煌びやかな朝食 [ホテル]

生駒の山の稜線をオレンジ色に染める朝日。
インターコンチネンタルホテル大阪で迎える朝。 

R0011717.JPG

朝食は、20階のノカへ。
クリスマスを目前にして、煌びやかなクリスマスツリーと、
プレゼントのカラフルなボックスがエントランスに置かれている。
大きな窓からは、まだ薄暗い大阪の街。 

R0011720.JPG

R0011721.JPG

R0011718.JPG

南東側が見渡せるテーブルで、
まず、温かいコーヒーを。
小花のデザインは、どこか和の雰囲気を感じさせる。 

R0011745.JPG

壁側にはオープンキッチン。
中央には、大理石の大小のブッフェボード。
黄色や赤色の明るくカラフルな照明とデザインは、
カジュアルでもあり、個性的。
フロアを行き交うスタッフのコスチュームは、
ダンガリーシャツにチノパンのカジュアルで好感が持てるスタイル。 
ブレックファストからディナーまで、ブッフェレストランとして、
気取らないスタイルを演出している。

R0011770.JPG

R0011774.JPG

R0011736.JPG

R0011730.JPG

あらかじめ、かわいいサイズのグラスに分けられた、
フレッシュジュースやスムージー。
ベリーのスムージーを持ってテーブルに戻ると、
朝日が更に輝きを増している。 

R0011729.JPG

R0011747.JPG

R0011757.JPG

閃光のように差し込む朝日。
テーブルに置かれた木製のプレートを持ってエッグステーションへ。
木製のプレートにはテーブルナンバーを刻印している。
出来上がった卵料理をスムーズにテーブルへ届ける工夫。 

R0011756.JPG

R0011742.JPG

丹波産,淡路島産,信州蓼科産など、
厳選した卵を調理してくれるエッグステーション。
注文した豊かな黄色のプレーンオムレツは、ふわふわ。 

R0011743.JPG

クロワッサン,デニッシュ,キッシュなどはオープンキッチンに、
トーストやロールパンはコンフィチュールと、大理石のブッフェボードに。 

R0011723.JPG

R0011782.JPG

ふんわりしたクロワッサンと、
卵とベーコンの塩味のバランスがいいキッシュを。 

R0011749.JPG

R0011775.JPG

種類が豊富なハムたち。
面白いのはオーダーを受けてスタッフがスライスしてくれる、
スライスハムステーションがあること。
ピカピカの丸い刃を装着した電動スライサーが、
ブロックのハムを静かに、きれいにカットする。 

R0011734.JPG

R0011735.JPG

R0011732.JPG

R0011737.JPG

しっとりしたスモークサーモンと、
香草のディルを塗したサーモンにスライスオニオンとケッパー。
スライスしたハムにはピクルスを添えて。 

R0011744.JPG

温かい料理はオープンキッチンに綺麗に並ぶ。
それぞれ保温されて、最適な状態を保っている。
ちょうどいい焼き加減のベーコンと、
チキンのソーセージ。
枝豆をあしらっているのは茶碗蒸し風。 

R0011758.JPG

R0011759.JPG

R0011760.JPG

R0011761.JPG

R0011771.JPG

レーズンを散らしたパンプディング。
フレッシュなカットフルーツ。
シリアルやミューズリーは、
小瓶に分けられてゲストの手に取られるのを待っている。 

R0011722.JPG

R0011733.JPG

R0011777.JPG

R0011778.JPG

和食も充実した品揃え。
御飯,味噌汁,焼魚,惣菜,お漬物が
美しくディスプレイされている。 

R0011724.JPG

R0011764.JPG 

R0011726.JPG

美しく並んだトーストやロールパンやコンフィチュールの中に、
スチール製の長い管がある。
アクリル板のケースに収まるのは、
巣箱から取り出した、木枠のままのフレッシュなハチミツ。
一滴一滴、スチール製の管を流れてボウルに溜まる仕掛け。
木枠のままのハチミツは、パークハイアット東京のジランドールの朝食以外で、
はじめて出会う。

R0011739.JPG

R0011738.JPG

フレッシュなカットフルーツに、
フレッシュなハチミツをソースにして、いただく。
パンプディングには、ホイップしたクリームを、
そして、メイプルシロップ。

R0011762.JPG

R0011772.JPG

R0011768.JPG

豊富なデニッシュから、渋皮の大きなマロンをのせたものを。
カスタードの適度な甘みと粒の大きいマロンの相性がいい。 

R0011773.JPG

R0011776.JPG

夜明けの大阪の街を眺めながら、
温かいコーヒーをお替りする。
フロントレセプション側のラウンジ 3-60(スリー シックスティ)も
明るくなりはじめる。
角のソファーからは、こちらも大阪の街が一望できる。 

R0011784.JPG

R0011785.JPG

R0011786.JPG

R0011790.JPG

ゲストルームで、しばらく寛いで、
身支度を整えたら、バラのクリスマスツリーに、お別れを。 

R0011791.JPG


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

煌びやかな大阪 [ホテル]

クリスマスを目前にしたJR大阪駅の北側。
大規模な再開発によって、
煌びやかなイルミネーションが似合う新しいビル群が誕生した。
グランフロント大阪、ショップ,レストラン,オフィス、
そして、インターコンチネンタルホテル大阪がある。

R0011672.JPG

JR大阪駅からグランフロント大阪へデッキを進み、
周囲にショップを配した、広々した吹き抜けを歩く。
その先に、ホテルのエントランス。 

R0011669.JPG

R0011667.JPG

20階のフロントレセプションには、
パープルとピンクを組み合わせた絢爛豪華なクリスマスツリー。
エレベーター前からスタッフが立つデスクまで、
床に弧を描く光の帯が印象的。
ポインセチアで囲まれたカラフルな七福神のオブジェや、
個性的なデザインのオブジェが並ぶ。

R0011692.JPG

R0011792.JPG

R0011690.JPG

R0011689.JPG

R0011596.JPG

落ち着いたデザインのゲストルーム。
広々した、およそ50㎡もあるゲストルームは、
和のデザインが、あちこちに配されながら、
個性を醸し出す雰囲気。 
更に、天井高が高いので居心地良く、快適。

R0011659.JPG

R0011662.JPG

ガラスで囲われたバスルーム。
落ち着いた色調と灯りが、和室のような印象。 
ベッドサイドには、電動カーテンを操作するスイッチがあり、
持っているスマートフォンをBluetoothで接続できる、
BOSESoundlinkⅡが置いてある。

R0011641.JPG

R0011654.JPG

R0011656.JPG

R0011661.JPG

南東方向を見渡せる窓。
梅田の大きな観覧車が、真紅の光を放ち、
大阪平野の端まで続く街の光が、
活気のある大阪を感じさせる。 

R0011651.JPG

R0011647.JPG

R0011646.JPG

R0011631.JPG

窓側の、ひとり掛けソファには、
金魚が泳ぐ模様のアクリルボックスに、かわいいお菓子。 

R0011633.JPG

テレビの横にはBlu-ray Discプレーヤーがあり、
テレビの音は、壁に埋め込まれたBOSE
1.1chホームシアターシステムCineMate 1 SR
楽しむことができる。 

R0011713.JPG

ガラスの天板と、石と木を組み合わせた個性的なデスク。
引き出しも多く、機能的なデザイン。
ルームキーは、浄瑠璃の人形の横顔。
さり気なく置かれた急須や湯呑があるのも和の感覚。

R0011639.JPG

R0011622.JPG

デスクの横の壁にはミニバーが隠れている。
フルボトルのワインやコーヒーカップや電気ケトルなど、
必要十分以上のラインナップ。
コーヒーは、ネスプレッソのマシンでドリップできる。 

R0011711.JPG

R0011712.JPG

R0011615.JPG

エントランス横にウォークインクローゼット。
長期滞在にも十分な容量。
ベンチ,金庫,アイロン,アイロン台,傘,ガウンなど、
ルームサービスに頼まなくても、必要な物は揃っている。 

R0011614.JPG

R0011600.JPG

大理石の床のバスルームは、
ちょうどいいサイズのバスタブや天井のレインシャワーが使いやすい。
ガラスの引き戸を開けると、
そのままベッドサイドへつながる開放的なデザイン。 

R0011610.JPG

R0011609.JPG

R0011638.JPG

アメニティは、Agraria
所々に木製や竹製の小物を配して、
わずかな和を感じることで、雰囲気にアクセントと個性を感じる。 

R0011608.JPG

R0011665.JPG

デスクで、ひと仕事終えて、夜遅く20階のバーへ。
バー アディは、城郭を連想させる石とガラスのデザイン。

R0011687.JPG

R0011684.JPG

DJブースから流れるコンテンポラリーな音楽を聴きながら、
大阪産のレモンを使ったピンク色のレモネード。
寒い冬に、温かい快適なバーで冷えた飲物が贅沢。 

R0011681.JPG

R0011678.JPG

R0011677.JPG

R0011679.JPG

天井の、ガラスを散りばめたシャンデリアに照らされた、
どっしりしたソファーも落ち着ける。 

R0011686.JPG

ゲストルームに戻り、バスタブを、お湯で満たす。
ターンダウンサービスが終わったベッドサイドには、
金魚が泳ぐ模様のアクリルボックスに、小さなお団子。
外資系のホテルで多い、チョコレートではなく、
和のスイーツなのが個性的。

R0011715.JPG

R0011700.JPG


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理