツとチーズのサラダは、アクセントにクルミを。
シャキシャキのモヤシのサラダ。
ツナとニンジンのサラダは、彩りにブラックオリーブ。 

R0011034.JPG

生ハムとアスパラガスのサラダ。
青パパイヤと小エビのサラダ。
中華風のネギソースは、やわらかくてジューシーに仕上げた蒸鶏に。 

R0011033.JPG

R0011047.JPG

大きなボウルには、生野菜が鮮やかにディスプレイ。
赤色、緑色は、見ているだけでも楽しい。
ビネガー,オリーブオイル,岩塩,黒い炭塩が傍らにあり、
好みのサラダにできる。 

R0011021.JPG

岩塩とフレンチドレッシングで、
フレッシュな野菜をいただく。
サラダは前菜ではなく、メインの位置付け。 

R0011031.JPG

R0011032.JPG

R0011039.JPG

エッグステーションはないが、
贅沢な黄色のスクランブルエッグ。
トロトロに仕上げたスクランブルエッグに、しっとりしたベーコンと、
大きめにカットしたマッシュルームや野菜のトマトソース煮。 

R0011023.JPG

R0011027.JPG

他に温かいメニューは、
和風の鶏の炊き込み御飯と、カボチャのスープ。
さらりとしたカボチャのスープを
ソファーのサイドテーブルに置くと、秋の雲が映る。 

R0011035.JPG

オープンキッチンの前には、
焼き立てのクロワッサンやデニッシュ。
まだ、ほんのり温かい、かわいいサイズのクロワッサンが美味しい。 

R0011022.JPG

R0011029.JPG

R0011044.JPG

甘いクリームソースを絡ませたカットフルーツもサラダ仕立て。
サラダのあるブッフェボードに並ぶ。
イチゴやバナナに、大きくカットした夕張メロンとパイナップル。
すっきりした甘さの真っ白なブラマンジェには、マンゴーのソース。
クラッシュしたアーモンドと、ドライチェリーを添えて。 

R0011036.JPG

R0011049.JPG

野菜はフレッシュで、個性が楽しいサラダ、
豚肉,鶏,ローストビーフ、どれも火の通し加減がいい。
目の前の築地市場や高層マンション、
その向こうにレインボーブリッジ東京ゲートブリッジ
ベイエリアが、よく見渡せるソファーで、
ふんわり軽いアップルパイとチョコレートのデニッシュ。

R0011040.JPG

R0011048.JPG

”楽しみのなる朝食”と題した朝食は、充実の品揃え。
たっぷり野菜をいただいた朝。

R0011058.JPG


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋空のフレンチトースト [ホテル]

過ごしやすい10月の朝。
見上げると秋の雲と、秋の青空。
ザ ペニンシュラ 東京の、ザ ロビーへ。

R0010999.JPG

R0010996.JPG

エントランスには、手入れの行き届いた瑞々しい生花。
淡い桃色がホテルの雰囲気を代表している。 

R0010995.JPG

いつ来ても、高い天井と広々した空間が気持ちいい。
他のホテルにない贅沢で、大胆なデザイン。
最近は客室稼働率が、ほぼ100%なので、
中央のソファーで順番を待つことに。
この空間なら待つ時間が、ゆっくり流れるよう。 

R0010983.JPG

案内されたコーナーの、L字のソファー。
ゆったりできるのは、ロビー全体が見渡せるから。 

R0010969.JPG

オレンジ,グレープフルーツ,トマトなど選べるジュース。
他に日替わりのジュースがある、この朝はピーチジュース。
生の桃のような味、淡い色合いがフレッシュであることを表している。 

R0010972.JPG

R0010993.JPG

バナナ,イチゴ,ドライチェリーを飾ったバナナブレッドのフレンチトースト。
軽い仕上がりと、甘すぎない上品さが美味しい。
添えられたマスカルポーネのクリーム。
バナナ,フルーツ,クリーム、そして輝くメイプルシロップを
すべて合わせて、バランスを楽しむ。

R0010973.JPG

R0010975.JPG

しっかりしたコーヒーは好みの酸味。
新聞を読みながら、スタッフに、お替りをお願いする。 

R0010980.JPG

バターを付けなくても、ふっくらして、サクサクのクロワッサンは美味しい。
練り込んだバターの香り。
ミルクの風味が美味しいマフィン,オレンジとカスタードが魅力のデニッシュ。

R0010977.JPG

秋が来ると訪れたくなるホテル。

木を多用したデザインが温かさを感じさせてくれる。  

R0010994.JPG


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンドイッチを作ろう [ホテル]

小雨の東京都港区の朝。
汐留のパークホテル 東京の系列ホテル、芝パークホテルで朝食を。

R0010898.JPG

表通りに面した本館と、路地を隔てた別館の2棟。
以前、本館にあったフロントレセプションは別館1階に移り、
本館1階はロビーとコーヒーショップ プリムラがある。
昭和を感じるデザイン、カーペットには切株のデザイン。

R0010900.JPG

R0010930.JPG

R0010901.JPG

朝食は洋食のブッフェスタイル。
料理は奥のブッフェカウンターに並んでいる。
クラシックなカーテンと植栽、黄色が鮮やかな椅子。

R0010910.JPG

R0010915.JPG

冷えたオレンジジュース。
ジュースは2種類、コーヒーはセルフサービス、
カジュアルな雰囲気で、料理の種類は少ないものの、
必要十分なバリエーション。

R0010914.JPG

基本に忠実に作ったポテトサラダ。
サーモンと野菜に、フレンチドレッシング。 

R0010908.JPG

R0010912.JPG

R0010911.JPG

蒸し上げた温野菜には、
ガーリックを効かせたバーニャカウダ風ドレッシング。

R0010922.JPG

玉子料理は3種類。
濃い黄色が美味しいトロトロのスクランブルエッグと、
甘めのトマトソースの大きなオムレツとボイルエッグ。

R0010904.JPG

R0010905.JPG

ベーコンとソーセージの塩味でオムレツと
スクランブルエッグをいただく。 

R0010917.JPG

小ぶりのサイズのクロワッサンは焼きたて。
サクサクで温かく、玉子料理と相性がいい。

R0010913.JPG

R0010921.JPG

次は温かい料理。
白ワインと生クリームのソースが美味しい魚のソテーには、
キノコとトマトを添えて、
デミグラスソースで煮込んだハンバーグ、
そして、朝食には珍しいカレー風味のチキンピラフ。
キャベツたっぷりのミネストローネもある。

R0010916.JPG

ブッフェボードのサーモンは、
レタス,スライストマト,チェダーチーズ,ロースハムと、いっしょに並ぶ。
傍らには、薄めにスライスした2種類のパン。
好みのサンドイッチを作れるように置かれている。 

R0010906.JPG

R0010907.JPG

軽くトーストした胚芽パンに、マスタードバター。
具材と、アクセントの黒胡椒。
朝食に相応しいサンドイッチ。

R0010918.JPG

R0010919.JPG

デザートは、焼き色が嬉しいパンプディング。
冷えて、上品な甘さが美味しい。

R0010909.JPG

R0010928.JPG

デニッシュは、焼き上げて間がないのか、ほのかに温かい。
欧米のゲストが多く、観光や空港に向かう姿。
カジュアルな朝食を終えて、六本木方面へ。

R0010927.JPG

R0010924.JPG

R0010903.JPG


nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

高輪の丘 [ホテル]

早朝の品川駅から、なだらかな坂を上って、
Marriottと提携して、リノベーションしたばかりの、
ザ プリンス さくら タワー東京へ。 

R0010896.JPG

R0010895.JPG

丘の上に建つホテルのエントランスへ続くアプローチは、
規則的に組まれた木の屋根が、朝の光を、やわらかくしてくれる。 

R0010892.JPG

真新しいフロントレセプションは、シンプルモダンなデザインで、
西洋風の中に、和の要素が感じられる。
工夫された照明も手伝って、広々と快適。 

R0010891.JPG

R0010837.JPG

R0010890.JPG

木立に囲まれた庭園を望む、リストランテ カフェ チリエージョ。
隣接するグランドプリンスホテル高輪との高低差を活かした庭は、
自然が感じられて、朝食に相応しい。
間近の池が爽やかさを増してくれる。

R0010839.JPG

R0010882.JPG

R0010883.JPG

R0010884.JPG

和の雰囲気を感じる間仕切りを効果的に使った店内。
中央にバーがあり、左右に客席、奥にオープンキッチン。

R0010887.JPG

R0010881.JPG

オープンキッチン前には、温かい料理やサラダ,フルーツが並ぶ。
コーヒーは、たっぷり3杯入るコーヒープレスで。
庭を眺めながら、まず温かいコーヒー。 

R0010848.JPG

R0010889.JPG

生ハム,サラミ,スモークサーモン,魚介のサラダから。
チーズやナッツ類も置いている。 

R0010852.JPG

R0010858.JPG

バケットやクロワッサンは角度を付けてディスプレィしている。
オープンキッチンで、エッグベネディクトをオーダー。 

R0010846.JPG

R0010864.JPG

R0010888.JPG

かわいいサイズのマフィンに、やわらかいベーコン、
空気を含ませたオランデーズソース、とろりと流れる卵黄。
ちょうどいい塩味で、出来たてが美味しいエッグベネディクト。 

R0010854.JPG

R0010856.JPG

ブッフェボードのスクランブルエッグに、
ベーコン,ソーセージ2種,ジャーマンポテト。 

R0010872.JPG

R0010868.JPG

タジン鍋で蒸し上げた野菜は、シンプルに塩でいただく。
野菜のソテーやペンネもある。 

R0010873.JPG

R0010862.JPG

R0010849.JPG

フレッシュな野菜の後は、さらりとしたコーンスープ。
スープは、コーンとミネストローネの2種類。 

R0010861.JPG

和のメニューは、トッピングが、たくさん置いてある、お粥。
あらかじめ種を取り除いた梅干し、野沢菜としらすをトッピング。 

R0010878.JPG

R0010870.JPG

定番のトマトジュースやリンゴジュースの他に、
珍しい紅芋のビネガードリンクもある。
デザート代わりに、冷たいキウイのスムージー。
甘さほどほどで、爽やかな口あたり。 

R0010886.JPG

R0010859.JPG

甘いメロンや、大粒の葡萄に続いて、
フレンチトーストとワッフルを。
ハチミツとメイプルシロップだけでなく、
ブルーベリーとチェリーのフルーツソース。

R0010874.JPG

R0010850.JPG

R0010871.JPG

スタッフに、新しいコーヒープレスをお願いして、
見た目に美味しいデニッシュ。 

R0010877.JPG

R0010880.JPG

品川駅の近くにいると思えない緑豊かな雰囲気と、
リノベーションしたモダンなデザインが魅力の場所。 

R0010838.JPG

R0010844.JPG


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

朝日の揺らぎの中で [ホテル]

都会の真ん中にいるとは思えない、穏やかな朝の風景。
ザ キャピトルホテル東急の周囲に巡らせた池に、わずかな漣。 

R0010764.JPG

R0010731.JPG

高層ビルの合間から差し込む朝日。
池の漣に反射した朝日は、オールデイダイニング ORIGAMIの軒で、
心地いい揺らぎの模様を作っている。
まるで庭園の中で朝食をいただいているような気持ちにさせる。

R0010765.JPG

R0010758.JPG

窓際に並んだフレッシュジュースから、
とろりとした甘さのマンゴージュースと、
すっきりした爽やかな野菜ジュースを。 

R0010693.JPG

R0010720.JPG

2013年5月からはじまったブッフェスタイルの朝食。
たくさんの種類と、そのディスプレイの美しさがいい。 

R0010705.JPG

軽く燻製したスモークサーモンは、
小粒のケイパーとタマネギとレモンでいただく。
まるで刺身のような食感と新鮮さが美味しい。 

R0010725.JPG

いい塩気の生ハムはピクルスと。
朝食には珍しいオイルサーディンは、カリカリのバケットと。
軽くソテーしたズッキーニやナスやゼブラトマトと。
クレソンを添えたハムと鴨の燻製。
どれも厳選した素材が分かるものばかり。 

R0010722.JPG

R0010723.JPG

R0010724.JPG

食べやすいサイズのパンやデニッシュたちが並ぶ。
フランス、Lescore(レスキュール)のバターは、有塩と無塩の2種類。
まろやかな美味しさが魅力。
そして、さっくりしたクロワッサンは、軽い食感がいい。 

R0010728.JPG

R0010696.JPG

R0010717.JPG

R0010700.JPG

モッツァレラらグリュイエールなどのチーズ。
コーンフレークをはじめとしたシリアル。
ココットには温かいオートミール。
ハチミツとドライフルーツに、きな粉をトッピング。
洋の料理が、きな粉の香ばしい風味で、和の表情に。 

R0010701.JPG

R0010747.JPG

R0010761.JPG

オーダーした卵料理は、プレーンオムレツ。
はち切れんばかりの、綺麗な姿に、中はトロトロ。 

R0010718.JPG

温かい料理も充実している。
素材それぞれに応じて、
ボイルしたもの、ソテーしたもの、揚げたもの。 

R0010704.JPG

ベーコンは、しっかり火を通したものと、
しっとりしたもの、2種類。
余分な脂を吸う為のパンを敷いている気配り。
クリスピー過ぎず、しっかりした味と
やわらかい脂の甘みを味わう。 

R0010729.JPG

R0010737.JPG

ゴーヤと卵のソテーは上品な味、
ソテーした紫タマネギやナスを添えて。
マジョラムを入れたものなど3種類のボイルしたソーセージは、
それぞれの美味しさのの違いを楽しむ。
甘いサツマイモやカボチャのソテーと
食感が嬉しいレンコン。
きれいに蒸し上げたジャガイモは、
何も付けなくても美味しい。 

R0010735.JPG

R0010733.JPG

R0010734.JPG

R0010711.JPG

野菜のピクルスやトマトとチーズのカクテル仕立て、
マヨネーズで和えたサラダ。
秋らしいキノコのリゾットには、黄色の銀杏。
キノコの旨味が出ている。 

R0010730.JPG

R0010742.JPG

8月まではフォーがあったブッフェボードには、
朝食に珍しいメニュー、丸鶏1羽で作った参鶏湯。
ほぐした鶏,ココットに入った栗と銀杏,
ネギ,ショウガ,クコの実を入れたボールに美味しいスープ。
岩塩で味を調えると、肌寒い朝に美味しい、ひと品。

R0010746.JPG

R0010745.JPG

R0010739.JPG

R0010699.JPG

R0010698.JPG

名残のスイカや、果肉が黄色いキウイもある。
フレッシュなカットフルーツに、
プルーンやドライフルーツをトッピング。
ローストした松の実とクルミが
秋をイメージさせてくれる。

R0010751.JPG

R0010708.JPG

温かいフレンチトーストは、
やわらいバケットの軽い焼色で
メイプルシロップを敷いたプレートの上に。 

R0010703.JPG

R0010749.JPG

R0010762.JPG

かわいいサイズのフォカッチャは、
ズッキーニとセミドライトマトがのる軽い塩味。
ブリオッシュと、
バナナの香りが口の中に広がるバナナブレッドは、
小さいサイズでも存在感あり。 

R0010755.JPG

R0010760.JPG

ポットで提供される温かいコーヒー。
トアルコトラジャのバランスのとれたコーヒーを
いただきながら、爽やかな気持ちの朝の時間を過ごす。 

R0010766.JPG

R0010689.JPG


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

50種類の楽しみ [ホテル]

ひさしぶりに洗車しようと向かった、ホテルオークラ東京
本館地下2階の、スピードキング ホテルオークラ東京店
車を預け、本館ロビーへ。
漆塗りのテーブルと椅子が、花弁を表現する落ち着いた佇まい。

R0010674.JPG

R0010673.JPG

ランチタイムの飲茶を頂きに、
チャイニーズテーブル スターライトへ向かう。
11階のエレベーターホールから長いアプローチの先。 

R0010671.JPG

R0010670.JPG

スタッフの行き届いたサービスで、
フリーオーダースタイルの頂級飲茶を、お願いする。 
テーブルで注文し、出来たていただける嬉しいランチ。

R0010618.JPG

小柱やイカと、干豆腐の千切りをジュレのドレッシングで和えた、
爽やかな中華風サラダからスタート。
続いて、ふんわり軽い海老の揚げ餃子と、胡麻と蟹の風味の挟み揚げ。
蒸籠で熱々の焼売と餃子。
どれも上品な味わいで、ちょうどいいサイズ。

R0010642.JPG

R0010643.JPG

ここからは、点心,料理,デザート全50種類を
好きなだけオーダーできる。 

R0010646.JPG

ツルリとした食感が美味しい、刺身クラゲ。
やわらかいスペアリブの梅肉蒸しは、梅の酸味が隠し味。
軽く揚げたプリプリの海老に、
ほんのり甘いマヨネーズソースをまとった、海老のマヨネーズソース。 

R0010647.JPG

R0010650.JPG

R0010624.JPG

オイスターソースが美味しい、牛肉の包み蒸し。
シャキシャキした食感に中華スープの旨味の、野菜のさっぱり炒め。
醤油で煮込んだ巻き湯葉は、肉の餡がジューシー。
彩り鮮やかな蒸し餃子の翡翠仕立て。

R0010648.JPG

R0010651.JPG

R0010655.JPG

R0010653.JPG

R0010619.JPG

ハチミツを塗って焼いた自家製チャーシューは、
やわらかさと、味付けの奥行きが絶品。
季節の冬瓜は干し貝柱の旨味を吸いこんで美味しい。
プルプルの豚足コラーゲンの醤油煮込みは、
とろけるように、やわらかい。
きれいな球形のパン包み揚げの中心は、イカとホタテ。

R0010657.JPG

R0010656.JPG

R0010658.JPG

R0010659.JPG

R0010652.JPG

豚肉と韮がたっぷり入った、香港餃子香り焼き。 
キツネ色の美しい揚げ色の中は、細切り牛肉の春巻。

R0010663.JPG

R0010661.JPG

まだまだ食べてみたいメニューがあるものの、
最後は、甘酢がさっぱりする胡瓜で。
温かい茉莉花茶を、お願いして、デザートへ進む。 

R0010660.JPG

クラッシュアーモンドをトッピングした杏仁アイスクリーム。

さっぱりした、お気に入りの愛玉子(オーギョーチ)のライチ風味。
外せない杏仁豆腐。
ふんわりした中華蒸しパンの、マーラーカオ。
胡麻の風味と、なめらかな餡の胡麻団子。 

R0010664.JPG

R0010666.JPG

R0010669.JPG

どの料理も、上品で丁寧な仕事が光る逸品揃い。
点心師とシェフの技が堪能できる。 

R0010623.JPG


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋のタルティーヌ [ホテル]

早朝の、グランドハイアット東京の静かなロビー。
大きな顔の形をしたオブジェ。
階段を上がった先にある、フレンチ キッチンへ向かう。

R0010568.JPG

R0010573.JPG

R0010564.JPG

R0010576.JPG

これからの季節は特に気持ちのいいテラス席を通り過ぎ、
奥にあるガラス扉の個室へ。
サンデーモーニングクッキングクラスのシェフズ テーブル。

R0010579.JPG

大きなテーブルと本棚、大きな窓から朝の光。
新鮮な食材とと調味料。
キッチンに集まって、調理がはじまる。 

R0010588.JPG

R0010603.JPG

副総料理長のダヴィッド ブラン氏の調理がはじまる。
テーマは、タルティーヌ。
朝食だけでなく、ランチや軽食にもなるタルティーヌ。
4種のタルティーヌを作る。

R0010583.JPG

砕いた胡桃を混ぜたクリームチーズに
バターでローストした洋ナシと胡桃。 
軽く温めた、クルミとレーズンのパンに盛り付けて
スライスしたゴートチーズとトッピング。
最後に数分、オーブンに入れて温めて、
彩りのチャイブと胡椒をふりかけて、
Tartine Autumunalの出来あがり。
洋ナシの上品な甘さと胡桃とチーズの風味が美味しい。
豊かな収穫期の秋をイメージさせる、ひと品。

R0010586.JPG

R0010593.JPG

Tartine Benedictは、卵とサバイヨンを使った、
エッグベネディクトのような朝食向きのタルティーヌ。
ソテーしたベーコンとホウレンソウに、
カットした茹で卵をのせ、
卵黄と澄ましバターと白ワインで作った美味しそうな色の
サバイヨンソースを。

R0010591.JPG

オーブンで焼き色が付いたら出来上がり。
バターリッチなソースが美味しい。 

R0010594.JPG

R0010585.JPG

3品目は、野菜たっぷりの、Tartine Croque-Vegitable。 
オリーブオイルで軽く煮たスライスしたナスとズッキーニ、
カットしたパプリカやラディッシュなどを用意。
黒オリーブで作ったタップナードソースをトーストに塗り、
野菜を重ねていく。

R0010598.JPG

R0010599.JPG

カットすると、カラフルな断面が楽しい。
合わせた野菜の美味しさを黒オリーブが
まとめてくれる。

R0010608.JPG

R0010589.JPG

最後は、Tartine Fruity。
バターとハチミツを塗って、軽く温めた丸いブリオッシュ。
煮詰めたポルトと季節のイチジクを盛り付け、
ハチミツとチョコレート、刻んで香りを出したミントを飾る。
これだけで立派なデザートになる大人の甘さ。

R0010597.JPG

R0010600.JPG

R0010602.JPG

R0010581.JPG

調理が終わったら、テーブルに戻って、食事がはじまる。
スタッフがサービスしてくれるスモークサーモンや生ハム。
バスケットに盛られたパンたちと、コーヒー。
フレンチ キッチンのブッフェボードに、いつも並ぶ美味しい料理たち。 

R0010609.JPG

R0010606.JPG

先ほど調理過程を見たタルティーヌ4種を味わう。
ベリーをあしらったミューズリーがデザート。
人気のクッキングクラスは、
秋の朝を豊かな気分にさせてくれる。 

R0010610.JPG

R0010616.JPG

R0010571.JPG


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

竹筒の杏 [ホテル]

残暑の厳しい9月の夕方。
涼みに訪れた、ホテルオークラ東京。 

R0010557.JPG

温かい雰囲気の、中国料理 桃花林。
スタッフが笑顔で迎えてくれる。

R0010558.JPG 

R0010556.JPG

手元のプレートや、
ジャスミンティーの入ったポットには桃の絵柄。
間仕切りには、鳳凰が舞う。
さり気無く置いたナプキンは、
花の蕾のように結んでいる。 

R0010540.JPG

R0010534.JPG

R0010555.JPG

棒々鶏冷麺は、濃厚な芝麻醤のソースに
茹で加減が絶妙な中太麺。
オレンジ色の辣油は、品のある辛さがアクセント。
やわらかい鶏とクラゲの食感、
香る香菜と中央に盛った千切り野菜の爽やかさ。

R0010541.JPG

R0010544.JPG

R0010545.JPG

落ち着くシートに深く腰掛け、
デザートは、竹筒入り古式杏仁豆腐。 

R0010537.JPG

冷えた竹筒に、シロップに浮かぶクコの実とバジルシード。
珍しい北杏(ホッキョウ)と南杏(ナンキョウ)を
贅沢に使用した本格的な杏仁豆腐。 

R0010552.JPG

コクの北杏、香りの南杏をバランスよくブレンドして、
スッキリした甘みと、口に含んだ時と後で広がる爽やかな香り。 

R0010553.JPG

R0010536.JPG

伝統のロビーは、四花弁を屏風のようにデザインした、
日本的な雰囲気が落ち着く。
季節の草木を眺めながら、ゆったりした時間。 

R0010563.JPG


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

黄金の一滴 [ホテル]

朝日を浴びて、瑞々しい緑。
高層ビルの最上階は、
天井のガラスを通して降り注ぐ光と緑が気持ちいい。 

R0010528.JPG

R0010530.JPG

西新宿のパークハイアット東京のエレベーターを降りると、
誰もいない早朝のラウンジ。 

R0010524.JPG

ジランドールは、ゲストを待つ、並んだ新聞と揃った料理。
洗練されたデザインと、落ち着いた雰囲気が、
お気に入りの空間。 

R0010494.JPG

R0010469.JPG

R0010489.JPG

R0010491.JPG

R0010485.JPG

フレッシュジュースをいただいて、
大きくて、しっとりしたスモークサーモンに
オリーブやピクルス、ハムを。
スモークサーモンに、ほのかなディルの香り。 

R0010484.JPG

R0010502.JPG

R0010503.JPG

R0010492.JPG

R0010501.JPG

カマンベール,チェダー,ハーブを混ぜたクリームチーズなど、
チーズの種類も充実している。
そして、パンのバリエーションは見ているだけで、うれしくなる。 

R0010482.JPG

定番のクロワッサン,
セミドライトマトとパルミジャーノをのせたミニサイズのフォカッチャ,
トースト,バケット,甘いマフィンやペストリーたち。 

R0010481.JPG

R0010480.JPG

R0010487.JPG

R0010471.JPG

キャラメリゼしたクルミとシロップ漬けのフルーツ、
モッツァレラと新鮮な野菜。 

R0010490.JPG

R0010514.JPG

R0010466.JPG

テーブルに届いたエッグベネディクト。
サーモンかハムを選ぶスタイルで、
選んだのは、しっとりした、やわらかいハム。 

R0010505.JPG

R0010507.JPG

軽く仕上げたオランデーズソースと、ハムの塩気のバランスがいい。
黒胡椒のアクセントで美味しくいただいた。 

R0010511.JPG

以前にはなかった温かい料理も
ブッフェボードに並ぶようになった。
焼き色が絶妙な、プリッとしたソーセージ、
厚めのベーコンに、
グリルしたエリンギ,ポテト,トマト。

R0010499.JPG

R0010516.JPG

R0010512.JPG

さらさらとした上品な、お粥もある。
高菜と梅干しを、陶製の匙でいただく。 

R0010500.JPG

R0010518.JPG

R0010472.JPG

厳選した魅力的なフルーツたち。
そして、養蜂箱から取り出した、そのままのハチミツ。
よく見ると小さな六角形のハニカム構造の中に、
黄金に輝くハチミツが詰まっている。
一滴一滴、落ちてくるハチミツをフルーツに。

R0010477.JPG

R0010521.JPG

R0010519.JPG

ココット皿に溢れるようなシナモンロール。
フワフワの食感とアイシングした砂糖が美味しい。
コーヒーをお替りして楽しむ。 

R0010479.JPG

R0010483.JPG

R0010523.JPG

R0010468.JPG

R0010470.JPG

ジランドールの朝の雰囲気は、
いつ訪れても幸せにさせてくれる。

R0010467.JPG


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

真っ白なパンケーキ [ホテル]

午後のティータイムに通りかかった、
昭島のフォレスト イン 昭和館
最上階10階のラウンジ ダコタは広い森が見渡せる。 

R0010408.JPG

窓一面から明るい光が、店名の表すように
飛行機のキャビンをイメージした店内隅々まで届いている。 

R0010395.JPG

R0010401.JPG

R0010399.JPG

深みのあるコーヒーをいただきながら、
注文したパンケーキを楽しむ。 

R0010397.JPG

ホワイトチョコレートの白いソースをまとったパンケーキ。
砕いたマカダミアナッツと、凍らせたフルーツ。
ナッツがアクセントに、
次に冷たいパイナップルやマンゴーやベリーの食感が楽しい。

R0010406.JPG

R0010405.JPG

R0010407.JPG

R0010402.JPG

iPadを見ながら、外の景色を眺めながら、
ゆっくりと時間が過ぎると、
外に出るころには、すっかり夏の夕暮れ。 

R0010409.JPG

R0010413.JPG


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ゆっくりと出来たてを [ホテル]

西新宿のハイアットリージェンシー東京
3階の、酒肴 omborato(おんぼらあと)は、
白を基調としたデザインで、明るい雰囲気。

R0010225.JPG

西側の窓から明るい日差し。
休日のランチは、ブッフェスタイルの日本料理が楽しめる。

R0010175.JPG

R0010174.JPG

新鮮な鮪,はまち,帆立、姿造りの鯛。

R0010210.JPG

刺身の美味しさは新鮮な素材と、包丁の仕事。
鯛は霜造りで、皮と身の間の旨味も堪能できる。 

R0010176.JPG

氷の上に、豪華な蟹。
三杯酢で、さっぱりといただく。 

R0010199.JPG

温かい料理から、豚しゃぶを。
紅葉おろしとポン酢、続いて、なめらかな胡麻だれ。
しっとりした豚肉が美味しい。 

R0010179.JPG

南瓜のしんじょうには、たっぷりの蟹の餡。
蒸籠で蒸し上げた、熱々を。 

R0010213.JPG

青菜のお浸しや、茄子の煮浸しは、
夏を感じる重要な脇役。 

R0010193.JPG

R0010181.JPG

幾重にも、ふんわり仕上げた出汁巻き玉子。
銀餡をまとわせて、温かい状態を保ち、
つやつやした見た目から美味しさが分かる。
たっぷりの大根おろしと。 

R0010202.JPG

R0010186.JPG

テーブルを周るワゴンには、出来たての自家製豆腐。
ほのかに磯の香りがする藻塩でいただく。
温かい、あっさりした中に大豆の風味。
藻塩が引き立てる。 

R0010187.JPG

R0010212.JPG

ブッフェボードには飲物も並ぶ。
オレンジジュース,コーヒー,紅茶、
そして、夏らしい麦茶が美味しい。 

R0010203.JPG

ブッフェボードの中央には、
スタッフが揚げる天麩羅。
海老,薩摩芋,アスパラガスを、塩とレモンで。
サクサクの衣、出来たてをいただける贅沢な気分。
いくらでも食べられそうな軽い食感。 

R0010182.JPG

温かい料理は、他にもたくさん。
鶏の竜田揚げ,鯛の煮物,牛肉の柳川風。
揚げたての串揚げはタルタルソースで。
牛肉の筑前煮風は、トロトロの牛肉の脂が美味しい。

R0010206.JPG

R0010204.JPG

R0010189.JPG

R0010200.JPG

お酢でさっぱりした、鶏の揚浸しや、
どこか懐かしい糸蒟蒻と明太子の炒め物。

R0010188.JPG

水菜と、かりかりに炒ったじゃこに、
ゴマ風味のドレッシングは、新感覚のサラダ。 

R0010207.JPG

絞めのお食事は、
粟の炊き込み御飯や味噌汁、
そして、綺麗な桃色の鮪や、
いくらがのった、かわいい小丼。

R0010194.JPG

R0010184.JPG

寿司はテーブルでオーダーすると、
店内にある鮨 みやこから運んでくれる。
どれも新鮮、鮪,鯛,はまち,サーモン,いか,甘海老。
ちょうどいいサイズで、出来たてが味わえる。 

R0010183.JPG

小分けした稲庭うどん。
冷たい出汁に、揚げ玉と葱。 

R0010201.JPG

R0010191.JPG

デザートも豊富。
アイスクリームやプリン、かわいいサイズのケーキ。 

R0010196.JPG

R0010197.JPG

黒蜜でいただく、抹茶を塗した、わらび餅。
西瓜,キウイ,グレープフルーツとシロップと寒天は、
朝顔に見たてた涼しげなガラスの器で。
さっぱりとしたら、上品な甘さのプリンと抹茶のアイスクリーム。 

R0010219.JPG

R0010211.JPG

R0010198.JPG

冷水に気持ち良く漂う白玉は、ぜんざいで。
かわいいサイズの、おはぎ。
最後は、温かいコーヒーを。 

R0010220.JPG

R0010223.JPG

温かい料理は温かく、新鮮な料理は、より新鮮に、
出来たての美味しさを、上品な味付けで楽しんだブッフェ。
石川県の方言”ごゆっくりと”を店名にした”おんぼらあと”で、
ゆっくりと、ゆったりと。

R0010214.JPG


nice!(19)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

昭和時代的富士山冷麺 [ホテル]

夜の六本木、グランドハイアット東京
大小様々な大きさの陶器を組み合わせた、
エントランスのデザインが印象的な、
中国料理 チャイナルーム。

R0010153.JPG

R0010156.JPG

店内は、天井の赤い照明が、
カトラリーやポットやプレートに反射して、
ヨーロッパや日本ではない、異国情緒を演出する。 

R0010129.JPG

R0010133.JPG

R0010130.JPG

温かい茉莉花茶(ジャスミンティー)をいただいて、
カシューナッツを、唐辛子やスパイスと炒めた、おつまみを。
かろやかな辛みとスパイスが食欲を呼び起こす。

R0010128.JPG

注文したのは、
洗練されたメニューの中で、異彩を放つ名前、
「昭和時代的富士山冷麺 思ひ出の昭和の冷やし中華」。
麺の上に、こんもり盛った錦糸玉子、麺を囲む具材の数々。

R0010141.JPG

冷やし中華の定番の盛り付け、
富士山に見たてた、冷やし中華の王道。 

R0010140.JPG

R0010139.JPG

思わず微笑む、あまりにも定番な、なると、
蒸し鶏,トマト,甘く煮た椎茸,もやし,色どりの胡瓜、
そして、どこか懐かしい紅生姜。
中国酢を効かせて、さっぱりした甘さが爽やかなスープ。
中太麺には、あらかじめ絡めてある胡麻油が香って、食感もいい。
時々、辛子のアクセント。
バランスの良さ、丁寧な調理と技。
オーソドックスなデザインにしているのは、シェフの遊び心。
シェフが楽しんで作っている様子が思い浮かぶ。 

R0010137.JPG

R0010135.JPG

R0010131.JPG

デザートは、「グランドハイアット香港特製クラシックマンゴープリン」。 
冷やした器に、固過ぎず、やわらか過ぎない、
絶妙な食感のプリン。
フレッシュなマンゴーのような、なめらかさ。
マンゴーのピューレと、フレッシュなマンゴー。
上品な甘さが美味しい。

R0010150.JPG

R0010149.JPG

エントランスには、季節の花、紫陽花。
抑えた照明に、パープルのグラデーションが美しい6月の夜。

R0010151.JPG


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ホテルの庵 [ホテル]

ロビーの植栽、新緑の美しい季節。
ホテルオークラ東京のロビーは、
いつものように清々しい。 

R0026972.JPG

R0026975.JPG

本館7階に、あまり知られていない茶室がある。
宿泊しなくても利用できる、この庵(いおり)の名は、
聴松庵(ちょうしょうあん)。 

R0026968.JPG

創業者 大倉喜七郎の雅号、”聴松”を名にした茶室は、
ホテルの中にあって、凛とした風情が漂う。
”松風を聴く”と解釈すれば、茶の湯の用語”松風”は釜の湯の沸く音。
湯の沸く音に耳を傾けられる静寂が、ここにはある。

R0026962.JPG

窓際の待合に腰下ろし、
曲水の宴の河の大きなうねりを白砂で模した、
手入れの行き届いた日本庭園を眺める。
3本の枝垂れ桜がある、この庭園は、
大きなホテルの中で、茶室と
周囲のゲストルームから眺められる美しい庭。

R0026948.JPG

蹲(つくばい)の手水鉢(ちょうずばち)で、手を清め、
打ち水をした石畳を歩いて、青畳がきれいな茶室へ。 

R0026967.JPG

R0026951.JPG

軸は、「漁夫生涯竹一竿」。
一輪差しの季節の花、床の間から、お香が薫る。 

R0026957.JPG

お菓子は青梅、新緑の季節に相応しい。
中は、なめらかな漉し餡。 

R0026955.JPG

R0026959.JPG

手水鉢の水音が、静けさ引き立て、
茶筅の音が鮮明に聞こえる。
萩焼でいただく、落ち着いた一服。 

R0026960.JPG

外国の大柄なゲストも入りやすいよう、
茶室特有のせまい躙口(にじりぐち)はなく、入りやすい。
天井は、杉板や竹など5種類の材料を組み合わせた細工。 

R0026961.JPG

茶室の外の、窓側の立礼席は、
10人程度のグループにも対応できる広さ。 

R0026965.JPG

R0026963.JPG

日頃、感じる機会が少ない静寂を再確認し、
背筋が伸びるような気分にさせてくれる、
ホテルの中の庵(いおり)。 

R0026976.JPG


nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

晴れのデリカテッセン [ホテル]

特徴あるエントランスの廂(ひさし)。
特徴ある影は、5月にも関わらず強い日差しで、
きれいな四角形を地上に描く。

R0026945.JPG

R0026943.JPG

ここは、西新宿のパークハイアット東京
新宿パークタワーに一歩入ると、
ランチの時間は、多くのビジネスマンが
1階ロビーを通り過ぎる。

R0026940.JPG

お気に入りのデリカテッセンでンチセットをオーダーして、
いつも利用する、惣菜の並ぶショーケース横のテーブルは
通り過ぎてテラスへ。 

R0026937.JPG

R0026941.JPG

磨かれた大理石のテーブルは、
東京都庁方向に開けた空間。
噴水の水音が心地いい。 

R0026926.JPG

R0026924.JPG

R0026925.JPG

高層ビルの影で、ちょうどいい爽やかさ。
温めてもらったクロックムッシュは、
しっとりしたハムと溶けているチーズが美味しい。
パンの表面のチーズの焦げ目も、いいアクセント。 

R0026927.JPG

R0026935.JPG

イワシのマリネと、リコッタチーズのサラダ。
フレッシュな野菜が、うれしい。 

R0026928.JPG

R0026934.JPG

デザートは、フルーツサラダ。
パン,サラダ,フルーツの3品と、
温めたミルクを添えた、濃い目のコーヒー。
春から初夏と初秋の、屋外が快適な時期には、
必ず訪れる、お気に入りの場所。 

R0026929.JPG

R0026931.JPG

R0026932.JPG


nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

昼下がりの丘の上 [ホテル]

休日の午後、東京の都心。
気持ちのいい晴れた空の下、
神田界隈を散策し、丘の上の、山の上ホテルへ。

R0026923.JPG

R0026922.JPG

本館1階のコーヒーパーラー ヒルトップは、
古き良き時代の喫茶店のようなデザイン。
白い壁の額,クラシックな小花の飾りの明かり。 

R0026910.JPG

テーブルには、レースのテーブルクロス。
スタッフのコスチュームも、ノスタルジック。 

R0026908.JPG

R0026909.JPG

カトラリーには、使い込まれて、
消えかかったホテルのロゴ。
大切に使われていることが、よく分かる。 

R0026904.JPG

特製リンゴパイ アイスクリーム添え。
溶けるバニラアイスの周囲には、
大人の苦みを効かせた出来立ての温かい、
キャラメルソース。
ソースの温かさで溶けていくアイスクリーム。 

R0026912.JPG

ソテーしたリンゴは、やわらかくて、
ナイフで綺麗に切れる。
しっとりした火の入れ具合が絶妙。
フレッシュなリンゴと、火を通して甘さを増した両方の、
いいところが味わえる。

R0026917.JPG

R0026914.JPG

キャラメルソースの上に、
焼き立ての、サクサクのパイ生地。
その上にリンゴ、その上にまた焼き立てのパイ。
普通のアップルパイではなく、
コース料理の最後のデザートのよう。 

R0026913.JPG

水出しの濃いダッチコーヒーが、
キャラメルソースやバニラアイスと相性がいい。
落ち着いて寛ぐ休日の昼下がり。 

R0026920.JPG

R0026903.JPG


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東京タワーと朝食を [ホテル]

好天に恵まれたゴールデンウィーク。
芝公園に建つ、ザ プリンス パークタワー東京
朝の太陽が、眩しく反射する。 

R0026838.JPG

朝食を提供するレストランは、
日本料理 芝桜と、33階のスカイバンケット。
33階に上がると、既に開店を待つ行列。
スカイバンケットは、普段は宴会に使用されているが、
毎朝、洋食を中心としたブッフェスタイルの朝食を提供している。 

R0026821.JPG

33階の窓から、手を伸ばせば届きそうな東京タワー
青い空を背景に、その堂々とした姿が映える。

R0026836.JPG

スタッフがジューサーで作る、チェリートマトとブルーベリーのジュース。
新鮮なベリーの酸味が甘すぎずに美味しい1杯。

R0026804.JPG

R0026814.JPG

シリアルやチーズの隣には、
フレッシュな野菜と、手を加えたサラダが各種。
オレンジとニンジンのサラダ,紫キャベツとベリーのサラダ,
クレソンとインゲンと蒸し鶏のサラダ,キノコとクスクスのサラダ,
海藻サラダ,オクラとパプリカのサラダ、などなど。
色鮮やかで、上品な味付け。

R0026805.JPG

トーストの他、食べやすいサイズのクロワッサンやペストリー。
鶏とチーズのサンドイッチや、シンプルな玉子のサンドイッチもある。 

R0026812.JPG

R0026806.JPG

ブッフェボードの端にはエッグステーション。
温かい料理も揃っている。 

R0026809.JPG

プレーンオムレツに、
厚めと薄めのベーコンを添えて。
温かいスープはクラムチャウダー。
タマネギの甘みが十分出ている。 

R0026808.JPG

R0026816.JPG

R0026822.JPG

眼下には増上寺の境内と木々が広がり、
遠くには高層ビル群。
クルミとハムに、ドレッシングとフレッシュな野菜。

R0026829.JPG

R0026807.JPG

白い御飯と、釜で提供されるお粥。
松の実やキムチなど、お粥のトッピングが豊富に並ぶ。 

R0026810.JPG

温かい料理から、
ハーブとソテーしたポテト,シンプルに蒸した野菜,
ニョッキのグラタン仕立てとハム。
シンプルな料理は朝に相応しい。

R0026820.JPG

珍しい料理もある。
マテ茶を練り込んだ麺をエスニック風にいただく。
フォーのようなアジア風の麺料理。 

R0026817.JPG

R0026815.JPG

スタッフがホットプレートで焼くのは、
ワッフルとパンケーキ。
出来たてのパンケーキに生クリームとベリーのジャム。
ナッツやドライフルーツと、
フレッシュな果物たち。
ボウルいっぱいに盛ってあるイチゴを添えて。 

R0026834.JPG

マフィン,フィナンシェ,チョコレートをしみこませたパウンドケーキ。
白桃と黄桃のペストリーは、甘すぎずコーヒーと相性がいい。 

R0026813.JPG

R0026832.JPG

R0026818.JPG

コーヒーは、スタッフが注いでくれるので、
新聞を読みながら、ゆっくりとパイをいただきながら、
外の景色を楽しむ。
東京タワーとともにいただいた朝食。 

R0026800.JPG


nice!(18)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

朝食は柚子の香り [ホテル]

ゴールデンウィークの朝、お台場の空は、きれいな青空。
ホテル日航東京の、
ゲストルームのバルコニーが、波のように見える。

R0026722.JPG

広いロビーは、白い壁に朝の光が反射して、
気持ちがいい。
日本料理 さくらは、階段を上った3階の東京の市街地を望む側。 

R0026728.JPG

R0026726.JPG

店内は土壁を湾曲させたエントランスを通った先。
曲線のデザインが各所に配されて、
やわらかな和の印象。 

R0026720.JPG

R0026714.JPG

R0026692.JPG

日本庭園を眺めながら、
まず最初に、柚子茶をいただく。
柚子の爽やかな香りが清々しい。 

R0026687.JPG

R0026712.JPG

日本庭園の先には、
レインボーブリッジと東京の街。
視界の左端は、東京タワー
視界の右端は、東京スカイツリー。 

R0026724.JPG

続いて、自家製豆腐。
やわらかい豆腐には、醤油でなく塩で。 

R0026690.JPG

R0026688.JPG

それぞれの器にも工夫がうかがえる料理の数々。
さらさらの、お粥には甘めの餡。
串を打って焼いた厚みのある鮭は、
皮目が、パリッとして脂がのっている。
汲み上げ湯葉は、やわらかいスクランブルエッグのような、
食感が美味しい。

R0026696.JPG

R0026697.JPG

R0026698.JPG

R0026704.JPG

R0026700.JPG

牛肉の時雨煮や、筍の煮物は、
甘めの味付けが美味しい。 

R0026702.JPG

R0026703.JPG

R0026707.JPG

温泉卵は、
海藻の、あおさの風味と出汁が効いている。 

R0026701.JPG

景色を眺めながら、ゆっくりできる日本料理の朝食。
お台場は、東京から最も近いリゾート。 

R0026716.JPG


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Yokan Aux Abricots [ホテル]

東京駅丸の内駅舎の向かい側。
開業間もない、KITTE

R0026734.JPG

斬新なデザインの、大きな吹き抜けの周囲に
たくさんのレストランやショップが並ぶ。
4階は、ステーショナリーや雑貨を取り扱うセレクトショップが
見ているだけでも楽しい。

R0026733.JPG

新しいショップの傍らに、
昔の雰囲気を残す旧東京中央郵便局長室。
窓から、向かい側の東京駅の灯り。
新旧が融合する夜景が美しい。 

R0026732.JPG

R0026731.JPG

場所は変わって、
薄手のカーテンの向こうは、KITTE
東京駅丸の内駅舎の中から向かい側を望む。
東京ステーションホテルの中にある、とらやのTORAYA TOKYO。

R0026736.JPG

R0026737.JPG

とらやパリ店のフルーツ羊羹。 
Yokan Aux Abricots アプリコット羊羹は、
宝石か、高価なブローチのような赤色に、
アプリコットのピューレを忍ばせた、一輪の花のような羊羹。
雄しべや、雌しべのように見えるアプリコットのオレンジ色。
しっとりした、艶やかな、透き通る色が、
漆黒のプレートに映える。
酸味と甘みを、温かいコーヒーと。

R0026740.JPG

R0026741.JPG

R0026743.JPG

静かに休める空間は、
古い煉瓦とモダンな照明の、新旧の融合。 

R0026749.JPG

R0026747.JPG

R0026750.JPG

帰宅を急ぐ人々で混雑する改札前。
煌びやかなドームが美しい連休の合間の夜。 

R0026754.JPG


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

テラスの白い薔薇 [ホテル]

ゴールデンウィークの、
晴れた気持ちのいい朝。
1階の駐車場から、アクセスが便利な、
ホテルオークラ東京のテラスレストラン。 

R0026645.JPG

R0026651.JPG

まだ、誰もいない早朝のショッピングアーケード。
レストランの席に着くと、
スパークリングワインや、ウォッカのあるブッフェボードの
飲物の中から、レモンとタバスコをグラスに。
そして、トマトジュースと、ホテルのロゴのマドラー。 

R0026648.JPG

R0026667.JPG

和風庭園の芝生に、
日が当って、休日の朝の雰囲気。 

R0026665.JPG

R0026684.JPG

R0026660.JPG

R0026654.JPG

いつも通り、丁寧に並んだ料理。
フレッシュな野菜に、昔から変わらないフレンチドレッシング。 

R0026670.JPG

エッグステーションに立つベテランシェフに、
プレーンオムレツをオーダーし、
クリスピーなベーコンと。 

R0026675.JPG

R0026659.JPG

R0026676.JPG

R0026656.JPG

ひさしぶりに、レーズンブレッドに手を伸ばす。
回転式のトースターで、きれいな焼目。 

R0026671.JPG

R0026661.JPG

温かい料理から、ソテーしたカラフルな野菜と、
これ以上の、なめらかさはないようなマッシュポテト。
トマトソースの酸味が美味しいグラタン。 

R0026674.JPG

焼いた皮が美味しそうな鮭や、
白い御飯と相性がいい佃煮や漬物があるので、
お粥に、鰹出汁が効いた餡を加えて、
和食もいただく。 

R0026662.JPG

R0026664.JPG

R0026663.JPG

R0026679.JPG

R0026673.JPG

淡いオレンジとグリーンの天井のストライプが
スプーンの曲面に映る。
きれいに並んだフレッシュフルーツたち。
皮付きバナナは、食べやすいように
半分にカットして盛られている。 

R0026653.JPG

R0026666.JPG

R0026655.JPG

メロンやパイナップルやシロップ漬けのイチゴに
アクセントのナッツを散らす。
美味しいフルーツグラタンを楽しんだ後は、
ワッフルにメイプルシロップとハチミツ。 
甘さ控えめで品のあるフルーツティーとともに。

R0026680.JPG

R0026657.JPG

R0026685.JPG

フロアには、コーヒーのポットと、
紅茶のポットを持ったスタッフが常にゲストの様子を察して
来てくれるので、ゆったりとコーヒーをいただける。
テーブルに置かれた白い薔薇のように、
上品な気分で、優雅に迎える連休の朝。

R0026677.JPG


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

武蔵の眺め [ホテル]

浅草ビューホテルのロビーは、
絢爛豪華な大きな熊手や、金色に輝く神輿が、
浅草や、江戸や、祭りを連想させるディスプレイ。 
これから東京の名所に向かう為に、
チェックアウトするゲストで混雑している。

R0026563.JPG

R0026564.JPG

R0026562.JPG

26階の、スカイグリルブッフェ&バー 武蔵の窓には、
すぐそこにあるような、朝の大きな東京スカイツリー
せり出した窓にはカウンターやテーブルがあり、
千葉方面を一望のもと、朝食がいただける。

R0026533.JPG

R0026555.JPG

ミネラルウォーターは、
硬水,軟水,国内,海外のボトルが揃っている。
オープンキッチンには、温かい料理をはじめ、
ブレックファストから引き続きランチのメニューになる、
たくさんの料理が並ぶ。 

R0026554.JPG

フレッシュな葉野菜を中心にしたカウンターは、
そのままでも、野菜のしゃぶしゃぶでも楽しめるスタイル。 

R0026543.JPG

タコのマリネや、シーフードサラダ、
湯むきしたトマトなど、冷たい料理を盛り合わせて、
まず、前菜に。 

R0026521.JPG

パンの種類は少ないものの、
バターリッチなクロワッサン。 

R0026544.JPG

R0026522.JPG

オープンキッチンでは、スタッフがフライドエッグと、
プレーンオムレツを作り続ける。
ガーリックトーストや、お好み焼きもある。 

R0026539.JPG

オーブンで焼いたベーコンと、豚肉のソテーは、
やわらかくて美味しい。
オムレツには、アサリのクリームソース。 

R0026523.JPG

R0026538.JPG

チキンのグリル,洋風モツ煮込み,野菜のソテーや、
カレーやスパゲッティなど、しっかりしたメニューも豊富。

R0026529.JPG

R0026552.JPG

R0026540.JPG

下町を意識した、和の惣菜も充実している。
焼き立ての鯖や鮭、筍の土佐煮、さっぱりした紅白なます、
中華風の蒸し上がった焼売もある。

R0026524.JPG

R0026550.JPG

R0026525.JPG

大きな土鍋には、
つみれや、出汁が染みた大根。
七味で、つみれと蒟蒻を。 

R0026549.JPG

R0026527.JPG

太めの大きなしらす、大根おろしと葱をあしらって、
冷えた讃岐うどんでいただく。

R0026545.JPG

R0026526.JPG

R0026541.JPG

かやく御飯の他、御飯とお粥も用意している。
洋食、和食、ランチブッフェのような豊富な品揃え。 

R0026528.JPG

R0026551.JPG

東京の下町を意識したメニューはデザートにも。
洋風のシフォンケーキやチョコレートケーキがあるものの、
人形焼,雷おこし,わらび餅,ぜんざい,ミニサイズのみたらし団子の
甘味の存在感。
ヨーグルトに、カットしたメロン,マンゴー,パイナップル、
そして、カラフルな金平糖をトッピングに。
カリカリした食感が楽しい金平糖。 

R0026548.JPG

R0026530.JPG

ふんわり仕上がったフレンチトースト。
軽い仕上がりに、メイプルシロップを。 

R0026536.JPG 

R0026546.JPG

ビスキュイを添えた、
バニラのアイスクリームで、デザートを締めくくる。 
朝日を浴びながら、東京の下町らしいブレックファスト。

R0026535.JPG

R0026556.JPG


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Vegetable Garden [ホテル]

神谷町駅から丘の方向へ。
ホテルオークラ東京の別館へ続く、
木立に囲まれた小道は意外に知られていない。
竹や桜が静かに出迎えてくれる夜。 

R0026516.JPG

R0026519.JPG

R0026510.JPG

本館のロビーと同じコンセプトの、居心地いい別館のロビー。
ダイニングカフェ カメリアは、明るいオールデイダイニング。
春野菜を中心にしたプリフィックスのブッフェスタイル。 

R0026509.JPG

R0026505.JPG

"Vegetable Garden"と命名したブッフェボードには、
色鮮やかな野菜、野菜、春野菜。 

R0026491.JPG

R0026480.JPG

和風,フレンチ,イタリアンに加えて、創作ドレッシングの数々。
トッピングや調味料が、迷ってしまうほど揃っている。
レタスやキャベツには、チェダーチーズのドレッシング。
海藻には、バルサミコ酢のドレッシング。

R0026488.JPG

R0026489.JPG

コースのスープ、
鶏とオクラのカメリアオリジナル ガンボスープは、
ワイルドでなく、上品な仕上がり。
オクラのとろみ、ダイス状にカットした鶏、
具だくさんで、体が温まる。 

R0026478.JPG 

R0026493.JPG

R0026490.JPG

蒸籠で蒸し上げた、新ジャガイモには自家製マヨネーズ。
青菜には、サウザンドレッシング。
ニンジンには、フレンチドレッシング。
カボチャには、粒マスタードのドレッシング。

R0026486.JPG

新タマネギのマリネ,キノコのマリネ,
紫キャベツのサラダ,ゴボウのマヨネーズ風味。
どれも丁寧な料理、安心していただける美味しさ。 

R0026494.JPG

R0026495.JPG

温かい野菜は、キャベツのバジル風味,
シンプルな野菜のソテー,ジャガイモのマスタードソテー、
そして、茹でた筍は柚味噌で、春の食感を楽しむ。 

R0026487.JPG

R0026496.JPG

コースのメインは、白ワインで蒸した白身魚に
ヴェルモット風味のクリームソースをたっぷりと。
円く春野菜が囲む。 

R0026485.JPG

R0026484.JPG

ふっくら蒸して、脂ののった白身魚と、
ソースと春野菜が、目にも舌にも春を感じる。 

R0026481.JPG

R0026492.JPG

R0026504.JPG

コースのデザートは、シェフパティシエ特撰 春苺のデザート。 
ミルクのジェラートで、さっぱりして、
ストロベリークリームの入ったスポンジと、
周囲のフレッシュな春苺をいただく。
老舗ホテルのダイニングらしい上品な美味しさ。

R0026500.JPG

料理も、スタッフのサービスも、
安心して寛げるレストラン。 

R0026513.JPG

R0026520.JPG


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理